2018年06月08日

明古で文庫

RIMG2839今日の明治古典会は、最近亡くなったある作家の旧蔵書というカーゴ11台の出品が、会場(とりわけ4階の)を大きく占めていました。

映画、芸能、歴史関係といったあたりが中心で、ただし学術的な研究書というよりは、読み物類が多く、しかも線引きや耳折を含むとあって、多くは数本口にまとめられて出品されておりました。

その結果、札の入りも今一つで、はかばかしい落札価格であったとはいえません。それでも量が量ですから、全体とすればある程度の金額にはなったと思われます。

それが労力その他に見合うものであったかどうかは、知る由もありませんが。

店主はそのなかの、もっぱら文庫本ばかりを選んで数点入札し、うち2点、合わせて9本(約200冊)の文庫を手に入れることができました。

明古で文庫本を、それも読み物的な文庫本を落札する、というのは珍しいことです。そもそも出品されること自体が多くありません。

今日のように、一口物のなかから抜き出してまとめたという形が殆どで、文庫だけを、あえて明古に出品しようという業者はあまりいないと思われます。

なぜなら、いわゆる一般書の場合、最も来場者数の多い中央市会が、最も入札数も多い(=高値を期待できる)と考えるからです。

では今日の文庫は安かったかと言えば、必ずしもそうであったとは思いません。少なくとも店主の場合は、しっかり踏んで札を入れ、ちゃんと上札になっておりました。

konoinfo at 22:22|PermalinkComments(0)

2018年06月07日

時間のムダ

店の中で、たった2台のPCですが、ネットワークを組んで仕事をしております。

そのネットワークが時折り、つながらなくなる事態が生じます。初めは事情がよく分かりませんでしたが、やがてwindows10にしたことがその原因だということが明らかになってきました。

なかば脅迫されるようにしてwin10に変えたのでしたが、色々と不便なことは枚挙にいとまがありません。たとえばコントロールパネルひとつとっても、それがどこにあるのか、なかなか分かりませんでした。

中でも一番困ったのが、このネットワーク問題です。webで調べてみると、同じ悩みがすぐに見つかり、したがって割合すぐに解決できたのですが、安心したのもつかの間、再びつながらなくなりました。過日、更新プログラムとやらを実行したのが原因のようです。

KIMG0590「今やるかあとでやるか」と再々ポップアップで尋ねられますので、ある日の閉店時、「更新プログラムを実行してシャットダウン」というメニューをクリックして帰りました。

翌朝、電源ボタンを押すと、なんと「更新プログラム実施中」の表示が出て、そのまま延々と画面が変わりません。ようやく開始画面が立ち上がったのは、小一時間も経ってからでした。これでは何のために、閉店まで待ってボタンを押したのか。

そしてその結果、以前設定を変更した部分がまた元に戻って、再びネットワークが途絶えてしまったようなのです。

webで調べてみると、これまた簡単に同じ症例が見つかりました。そして同じ手順で、また設定を変更し、めでたくつながったという次第です。

これからもこんなことを、何度も繰り返さなければならないのでしょうか。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月06日

急ぎの買い物

昨日、洋書会に出かけるとき、30分ばかり遅刻したということを申しました。

ところが実際には、さらに15分ほど遅れたのです。そのわけは、履いて出た靴が壊れてしまったから。

KIMG0584気がついたのは、井の頭線を出て半蔵門線のホームに降りたあたり。ふと踵が外側に沈むような感じを覚え、それほどすり減っていただろうかと、立ち止まって靴裏を確かめてみました。

たまにしか履かない靴ですから、踵はさほど減っていません。しかし良く見ると、靴底と踵部分との間に亀裂ができています。

薄茶色のローファーで、底は柔らかなゴム素材。足裏の感触がソフトな点が気に入っていたのですが、そのソフトなゴムが経年劣化して、踵が外れかけたものと思われます。

高価なものでないことはもちろんで、寿命と言われれば惜しくもありませんが、今にも分解してしまいそうな靴のまま、一日を過ごすことはできません。

思い浮かんだのは、神保町駅を出て古書会館に至る少し手前に店を出している靴屋さん。そして同時に、ずっと以前に同じような状況があったことも、思い出しました。

あの時は今回と違って、前方の靴底が剥がれたのだったはずです。黒の、やはり紐なしのスリッポン。店までの道が歩きにくく、とても遠く感じたものでした。

昨日の場合は踵ですから、歩き憎さはいくらかましでしたが、店に着くまでに取れてしまわないかと、おっかなびっくり。ようやく辿りつき「ともかく足に合う靴を」と何足か見せていただきました。

日頃は優柔不断な店主ですが、記録的なスピードで決断。その場で履き替えて、会館に急いだのでした。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月05日

鳥茶屋

6月になって、また洋書会の当番が始まりました。今日はその初回でしたが、店主は早速遅刻。そのわけについて、追々これからお伝えしようという次第です

小なりとはいえ洋書会、会と名がつく以上、会長という職が存在します。その任期は1年。7月から6月までが古書組合の1年で、つまり、まもなく期末を迎えます。

そこで次期の会長を決めなければならないのですが、洋書会では会員を二つの班に分け、毎年交互にそれぞれの班から会長を選出する習いとなっております。

そして来期の会長は、店主の所属する班から選ばなければなりません。そのための選出会議というのを、いつも今頃、行っているのです。

ずいぶん遅いとお感じの方もおられるでしょうが、実際のところは、暗黙の了解やら、もう少しはっきりした事前の話し合いなどがあって、この時までにはおよそ決まっていることが通例です。

つまりこの選出会議というのは、一種の儀式のようなものともいえます。まれにこの会議でも決まらず、ぎりぎりまでもつれる年もありますが、今年は幸い、順当な選出過程となりました。

tyayaというわけで、その選出会議が今日の市会終了後、神楽坂の「鳥茶屋別邸」で開かれたのです。いわば会議に名を借りた早手回しの慰安会。

その証拠に、午後4時半、少々無理を言って部屋を使わせてもらい、5時まで会議らしき話し合い。そのあとは、ひたすら食事とお酒での歓談に終始したのでした。

さてこうして一日店を空けることになるため、朝の内に注文品の発送準備を、決済の予想される分まで含めて終わらせておかねばなりません。それが30分遅刻の主たる理由でありました。

konoinfo at 22:24|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

アドレスがない

最近続けて、同じようなお電話をいただきました。

「日本の古本屋」で欲しい本を見つけたのだが、ネット注文というのが苦手、もしくは好きでない。どうしたらいいだろうか。

電話だけで済ませようとするなら、郵便振替口座をお知らせし、その口座にご入金いただく。翌日以降に通知が届くのを待って、お送りする。これがひとつ。

もう少しお急ぎなら、銀行口座、ゆうちょ口座をお知らせし、お振込みいただく。ただしこの場合は、ご住所をうかがっておく必要があります。

いずれの場合も、まず在庫の確認をして、あらためてこちらからお電話を掛けることになります。

さらに手数や日数のかからない方法として、直接メールでご注文をいただくという方法があります。それなら大丈夫、という方も案外多い。最近続いたのもこのタイプ。

ではメールしてくださいと申し上げると「メールアドレスは?」とお尋ねになります。「今ご覧になっているところに出ていませんか?」そう尋ね返しますと「いやどこにも書いてない」。

確かに検索結果一覧からクリックした詳細ページには、住所と電話番号しかありません。書店ページをご覧くださいと申し上げても、やはり見つからないというお返事。そこで、ケイ・オー・エヌ・オーとアルファベットを読み上げて、書き取っていただきました。

あらためて書店ページを見てみますと、なるほどメールアイコンだけで、アドレスは表示されていません。クリックすればメーラーが開くようになっているのですが、分かりにくいことは確かです。

RIMG2845ちなみに店主の場合は、ふだん使っているメーラーが、ここから起動するメーラーとは別のものなので、アイコンクリックでメールするのはちょっと不都合。やはりアドレスを表示したほうがいいかもしれません。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年06月03日

塩漬けのモリエール

あまりにも在庫の保管場所が不足してきましたので、長く棚に収まったままの本を少しずつ引っ張り出して、整理を始めております。

偉そうに申し上げるほど、作業が進んでいるわけではありません。いや正確には、ほとんど何もできていないと言ったほうがいいでしょう。

先日は大判の本を棚から4〜50冊ほど抜き出して、空いた場所に、最近登録した新入荷本を押し込みました。

そうして抜き出した本は、あらためてデータベースをチェックしながら、見切り処分にするものと、まだ残しておくものとに分けていきました。

しかし調べていくと、未登録のものが大半で、そのまま見切るのは惜しい本が多い。結局何のことはない、ほとんどそのまま山にして積み上げることになったのです。入れ替わっただけで、ひとつも減っておりません。

moliereそれでもめげずに、今度は現在の店に移って以来、触っていなかった棚に手をつけ始めました。抜き出してみると、旧会館のころに市場で仕入れたモリエール関係の口です。

今はおやめになった神奈川の本屋さんが、何週かに分けて明治古典会に出品されたフランス書の口。他にラブレー関係なども仕入れたはずですが、それらは量も少なかったため、いつのまにかなくなっています。

しかしモリエールはほとんど手つかずで、いわゆる塩漬けになっていたのです。大半が研究書で、今となっては、高い値の付けられそうなものはありません。自家目録を出そうとしていた、いわば夢の名残り。

さてweb目録に全登録するか、大半を見切るか。また悩んで仕事が進みません。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)

2018年06月02日

VIVA南部!

RIMG2844今日は南部地区の大市会。南部支部にとっては、年に一度の大イベントでした。

かつては東西南北4つの地区大市が、競うようにして開催されていた時期もありました。しかし今となっては、毎年大市を開いているのは南部地区だけです。

のみならず、南部は大市開催に際して、支部、事業部役員が、熱心に出品勧誘に回ります。

これも以前は、本部交換会でも大市となると神田、本郷はもとより、地方にまで勧誘に出かけたものでしたが、今や本部の市会でそれを続けているところは、店主の知る限りありません。

確かに品物が集まって、出来高が上がれば、主催する交換会(南部の場合は支部)の実入りは増えるのですが、ほとんどがお手伝いの人件費で消えてしまいます。しかもその金額は、とても報酬と呼べるほどのものではありません。

そう考えると、南部事業部のこの大市にかける熱意は、いったいどこから生まれてくるのでしょう。

大市を、お祭りだと考える人もいます。年に一度、力を合わせて開く古本屋の祭り。しかも売り買いする中で、利益を得ることもできる。

しかしその祭りを維持する体力が、東京組合全体では次第に低下してきているように見受けられます。それはとりもなおさず、市場の売り買いで利益を上げることが、難しくなっていることを意味しています。

それだけに、伝統の方式を守り続ける南部地区市は、最後の砦と言うべきでしょう。会場には、昨年より量としては少ないものの、質の上ではむしろ例年に優る出品物がひしめいていました。

今年もにぎやかな祭りになったようです。

konoinfo at 18:33|PermalinkComments(0)

2018年06月01日

慌ただしい朝

今朝は明治古典会へ出かける時間が、大幅に遅れてしまいました。

いつもは遅くとも午前10時よりは前に店を出るようにしているのですが、今日は11時まであと10分というくらいのところで、ようやく出発できたのです。

そのわけは、今日からゆうメールの集荷がなくなる、というアナウンスを受けていたから。

他の曜日ならともかく、金曜日の場合は、店主が出かけてしまうと、あとは家人が一人。バイトのχ君は時として出勤が夕方5時近くなるため、下手すると局出しが間に合わない可能性もあります。

そこで、出かける前に入金済みの注文品を荷造りし、駒場郵便局まで出しに行くことにしました。

RIMG2847こういう日に限って、手間のかかる荷づくりがあったりします。韓国からのご注文は国際eパケット。1kgを超える書籍はレターパックプラス。

前者は書類造りに少しばかり時間を取られますし、後者は荷姿を整えるのが手間。体裁など気にしないというなら問題はないのですが。

そうして荷造りをしているうちに、新たな決済通知が届きます。それも序でに、などと作業していて、ますます遅くなってしまったというわけです。

後納差出票を書く時間も惜しく、そのまま持ち込んで現金払い。局の方でも、そのほうが楽だったかもしれません。要した時間は想定内でした。

そんな慌ただしい思いをさせられた朝でしたが、明古の一日を終えて店に帰ると、連絡日誌に「いつもの時間に集荷員さん来る!」と記されておりました。どうなっているんでしょう。

konoinfo at 21:53|PermalinkComments(0)

2018年05月31日

TV離れできない

我が家の枝垂れ桜が大きくなりすぎて、二階の屋根より遥かに高く枝を張り、垂れた枝の一部がBSアンテナの電波をとらえる方角をふさぐようになってきました。

この枝を取り除こうとすれば、高枝切りばさみを使うとしても、二階屋根に上る必要があります。

今のところ、風が吹いたり、雨が降ったりしなければ、どうにか見られていますし、幸いなことに、どうしても見たいスポーツ番組なども少ない季節ですから、なんとなくそのままにしております。

店主が楽しみにしているNFLは、夏の終わりに始まるとはいえ最盛期は冬場ですので、桜の葉も枯れ落ちて、おそらく支障なく観戦することができるでしょう。

あるいは、これを機会にTV離れができれば良いのだがと、他人事のように考えたりもしています。

しかしふと気づけば、サッカーのワールドカップ大会が迫っているのですね。へそ曲がりな店主は、特に日本チームの試合が見たいわけではありませんが、トーナメントに入ってからの一発真剣勝負には、とても興味があります。

ですから、もしかしたら近いうちに、屋根に上る気になるかもしれません。そこにはもう一つの理由があります。それは来年9月で放送大学が地上波を廃止し、BS放送だけになるらしいからです。

KIMG0583もっか店主の楽しみは、月曜夜11時からの「日本美術史の近代とその外部」。今年開講した稲賀繁美さんの講義です。

ちょうどその時間帯は、お風呂に入ったりしますので、店主はこれをビデオに録り、時間のある土日の夜などに見ております。ほかにも見たい講義はあるのですが、録っておいても、それこそ見る間がありません。

同じ講義を何年かは繰り返し放送するようですから、やはりBS受信体制は必須かもしれません。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年05月30日

勘が働く

午後のお茶休憩を終えて帳場に戻ると、机の上に、ついさっき棚に入れたばかりの本が積まれています。

RIMG2842パソコンに向かっている家人の様子から、どうやら注文が入って、その返事を出しているところらしいと分かりました。

積まれていたのはプレイヤード叢書の3冊。お茶の前に入力して、画像も取り込み、他の何冊かと一緒に棚に並べたばかりでした。

休憩と言っても、ほんの10分程度。もっと短かったかもしれません。入力の仕事が溜まっているので、早々に切り上げたからです。

家人が送料を気にしています。小店では明後日から、今まで割引していたゆうパック料金を、正規料金に戻すことにしているからです。結果的に、大幅値上げとなります。

それはともかく、ご注文者のお名前を見て、家人には大丈夫だと伝えました。

これまで何度もご注文いただき、しかもその度に、日を置いて直接ご来店になって、他の本も合わせてお買い上げくださるフランス人のお得意様だったからです。

案の定、今度の日曜日に伺っていいか、というメッセージが届きました。もちろん大歓迎。お返事のついでに、あまりに素早いご注文に驚いたことをお伝えいたしました。

するとまたお返事があって「そうですか。ぐうぜんでとても良い本をみつけました」。独自のアラートシステムでも作っておられるのかと勘ぐったりもしましたが、そういう方には見受けられません。本当に偶然だったのでしょう。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)
年内は31日(日)まで
新年は4日(木)から
営業いたします
Profile

河野書店

Archives