2008年12月

2008年12月21日

古馴染み

暖か。
しかしお昼過ぎ、急に風が強まって
表のお客様も吹き飛ばしてしまったようです。

昨日は古いお馴染みさんが来店
昨今の様子を語り合いました。
開店の年に新入生、今は某大学で研究者
近頃は年に一度のペースになってしまいましたが
忘れずに訪ねてくれます。

他にも思い出したように顔を出してくれる
同じようなかつてのお得意様は居ますが
考えてみれば、こちらで名前も知っていて
昔話など出来るこうしたお客様は
開店から数年の間のお馴染みがほとんどです。

まじめに店番をしていたのが
その頃に限られるということか
年々学生さんとの年の開きが大きくなるからか
ちょっと寂しいことです。

konoinfo at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月20日

カフカ

ちょっと面白い本に出会いました。

インターネットで検索すれば
たいていのものは探し出すことが出来て
本も例外ではありません。
いやむしろ、AmazonやGoogleの例でも分かるように
本こそがネットコンテンツの代表かもしれません。
その精粗を別にすれば、今や殆どの書籍情報は
ネット上で得ることが出来ます。

そんな情報の大海の中に
探しても見つからない場合があると
そうしたものが漂いついた不思議に、感慨を覚えます。
この本もそんなひとつ。

Franz Kafka a Praha. Praha: Zikes, 1947.
チェコ語で書かれた小冊子、本文61頁、写真図版32。
四六版を少し細長くした大きさ。
テキストはHugo Siebenschein, Edwin Muir,
Emil Utitz, Peter Demetezの小論。

しばらくは眺めて楽しむことにします。カフカ

konoinfo at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月19日

クリスマス特選市

毎年クリスマス前後の金曜日に開催する
明治古典会の特選市を、クリスマス特選市と
呼ぶようになって二十年近くなるでしょうか。
一年の締めくくりの市会として
他の交換会の大市に迫るような規模の会になります。

今朝早くから会場で準備を続けて
間もなく開札の時間です。
昨年を上回る出品点数ですが
出来高のほうも昨年を上回れるかどうか。

私が見ても、なかなか面白いものが出ていて
このところ、明るい話題が少ないだけに期待がかかります。

店のほうは昨日一日と、今日もこれから夜まで
任せっきりで様子がわかりません。
戻ってからが楽しみなような、心配なような。

konoinfo at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月18日

会議のち忘年会

家を出がけ、雨に濡れた梅の古木に朝日があたり
幹から湯気が立ち上っていました。
夜は寒くなるという予報なので
今は暖かくても、コートを持っていかなければ。
今夜はTKIの忘年会。

TKIは「日本の古本屋」を運営している組織の名です。
交換会事業とおなじく
古書組合員がほとんど手弁当で運営にあたっていて
要するにその慰労会です。

慰労会に先立って
月例の会議を午後2時からたっぷり4時間ほど予定。
いま、サイトのリニューアルを計画していて検討課題山積
忘年会も会議の続きになってしまう可能性大です。

konoinfo at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月17日

のんびり気ぜわしい

冷たい雨が、朝から降り出して
こんな日はどこへも出たくない気分。
(お客様もそうかもしれない)
今日はお昼に一度、夕方からもう一度
出かける用があって気ぜわしいのに
こうして座ってキーボードを打っていると
なんだか、のんびりした気分にもなってしまいます。

昨日の洋書会で16世紀仏文学関係の研究書を
少しばかり仕入れたので、また順次、データ登録して
ネットなどでご紹介していくつもりです。

そういえば、他にもやりかけの口が残っていました。
演劇書、美学書、自分では専門にしているつもりの分野が
売れ足が遅いこともあって、つい後回しになっていきます。
今年もあと二週間。

konoinfo at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月16日

洋書会歳末市

今日は、東京洋書会の歳末市。
というのは大市ではありませんが
普段の市よりは大がかりな市。

年末は、各交換会ともこうした市が行われ
今度の金曜日は明治古典会のクリスマス特選市。

そんなことでいつもより早めに市場にきて
荷受、設営、開札といった運営の仕事をします。
今日は九時集合、今さっき終了してこれから片付け
終わってからは忘年会。

そんなわけでこの一週間は、昼も夜も忙しい次第。
店の片付け仕事が、また溜まります。

konoinfo at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日

出品

久しぶりに車で古書会館に。

以前は地下鉄より車で行くことが多い時期もありました。
駐車場の問題、道路渋滞などをきらって
最近では殆ど車は使いません。
荷物を運ぶにも、業者利用がずっと簡便になったことも
理由の一つです。

今日の場合は、市場への出品の都合など
幾つかの条件が重なり、久々の車となりました。

ラジオのニュースは景気悪化、雇用不安の繰り返し。
師走のこの時期にしては、道が空いていました。

今週は、明日から市場の仕事が続きます。
不景気をハネかえすか、景気を映してしまうのか
業界の元気が測られます。

konoinfo at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月14日

雨上がり

一日、店にいて片付け仕事をしていて
気がついたら午後三時
外を眺めるといつの間にか雨も上がっています。

それで仕事は、はかどったかというと
あらたな山が、またそこかしこに。
雨も上がったし、次は表に積んだ洋書
(先日引き取ったアメリカ文学)の
整理をしようと思うのですが
でも、寒そう。

暖かいミルクコーヒーを飲んで
元気をつけて、取り掛かることにします。

konoinfo at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月13日

ナンブ

毎月、第二土曜日は
五反田にある南部古書会館で
入札市がおこなわれます。
東京には、店主がいつも出かける本部会館のほか
東西南北に四つの地区会館があって
それぞれに交換会を開いています。
詳しい事情は「東京の古本屋」をごらんください。

で、本日は午前中、五反田に行ってまいりました。
東京組合の南部支部が運営するので
ナンブ市場、単にナンブ、などと呼んでおります。
今なかなかに元気のある市場で、今回も
あふれんばかりの出品物でした。

収穫があったか、なかったかは、また後日。


konoinfo at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月12日

通勤車両

朝、店へ寄ってから、明治古典会へ。
渋谷駅午前9時の半蔵門線は
まだ女性専用車両もあって、通勤時間帯です。

ふと思えば、昔はこの時間、もっと混んでいた。
ドアに押し付けられるように乗っていた記憶もあります。
渋谷までは今でもそうかもしれませんが
以前より、混み具合が軽くなっていることは確かでしょう。
その代り、電車の渋滞が多い。
混雑緩和に便数を増やして
線路上が混雑しているのでしょうか。

店に戻るのは午後9時頃になりそうです。
メールへの返信やら
残されている荷造りやらは、それからになります。



konoinfo at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives