2018年11月15日

売れる/売れない

同業が、別の同業から聞いたという話を聞かせてくれました。つまりまた聞き。

あるお客様のところへ本を買取りに行き、そのお客様が、「良かったらついでに引き取ってくれないか」と雑貨類をお出しになったそうです。もちろん代金は不要。

それでまあ店に持ち帰り、値をつけて店頭に並べておいたところ、思いのほか良く捌けたとか。一方、仕入れた本はなかなか動かない。

その同業はしみじみ思ったそうです。もしかしたら自分たちは、お金を払って、一番売れないものを引き取っているのではないかと。

似たような思いに駆られることは店主にもあります。委託で店頭に置いているジャンクおもちゃ。その中に箱入りのミニカーが、2種類計数十個あるのですが、これが2個500円でポツリポツリと売れていくのです。

RIMG3291同じ本が数十冊も売れたという経験は、かつてありません。いや一度だけありました。学生さんとのコラボで教科書セールをやった時。しかし教科書は必需品ですから、本一般とは同列視できません。何にせよ、本は売れないものだと思わされることは多い。

ところが先日、面接した新規加入者は、ネットで起業をと思い立ち、「本は売れるらしい」と聞きつけて、4年前に買取りサイトを立ち上げ、社員18人を雇うまでに、業績を伸ばしてきたといいます。

そういえば30年近く前、チリ交仕入れで羽振りの良かった同業も、「本は売れる」というのが口癖でした。結局は商売センスの問題なのでしょうか。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

間抜けな話

店舗の契約更新書類が先月末に届いていたのですが、何かと取りまぎれて今日まで出せずにおりました。実印、連帯保証人という二つの面倒があったためです。

連帯保証人については、ながらく郷里の妹に頼んでいたのですが、前回から、一緒に住む娘に頼んでおります。

万が一払えなくなったら、預けてある保証金で清算して店をたたむまで。それなのになぜ、連帯保証人などが必要なのか、理解に苦しむ仕組みではあります。

さて今日、ようやく時間に余裕ができて、午前中に北沢タウンホールにある世田谷区の区民窓口に行ってきました。印鑑登録証明書をもらうためです。自分のと娘のと。

更新書類には、実印を押すように指定があります。証明書をつけろとは書かれてないのですが、実印を押す以上、それがなければ意味がないはず。電車賃と発行手数料を払って取ってまいりました。

RIMG3290帰りに2件ほど寄り道。無印でライトダウンジャケットを買い、駒場に帰ってパン屋さんで昼食用のクロワッサンを買い。

店に戻って家人に荷物を手渡し、気がつくと証明書の封筒がありません。パン屋さんに取って返し尋ねても、無印に電話を入れても返答は「見当たりません」。家人が駅に行って尋ねたところ、連絡を取ってくれて下北沢駅で保管していることが分かりました。

すぐにもう一度、下北沢駅まで往復して無事回収。何とも間の抜けた話です。どうやら駅で家人にLINEを送っている間に、取り落としたものらしい。ベンチに腰かけて操作してさえこの始末。歩きスマホが、いかに危険かが分かろうというものです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年11月13日

風邪のリレー

先週の初めに、風邪を引いたようです。喉にいがらっぽさを感じたのが始まり。

しかし5日の火曜日は洋書会当番、および組合新規加入希望者の面接。6日はひたすら「洋書まつり」準備。なにしろこの日しか残されていませんでしたから。そして7日は積み込み、8日は理事会…と、日程のたてこみは、これまでのブログでお知らせしたとおり。

連日、祈るような気持ちで床につき、朝、何とか体が動くのを確かめては、安堵の思いで店に向かい、会館に出かける日々でした。

幸運なことに激しい症状が出ることもなく、微熱やくしゃみ、時おり咳が出る程度で、この期間を乗り切ることができたのですが、今年の風は長引くとか。未だに軽い咳が残っております。

店主はそんな具合で、なんとか最悪の事態は免れたのですが、今度は家人が風邪をひいてしまいました。まるでリレーのように。

ところが昨日は夕方から店主が役員合同会議に出かけなければならず、今日は朝から洋書会当番というわけで、家で休んでもらうことができません。

そればかりか食にこだわりのある家人は、朝晩の食事も自分の手でつくらないと気が済まない性分です。この体調では、さすがに簡単なものになりますが、それでも弁当を買って済ませようとはしません。
KIMG0722
こんな時に限って明日も、明後日も、出かける予定が入っております。連日店番を頼まざるを得ないので、これ以上こじらせないことを祈るばかりです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年11月12日

後片づけ

「洋書まつり」に出品した本が帰ってきました。つまりは売れ残り本です。即売展の一連の作業で、一番疲れるのが後片付け。帰ってくる本がなければどんなに楽なことか。それが出展者の共通した思いでしょう。

RIMG3276しかしどんなに安くしたからといって、売れてくれるとは限りません。見境いのない値下げの果てに売れ残りが出れば、空しさが増すだけのこと。というわけで小店も、量にすると6割強が本日、運送屋さんのトラックで運ばれてきました。

帰ってきた本は通常、そのままもう一度店に並べるもの、さらに値下げして出すもの、塩漬けにするもの、市場に出して処分するもの、などに分けられます。

今回に限っては、もう一つ選択肢がありました。ディスプレイ用に回すものです。

少し前に、3mほどのディスプレイ注文をいただいていました。かなり厳しい予算ですので、普通ならお受けするのをためらうところです。

しかし納期が「洋書まつり」が終わったあとということでしたので、売れ残りをアレンジすればなんとかなりそうな気がして、お受けしたのでした。

今日戻ってきたカーゴ1台を1日がかりで見直し、なんとか3mのディスプレイ本を選び出しましたが、大いなる誤算は、予算に合わせたレベルの本を集めるのが、とても難しかったことです。

低予算だからこんなもの――とは、なかなか割り切れないのです。だからといって、みすみす店で売れそうな本を回したくはありません。

そんなこんなで、1日かけてどうにか荷造りを終えた時には、ふだんの後片づけ以上に疲れ果ててしまいました。

konoinfo at 22:17|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

ご来場ありがとうございました

洋書まつりが終わってホッと一息。ついバタバタとして、お礼の言葉も申し上げていないのに気がつきました。

本年も私どもの催しにご来場いただき、ありがとうございました。ことに初日は天候に恵まれませんでしたが、それでも大勢のお客様がお越しくださいました。

毎年お見かけするお顔も多く、そうした方々から「心待ちにしていた」と声をかけていただき、今年も開催できて良かったと心から思いました。

KIMG0721実のところ今回は、開催が危ぶまれた時期がありました。昨年、1店が体調不良で参加を取りやめたのに続き、今年は夏の初めに3店が、やはり体調面の不安から、不参加を告げてきたのです。

初参加が1店あり、昨年都合がつかず休んだ1店の復帰がありましたので、辛うじて10店の参加を得ることができましたが、もしそれがなければ断念していたかもしれません。ある程度の質と量が揃わなければ、お客様をお呼びできないと思ったからです。

遠方からお越しの常連様もいらっしゃいます。せっかくやってきて、何の収穫もなければ、時間も費用も無駄にされることになります。

多少の不安を抱えながらも開催に踏み切ってみると、店主の不安は杞憂に終わりました。昨年(11店)、一昨年(14店)に勝るとも劣らない売上です。各店が危機意識に目覚めて、頑張った結果かもしれません。

さて来年はどうなるでしょう。10店でもそれなりの成績は残せることが分かりましたが、やはりもう何店か、仲間を増やしたい。今から悩み始めております。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)

2018年11月10日

2日目は好天

KIMG0708いくらお天気が良くとも、やはり二日目というのは客足が伸びません。これは古書会館で開かれる全ての即売展に共通した宿命的ともいえる傾向で、「洋書まつり」も、その例にもれないというわけです。

他の会に比べれば、一見さんが多いと思われるわが会でも常連客、リピーターの数が圧倒的だということでしょう。

普通に考えれば金曜日よりは土曜日のほうが、時間に余裕のある方が多いはずで、もっと大勢がおいでになってもいいように思うのですが。

今回の初日、つまり昨日は、前回、前々回と比べても遜色のない、むしろ凌駕する勢いでした。それが二日目になってペースダウンし、結局前年並みの結果となりました。

これは出店数が減ったことを考えれば、健闘したというべきでしょう。全体のボリュームでは、確かに例年と見劣りしないだけの数量が並びました。

しかし商品の多彩さという点では、やはり専門店が抜けたジャンルにさびしさがあったのは否めません。英米文学、社会科学などの専門書は、明らかに質も量も減じました。

その代り、中国、アジア、中東関係の書籍は、年々出品も増え、顧客も定着してきたように思われます。根強いのは古典、考古、歴史もの。

そしてさらに根強いのが、推理関係を中心とした読み物、ペーパーバックで、これはYさんの独壇場ですが、年を追ってファンが増えているようで、今回も好成績で全体の売り上げを支えてくれたのでした。

ビジュアルものの思いのほかの好調もありましたが、会としても転換期に差し掛かっているような気がいたします。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年11月09日

始まりました

洋書まつり初日。同時に明治古典会の日でもあります。

しかし一度に二つの仕事をこなすのは、たとえ同じ建物の地階と3階であっても困難。今日は年に一度のことですので、洋書まつりを優先させてもらいました。

ですから明古のお話はできません。本日の最終発声(つまり最高落札価格品)が「魔女の宅急便アニメーション用デッサン4枚」であった、というご報告だけに留めます。

さて洋書まつりですが、多少時間のずれはあったにせよ天気予報はおおむね当たり、一日降ったりやんだり。もっとも実際の降りが、どの程度だったかは外に出なかったため存じません。

それでもそんなお天気にしては、朝から大勢のお客様がご来場くださいました。そして毎年見慣れた光景が、今年も繰り広げられました。

あっという間に会場中央に設けたテーブルは、うずたかく積まれた本の山。まず一回りして目についた本をそこへ積み上げ、ひと段落してからおもむろに選び始めるのです。

KIMG0711手早く確認してお会計に来られる方もいれば、ほぼ半日、時には一日かけてじっくり検討したのち、おもむろに会計に来られる方もいらっしゃいますが、これらはほぼご常連。

もちろんそれ以外に初めての方もおいでのはずで、その証拠に、次第に売れる本の傾向に変化が出てきています。

昨日心配したビジュアル系の大型本、今回はこれが良く売れているようだと、ある参加店が感想を漏らしていました。チャレンジは成功だったでしょうか。

konoinfo at 21:21|PermalinkComments(0)

2018年11月08日

いよいよ洋書まつり

明日のお天気が心配です。ずっと「曇り」の予報が続いていたのに、昨日あたりから降るほうに変わり、それも時間によっては、結構本降りになることが予想されています。

今のところお昼くらいまでは大丈夫そうなので、朝の出足を期待することにいたしましょう。

しかしこれは心配したからといって、どうなるものでもありません。それより早めに休んで、風邪気味の体調を回復させることの方が大事です。

各店の陳列がすべて終わる前に、店主は会場を後にしました。ほとんどの店は、それまでに並べ終えて帰られたのですが、まだ頑張って作業を続けていてたお店が2店。

おしまいまで付き合っていると、店に戻る時間が遅くなります。そこで失礼して先に出たのですが、途中で寄り道。北沢書店さんのリニューアルオープンのパーティーに、お招きをいただいておりました。

文字通り立ち寄っただけ。なまじ飲み物などをいただいてしまうと、すぐにはおいとましづらくなります。お店に入ってご当主としばらく言葉を交わしただけで、ほかの同業ともろくに挨拶もせず、早々に失礼いたしました。

それもこれも、今夜はともかくゆっくり寝て、明日に備えたい一心。お赦し願えると思います。

KIMG0713さて今回の洋書まつり、ざっと眺めた特長は、ビジュアル系が多いことです。単行本がぎっしり並んだ棚も、もちろんありますが、ヒラを見せるように大判本を並べた棚が、店主のところばかりでなく、ほかにも目立ちました。

これはある意味でチャレンジです。ながらく洋書まつりの主流は、学術系の本でした。その意味では、ご常連以外のお客様向けの品ぞろえといえます。それだけに、お天気に大きく左右されそうな気がするのです。

konoinfo at 19:45|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

あと2日

「洋書まつり」が2日後に迫りました。

いつもなら明日の午前中に荷物を積み込んで、午後に会場へ向かい、設営、陳列という段取りなのですが、今回は積み込みを1日前倒し。本日、集荷に来てもらいました。

それというのも明日は8日で、月例の理事会がある日だからです。準備期間が1日短くなったのですが、結果的には大きな影響はありませんでした。

準備万端整ったという意味ではなく、たとえあと1日猶予があったとしても、できたことはそれほどなかったと思われるからです。結局はそれ以前の、日ごろからの用意が肝心というわけでしょう。

RIMG3285今回、参加店数が前回より減りました。総勢10店、これまでになく少ない店数です。しかし心配はしておりません。並ぶ本の量は、いつも通り会場を埋め尽くすに充分なはずです。

本当を言うと、もう少し余裕をもって並べたほうが、売り上げも伸びるのではないかと、毎年思ってきました。それほどに、ギッシリと棚に詰め込む店ばかりです。

無理もありません。会場の経費は、各店が使用した棚の台数によって分担されます。あまりたくさん台を使うと、負担する金額が増えます。効率よく売ろうと考えて、圧縮陳列になってしまうのです。

確かにそれでバーゲンらしい熱気は生まれるのですが、即売展に慣れたハンターのようなお客様には喜ばれても、慣れないお客様にはとっつきにくいような気がします。

小店は今回、大判書籍が多いので、よけいゆったり並べたいところですが、どんな具合になりますことやら。明日の陳列で、悩むことになりそうです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

虫干し

洋書会、今月はまた当番。午前10時に古書会館に着いて4階まで上がると、先週とは打って変わった出品の少なさ。

こういう時の常套手段として、自分のロッカー整理を挙行いたしました。市場で買って、押し込んだままになっていたものがほとんどです。

その中から、今日の出品に向きそうなものを選び出すと、カーゴ半分ほどの量になりました。

買ったものをもう一度出品するなどということに、果たしてどういう意味があるのかと訝る方もおいででしょうが、まあ半ばは虫干しのようなつもりです。

ただロッカーに入れておいても、一文の利益にもなりません。こうして虫干しすることで、あらためて評価をし直す機会となります。というのも、本口で買ったものなどは、自分で仕分け直して出品するからです。

そうしておいてもう一度、新たな気持ちで入札してみるのです。その結果、やはり自分で買い引くこともあります。というより、そのケースの方が多いでしょう。

しかし時には思わぬ札が入り、売れてしまうこともあります。市場は水物で、同じものなら同じ値で落札されるとは限りません。欲しい人の、目に入らなかったということもあるでしょう。たまたま札を入れる気になる、ということもあります。

RIMG3278先日の明治古典会に、ふだんあまり見かけない研究書が一度に3組出品されたのですが、その落札価は、4万台円から10万円台までのばらつきが出ました。そのどれが正しい相場かというのは、一概には言えません。

様々な要素が絡み合って、落札価は決まります。だからこそ、たまには虫干しをしてみるのも、決して意味のないことではないのです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)
年内は31日(月)まで
新年は4日(金)から
営業いたします
Profile

河野書店

Archives