2018年06月18日

時間を気にする

今の季節、土日祝の午後6時閉店というのは、ちょっと気が引ける思いのする時があります。

とくに昨日のようにお天気の良い日は、まだ宵の気配さえなく、片付けを始めると通りがかりの人が「もう閉店?」といった表情をみせて行き過ぎます。店主の思い過ごしかもしれませんが。

RIMG2918それでなくとも閉店間際というのは、不思議とお客様が来られます。まったく気にもせずに入ってこられる方もあれば、時間を気遣いながら急ぎ足で覗いていかれる方も。

昨日の方も、そんなお一人かと思いました。学生さんというよりは、もう少しだけ年のいった男性。絵本棚の前にしゃがんで、一番下段の外国絵本をご覧になっています。時おり腕時計を睨みながら。

閉店時刻を10分ほど過ぎていましたので、それを気にしておられるのかと思っておりました。

やがて「この値段は税込みですか、税別ですか?」とお尋ねになりますので「税込みです」と回答。するとなおしばし思案ののち「これを」と1冊、店主に手渡しました。

ドイツ語の絵本。100円のラベルが貼ってあります。擦れイタミがあって見切り品としたものです。バッグをお持ちでしたので「このままでいいですか?」と伺うと「袋に入れてもらえませんか」。

そこで片付け作業を中断し、帳場に戻ってレジ袋に入れていますと、腕時計を見ながら「電車の出発時刻が迫っているんです」。口調こそ独り言のようですが、どうやら急かしておられるらしい。

再三、腕時計とにらめっこされていたのは、小店の閉店時間を気にされてではなく、電車の時間を気にしておられたのでした。

袋にお入れした本は、歩きながらバッグの中にしまい込まれたようです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

LED導入

もう10日ばかりも前のことになりますが、店の裏の蛍光灯が一基、切れてしまいました。蛍光管を取り替えてみても点きません。ということは安定器の寿命です。

一時期、店の売り場部分の蛍光灯の安定器が次々に寿命をむかえ、一基、また一基と交換したことがあります。

まだ今日ほどLEDが普及する以前で、とても高価なものでしたから、それに切り替えるという選択肢はありませんでした。しかし安定器も決して安いものではなく、一基修理するたびに2万円近く掛かっていたはずです。

売り場の最後の一基を修理してから、3年以上経つでしょうか。点灯時間の短い分、長持ちしてきた店裏の蛍光灯も、いよいよ交換時期が来たのかもしれません。

久しぶりに、以前お願いした業者さんに電話して、修理を依頼しました。

店主自身少しばかり調べて、今ならLEDに替えることも可能かと考えたのですが、奇しくも業者さんから提案されたのも、安定器を使わないでLEDにするという方法。そのほうが安上がりではないかというご意見です。

ただ問題は、その業者さんにとっては初めての経験であるということ。すこし勉強させてくださいとの連絡があって、今日まで待つことになったのでした。

RIMG2915事前学習の効果があったようで、交換作業は1時間とかからず終了。機材費作業料あわせた支払い額は、以前の半分ほどで済みました。

次にどこが切れるか分かりませんが、同じ方式にしようと考えております。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)

2018年06月16日

ニーズにこたえる

午後のお茶休憩を済ませて帳場に戻ると、家人が困り果てたような様子でビニール袋を掲げて店主に申します。

「これ忘れ物。さっき帰られたお客様の。大きなバッグをお持ちだったので、テーブルに置いていただいたのだけど…」

お帰りの際、バッグだけお持ちになり、袋をお忘れになったらしい。日本民藝館の袋で、中に入っているのはおそらく展覧会カタログ。

RIMG2896家人が困っていたのは、そのお客様、荷物を置きたがられなかったのを、たってお願いしたという経緯があったから。

ほんのいっとき立て込んだ、その間にお帰りになられたようで、気づいた時にはお客様の姿はなく、追いかけようもなかったとか。

それでも店主が帳場に座ると、念のためと言って駅の方まで行き、様子を確かめてきたようです。

すっかり気が重くなった家人でしたが、やがて救いの手があらわれました。昨年、近所に越してこられた「べにや民藝店」の店の方が、お客様から電話を貰ったとかで、引き取りに来られたのです。

うすうす気づいていたのですが、べにやさんを訪ねられるお客様の、小店への立ち寄り率は結構高い。

民芸館に来られた方が、べにやさんまで足を延ばされるケースも少なくないようで、その途中に本屋を見つけ、覗いていかれるのでしょう。「民芸関係の本はありますか?」と尋ねられることが増えました。

敬意を表して、その関係の棚を設けてみましょうか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)

2018年06月15日

向いてない

書簡、草稿といった、いわゆる自筆ものに優品の目立った、今日の明治古典会でした。

たとえば萩原朔太郎、萩原恭二郎、高村光太郎、柳宗悦、伊東静雄その他その他。つまり小店にとっては、あまり縁のない、まず札を入れることのないものばかり。

とはいっても、誰が高値になるのかは、業界人の端くれとして興味があります。例を挙げれば斎藤茂吉の分厚い歌稿。バブルのころ、大量に市場に出て、そのどれもが何十万円、何百万円となったことを記憶していますが、今日は数万円のレベルで落札されていました。

もっとも今日の出品「大部分は代筆のはずだ」と、詳しい先輩業者から教えられたのですが、仮にすべて自筆であったとしても、現在ではさほど高値にならないでしょう。

そのなかで、初めにあげた面々は、今でも比較的値のつく人々です。そう知って、この先役に立つことがあるのかどうかは、はなはだ疑問ではありますが。

RIMG2904ところで今日、市場で同業から、デパート展に参加しないかとのお誘いを受けました。あまりに突然のことで戸惑いましたが、丁重にお断りさせていただきました。

というのも現在の小店の在庫から考えて、とても出展できるような状況ではないからです。

もちろん会期はまだしばらく先のことでしょうが、催事などでそれなりに売り上げて採算をとるためには、日ごろからそのための仕入れを心がけなければなりません。

そして、そういうことにはどうも向いていないのだと、今では店主、確信しているのです。

konoinfo at 22:38|PermalinkComments(0)

2018年06月14日

知らぬことばかり

朝と晩と、車に乗る時間帯は、大抵クラシック音楽番組が放送されています。ラジオから聞き覚えのある曲が流れてくると、自然と頭の中に検索スイッチが入ります。

ところがデータベースが貧弱なものですから、なかなかヒットしないことが多く、もどかしい思いを抱えたまま運転を続けることになります。

先夜、娘と一緒に帰るとき、流れてきたピアノ曲に「これ誰の曲?」と質問を受けました。特にクラシック好きというわけではない娘でさえ、どこか聞き覚えのある曲だったのでしょう。

確かにあまりにも有名な旋律。しかし哀しいかな、店主の脳内DBは空しくあがき続けるばかり。

RIMG2901苦し紛れに「音で検索できるアプリがあるといいのに」と告げると、いともあっさり「あるよ」と娘。「やってみようか」と、自分のスマホを車内のスピーカーに近づけました。

何度か試みているうちに、答えが出たようです。ベートーヴェン『ピアノソナタ第8番ハ短調』

そう、あのMidnight Blueの原曲。こんな超ポピュラーな曲さえ思い出せなかった自分が情けなくなりました。

同時に「あるといいのに」などと思っていたアプリが、とうに存在していたことにも、大いなる取り残され感を抱きました。

ただアプリの答えは演奏者まで出ていたようで、パウル・バドゥラ=スコダという名を言いにくそうに娘が読みあげてくれましたが、これは外れ。演奏終了後に拍手が聞こえて、最近のリサイタルを録音したものだと分かりました。

しかし、そこまで判定しようとしているのでしょうか。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月13日

去年の雪いま何処

ふとしたご縁が元となって、もう何年もの間、年に一度か二度の割合でロンドンにお住いの日本人女性から、本のご注文をいただきます。

注文といっても特定の本ではなく、ご予算の範囲内で、小説類を適当に見繕ってというもの。重量の関係もあり、当然のように文庫本が中心となります。

少し年上の方ですが同性のよしみ、本選びはもっぱら家人が担当してきました。

RIMG2895初めのうちは小店の在庫で賄えていたのですが、何度もお送りしているうちに、次第にお好みも理解できるようになり、それとともに在庫では間に合わなくなったようです。

そもそも文庫本の入荷自体が多くありません。その中にお好みに合う作家が入っていることは、よほどの僥倖。たまにあったと思えば、すでに送ったことのある本。

そんなわけで、ここ何回かは、時間を見つけて何軒かのB***O**を巡り、ようやくある程度の冊数を揃えて責を果たしてきたようでした。

その女性から、今月初めころにまた手紙が届きました。近況と共に、いつものごとく送ってほしいと、現金も同封されています。

そこで家人は例によってある日、まずは渋谷のB***O**へと出かけたのですが、茫然とした様子で戻ってきました。聞けば、本の売り場は極端に縮小され、売れ残りが少しばかり並んでいるような状態とか。

栄枯盛衰を目の当たりにする感慨とともに、どう本を揃えようかと、新たな悩みに直面することになったのです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月12日

ロッカー整理

RIMG2902洋書会当番。今朝は余裕を持って店を出ることができました。

午前10時5分前、当番仲間の誰よりも早く、古書会館の4階に到着。会場を見回すと、人もいませんが、出品物も見当たりません。

まだ準備室から上がっていないのかもしれないと、2階におりて職員さんに尋ねてみたところ、申し訳なさそうに、なにも届いていないとの返事。

つまりその時点で本日の出品はゼロ。さすがに今まで経験したことのない事態です。

4階に戻ると、仲間が一人やってきました。状況を説明し、とりあえず店主は5階に借りている自身のロッカーへ。この際、在庫整理を断行しようという算段。

なんだかんだとカーゴに積み込んで4階に降りると、仲間も自分の在庫を運び込んでいました。

もちろんこれだけでは、質量ともに不足です。そこで大手同業に連絡を入れ、緊急出品を要請。やがてカートを押して、やってきてくれました。

これでどうやら最低限の格好がつき、本日も無事、市会を開催できたという次第です。

店主のロッカー在庫は、他にすることもない当番が総出で仕分けしてくれて、都合15点にもなりました。そして出品が少ないときの特典で、入札者も丹念に見てくれます。

結果として、思いのほか良い金額に売り上げました。これでロッカー代も支払えるというものです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月11日

音楽という趣味

雨で月曜日。その雨も朝のうちは、かなりしっかりと降っていて、お出かけの方々は、さぞや憂鬱な気分だったことでしょう。

店主も今日は、明治古典会七夕大入札会目録の再校で、午前中に古書会館へ出かけなければなりませんでした。

この再校、初校からわずか4日ほどで出てくるため、うっかりすっぽかしてしまうことも、過去には何度か。今年はこんな雨にもかかわらず、あるいは雨だったからか、忘れずに職務を果たしに出かけることができました。

RIMG2891ただし再校ですから、さほど時間もかからず、作業を終えて店に戻ってきたのは正午を少し回った頃。それからあとは人の来る気配もない店で、ひたすら昨日買い取った本の整理です。

買取り帳に、ご本人のお名前以外に旧蔵者名も書いていってくださったので、どんな方かとwebで検索してみました。これだけの本を読まれているのですから、何らかの著作でも残されているのではないかと。

そして分かったのは、この方が純然たるアマチュアであったということでした。いくつかの記事にマーラーファンとしてお名前が出てきます。それによると、何度か演奏会プログラムに解説を書かれたこともあるようです。

あるブログには、小澤征爾指揮新日本フィルによるマーラーの 7番のコンサート(1988年)のプログラムに「メチャクチャ詳細な曲目解説が、実に 11ページに亘って掲載されていた」とありました。

豊かな趣味の時間を過ごされた方だったようです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月10日

音楽書買取り

開店して間もなく、お電話をいただきました。「音楽関係の洋書は買ってもらえますか」というお尋ね。

「あまりお値段にならない場合もありますが」と、予防線を張ります。多くの洋書はそうですが、とりわけ音楽書は高い輸入価格で購入されています。買取価格を申し上げて、落差に驚かれることも多いからです。

店主の言葉が届いたかどうか、それには特に反応もなく先を続けられました。「ワグナーとかマーラーとかがたくさんあります」

拝見して値をつけるのは、やぶさかでないとお伝えすると「それならあとで車で持っていきます。段ボール3箱くらいです」お持ちいただけるということですので、お待ちすることにしました。

雨のなか、午後2時過ぎくらいに車が着きました。さっそく運び込まれた段ボールは、大きめなもの6箱。うち3箱は大判で音楽書は一部、残りは美術書。

あとの3箱に入っていたのは確かにワグナーとマーラー、そしてモーツァルトの書簡集全6巻中の4冊。その他と合わせて、ざっと50冊ほどの音楽書です。

研究書らしきものが一番多いのはマーラーで、ほかは読み物系。ただし全体に「使用感」があります。まず目についた比較的状態の良い本を手にしてみますと、線引き書入れが見つかりました。

RIMG2882そこで申し上げた価格が、ご自身で予想されていたより低いものだったことは確かと思われますが、とくにご不満な様子は表されませんでした。

お帰りになったあと、一冊ずつ調べていくと、ほとんどに何らかの線引き書入れが見つかり、買取り額が決して安すぎなかったことを、確信したのでした。

konoinfo at 18:38|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

求めた理由

お客様から、当方のお送りした本が求めていたものと違うので、返却するから返金願いたいというメールをいただきました。

読んでなるほどと納得し、すぐさま了解の旨、お返事いたしました。

送料は負担するとおっしゃっていただいたのですが、当方の非は明らかです。ゆうメール着払いでご返送くださいとお知らせいたしました。

shakespeareやがて戻ってきたのがこの本です。小店が「日本の古本屋」に登録した際、引用データそのままに、出版元を弘文堂、刊行年を1949としておりました。

しかし実際に奥付を見ると、版元が鈴村書店、発行が昭和26年と印刷されたラベルが貼られています。これならすでに、お客様がお持ちのものと同じなのだそうです。

つまり、手に入れたいと思われたのは、弘文堂1949年発行の本なのでした。そしてつぎのように、ご説明くださっています。

当該本は発行所により、カバーと奥書のシェイクスピア表記に異同があり、鈴村書店や弘文社でなく、弘文堂とあったため購入したものです。実際、湯川弘文堂発行のそれが石川県立図書館にあります。

改めて調べてみると、カバーの表記はご覧のとおりですが、標題紙には「弘文選書/シェィクスピヤ研究/本田顕彰著/弘文社刊」とあり、奥付に記された題名は「シエイクスピア研究」となっています。

さらに国会図書館やCiNiiを調べると、発行所も弘文堂、弘文社、湯川弘文社などと表記されたものがあるようです。奥付には剥がした跡もあり、本文の最終頁は1葉だけ貼り足してある様子が見て取れます。

お客様も、見比べてみようと思われたのでしょうか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)
年内は31日(日)まで
新年は4日(木)から
営業いたします
Profile

河野書店

Archives