2009年05月27日

もちろん悪気はないのです

外の絵本から始まって、店内の図録、画集を棚に沿って順にご覧になっていたご婦人、帽子と、大きなマスクで顔が見えませんが、良くおいでになる(おそらくご近所の)方です。

ひと回りして入り口横のクルクル棚まで辿りついた頃、二人の子を連れた若いお母さんがやって来たのに気がつき「まあ今日は」と挨拶が始まります。

「これから池の上(隣の駅です)まで散歩に行こうと出た途中で、ここに捕まっちゃったのよね。絵本は大概持ってるんだけど、最近スケッチを始めたのよ」

店の外でひとしきり話がはずむうち、お母さんか、お兄ちゃんか、絵本を一冊選ぼうとした様子。

すると「あら、その本ならバアバの家に有るからいつでも貸してあげるわよ」屈託ない声が聞こえてきます。バアバと言われて子供は理解できません、ウチのお祖母ちゃん?と質問。

「いえいえ、このバアバ」
もう一度「貸してあげる」を繰り返したあと「さあ散歩に出かけなくちゃ」と、朗らかにお出かけになりました。

後に残った若いお母さん、お料理本一冊お買い上げです。



konoinfo at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月26日

科学哲学関係の洋書

今日の洋書会は、量が多く賑やかでした。片付けを終えて店へ戻ったのは午後5時すぎ。日が長くなりました。

昼に市場へ着いたとき、地方から送られてきた生理学関係の一口が、手が付けられずに平台に広げられていました。動物学、生物学などを含む、どちらかといえば医学系の本です。

医学系を専門にしている書店主の到着が遅れたため、手付かずになっていたのですが、そのままにもしておけません。分からないなりに、仕分けをしてみました。

ダンボールに10箱ほどで送られてきたらしいのですが、大きく四つの山に分けるのが精いっぱいでした。もともと理工系の分野のものは、洋書に限らず、古書としては値になりにくいものが多いからです。

やがて、専門店主が到着したのでバトンタッチすると、四つを三つにまとめてしまいました。もちろん細かく分ければ良いというものではないので、それも見識です。

自分でも欲しかった科学哲学系のものを一山に集めておいたのですが、それと別の一山が一つにまとめられてしまいました。それでは、と改めて評価をし直して札を入れ、その一山を手に入れることができました。

ちょっと頑張りすぎたかもしれないので、明日届いてから、成果をあらためて確認することにします。

konoinfo at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月25日

ケッコーダイジョーブ

「袋とか、ダイジョーブだったんですけど…」気弱そうに若者が言うので、テープで留めた「日本の古本屋」ロゴ入り紙袋から、本を取り出してお渡ししました。

包装は要らない、袋は要らないというお客様が、特に若い世代に増えているような気がします。エコ・キャンペーンの力でしょうか、悪いことではありません。

しかし今回、気になったのはそのことではなく、ダイジョーブという言葉の方。

思い返してみると以前から、例えば「袋にお入れしますか?」と訊けば「いえ、ダイジョーブです」という返事が返ってきていました。あるいはお客様から先に「袋ダイジョーブです」とも。

このダイジョーブは、どこから来たのでしょう。ほとんど同じ意味で昔から使われてきたケッコーも、不思議な言葉ではあるのですが、この用語の変化にはどんな違いがあるのでしょうか。

断る時がダイジョーブなら、頼む時は例えば「カバーしてもらっていいですか」となります。このあたりから現代若者論でも展開できそうじゃないですか。


konoinfo at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月24日

日本の想い出 souvenir du japon

降ったり照ったり、お天気ばかりが忙しい日曜日。

明古で珍しい本が出たと言い置いたままでしたので、それについて少しばかり。

明古では、その日の出品の中でも特に目ぼしいものを選んで、最終台と呼ぶ緋毛氈を敷いた台の上に並べますが、一昨日はその中に珍しく洋書が三点並びました。一点十万円以上になると予想されている、ということです。

一つはシャルルヴォワ(Charlevoix)の「日本史」初版(1736年パリ刊)ですが、残念ながら二巻本の第一巻のみ。もう一つは明治の元勲の一人が外遊した際に使ったとされるガイドブック。

最後の一つは薄手ながら背革装の、長辺が70僂鯆兇┐訛腓な本で、中に多色石版画が8枚。一緒に添えられていた復刻版・リンデン伯『日本の想い出』(長崎文献社)の1860年頃刊行された元版です。こちらも本来は全20枚なので、端本ということになります。

三点とも良い値段が付きましたが、中でも最後のものは桁違い。洋書といってもヴィジュアル資料としての価値なので、洋書専門店以外も入札に参加したことで、高値を呼んだようです。

この本の揃いが出たら一体幾らになるのだろうと、市場の引けた後、仲間内でひとしきり話題となったのでした。


konoinfo at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月23日

やっぱり店を開きたい

今朝は五反田の南部会館へ、支部役員会議に。

前にも書きましたが、同業の動向を知る貴重な機会です。例え担当地域の班長さんからの報告が、多くの場合「特に変わったことはありません」というだけであっても。

今日は、ずっと先輩の店主お二人が入院された、という話を聞きました。南部支部は他の地域に比べ、新しい顔ぶれも多いのですが、それでも小店主などがようやく中堅というくらい高齢層も厚いので、勢い健康状態に関する話題も増えます。

興味深かったのは、相反する二つの報告があったことです。気がつくと店舗営業をする人が減って、地域の様子も様変わりしている、という報告に対し、今月店舗をオープンした、する、という同業二人の報告。

店も、一旦開いたら後はただひたすらお客様を待つ、というのではなく、自らの商売に相応しい場所を見つけたら、そこへ移ってでも展開を図るという時代になってきたのでしょうか。

ちなみに二人の同業は東塔堂さんとうさぎ書林さん。どちらも既にホームページを持って営業していて、特にうさぎさんの場合はオンライン古書店の先駆的な存在。ビジュアル書に中心をおいている点はお二人共通しています。

古書の店舗販売に、新しい可能性を感じさせる動きです。

konoinfo at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月22日

遅くなった訳

今日の明治古典会は、通常市ながら出品点数1200点。といってもそれが多いのか少ないのかお分かりにならないでしょうが、かなり多いのです。

明古の場合、1000点を超えると多いと感じますので、更にそれより200点多いのは、作業量が普段より5割り増しという感じでしょうか。最終発声が午後6時近くになってしまいました。

もちろん会にとっては(つまり組合にとっても)有り難いことですが現場の連中は大変です。いつもは一度の途中休憩を、今日は二度とって集中力の低下によるミスの防止に努めました。

終わってから引き続き、来る7月の七夕大入札会準備会議。すでに目録編集、入稿を終えましたので、今度は会場の設営と入札会当日の運営方法についての会議です。

担当から原案が提示され、それに対して異論が出、甲論乙駁の挙句、一週間後に再度練り直して提案してもらうということでひとまず終了、午後8時を回っておりました。

近くの中華料理店(値段が魅力)で食事。疲れもあり、誰言うとなく早目に切上げ、帰り着いたのが午後10時半。

市場では興味深い洋書も出ていて、良い値段になりましたが、それについてはまた改めて書くことにしたいと思います。

konoinfo at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月21日

ご機嫌なお客様

「入っていいですか、まだ閉店じゃないですね」と入り口で大きな声。どうぞとお答えすると「月に一度の楽しみなんですよ」とおっしゃって、入ってこられます。

俳句の会があるのだそうで、それが終わってから小店へお寄りいただくのですが、やや足元が覚束ないのは、昭和2年生まれだというそのお年のせいではなく、赤いお顔からプンと匂ってくるアルコールのなせる業でしょう。

缶を片手のご入店でしたので、それは帳場の机に置いていただきました。「一回りしますよ」と店内を見て回られ、「いつもこれを買うんだ」と木版画、今回は「駒場みやげ」セットをお買い上げいただきました。

「一度表も見てきます」と外へ出て、戸川幸夫動物文学全集に眼を留め、あれはいくらかとご下問。函もヤケてクスミもあり、セットで2000円の大特価。「買うけど重いなあ」「お送りしますよ」「じゃお願いしよう」となって、送り状を書いていただき、お支払いいただいて「なんかおまけはないの?」となりました。

「何でもいいんだ、気は心だから」「送料を少し返金しましょう」「金は要らない、あるから」。結局木版画一枚(¥300)おまけにつけました。

お一人住まいだそうで、こんなやり取りも楽しみの一部なのだと、甘んじて受け止めることにいたしました。

konoinfo at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月20日

蝶のひやかし

朝から明るい日差しで初夏の陽気。日向は汗ばむほどでも、店の中は暑くもなし、寒くもなし。せっかくのお天気なのでもちろんドアは開け放し。

するとお昼前、大きなクロアゲハが一匹(正確には一頭)店内に迷い込んできました。

ヒラヒラ舞いながら蛍光灯にぶつかったり、グリーンにとまろうとしたり、店内をひやかして、なかなか出て行く様子はありません。というよりは、出たくとも出られないのか、幸い店内にお客様もおられず、電気を消してみました。

一、二度硝子にぶつかった後、戸口を見つけてサッと抜け出し、空が開けたほうへ向かって、あっという間に姿を消しました。

蝶などはまだ優雅ですが、蜂が入ってきたこともあります。やはり出ていただく時は電気を消す一手。

それでひとつ思い出しました。以前、早稲田のある店(今は有りません、念のため)の奥さんは、店番をしていてイヤなお客様が来ると、電気を消して「すいません、出かけますので」といって追い返していたというのです。

きっと蝶ではなく、蜂だったのでしょうね。

konoinfo at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月19日

ディアギレフのロシアバレエ

洋書会大市、無事終了いたしました。自分自身出品もし、新たな本を買い入れ、まさにそれが交換会たる所以ですが、今日のお話は会員としての裏方話。

先日のドイツ語の口は、結局目玉のワイマール版ゲーテ全集に一冊の欠があることが分かり、苦労もむなしく、全体としてもあまり満足の行く結果にはなりませんでした。

それに対して別口の、知り合いの業者から任された300冊程度の古いフランス書の口は、一見、あまりに古びて、ムレ、シミなども激しい、なんともならない口のようでした。しかし仕分けに取り掛かってみると、その中から1920年代のロシアバレエのパンフレットなどが出てきたのです。

本は傾向別に数点に分け、そうしたパンフレット類をひとまとめにして出品することにしました。

ディアギレフの関わる、ピカソのデッサンの入ったパンフレットなどを含む一点は、思惑通り人気を呼び沢山の札が入りました。

結果は、非常識と非常識のぶつかり合い、と我々が揶揄(もちろん尊敬をこめて)する札の噛み合いで、予想の倍をはるかに超える高値に突き上がりました。

荷主さんへの面目も立ちましたが、良くしたもので、こうして買った商品は、確かに儲けは薄くなっても、まず必ず売れるといいます。つまり、誰も損はしないという仕組みになっているのです。

konoinfo at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月18日

売れる本はスグ売れる

洋書会の前日準備が思ったより時間がかかって、午後7時まで殆ど働き通し。立ち詰めで足が痛くなっているのをこらえて、5キロの本を下げ、一刻も早く店に帰ろうと急ぎ足で階段を降りて電車に乗って、エスカレーターも踏み上って、ようやく井の頭線の駅に着くと電車が出て行くところ。

次の電車までは6分間待ち。こんな時の6分はすごく損した気分です。普段なら、ただぼんやりしているだけで過ぎてしまう時間なのに。

5キロの本というのは、先日市場で落札して、そのまま会館に借りているロッカーに入れておいた本で、すぐにも売れそうな気がしてネットに上げました。今日、店から電話で注文が入ったと聞き、持ち帰ることにしたわけです。

売れて嬉しいのは当たり前ですが、今日でなければもっと良かったなどと、贅沢なことを思ったりした次第。

店にたどり着いて、これを書き始めるうちに、もう店を閉める時間です。まずはこれまで、今夜は良く眠れそうです。

konoinfo at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile