2012年08月

2012年08月21日

復刻本の末路

二週間ぶりの洋書会。昼前に店を出て、井の頭線、半蔵門線と乗り継ぎ、神保町の駅を上がると、寒暖計が36.5℃という数字を表示しておりました。会館まで5分少々の、日差しの中を歩くのがつらいほど。

市場は、休み明けで恐れていたわりには、品物の量は出ていました。ただし、点数は少ない。つまり1点ずつが沢山の冊数、いわゆる大山が大半。

こういう大山は、そのうちどれだけ生かせるか、残りをどう処理するか、という見極めが評価の分かれ目となり、札の違いとなって表れます。結局のところ、店主が入れた札では、一点も落札することが出来ませんでした。暑さに負けていたのかもしれません。

そんなわけで市場も早く片付き、まだ日も高いうちに会館を出ましたが、店にたどり着くと何だかすっかり疲れてしまい、店の裏でしばらくボーっとしておりました。

そのうち、店番のχ君が「お客様です」と、呼びに来ました。表に顔を出すと、店主と同年輩の男性が、店の棚に差してあった一冊の本をお持ちになり、「これと同じ本が、ウチに10冊ばかりあるのですが、幾らくらいで買い取っていただけますか」とのお尋ね。

あえて書名は申しません。昭和50年代に刊行された、戦前の趣味的な研究書の復刻版。小店の値札は5000円、ただし20年ほど前に特価本で仕入れた時に付けた、そのままの価格です。その当時としては、他より安めの価格だった――はず。

しかし今となってはネットで検索しても高い方の部類。要するに、売り時を逃してきた本というわけ。ともあれ、その辺りもご説明した上で、お引取りできる価格を申し上げました。

RIMG1330当初は30冊ほどあったものを、これまで知人に差し上げるなどしてこられたとか。残りも、そういうことにいたします、というのが、お客様のお答えでした。是非もありません。小店もこの機会に、思い切った安い値段に付け替えておくことにいたしましょう。

かつて復刻本ブームというものがありました。ちょっと古書価が付いているような本は軒並み餌食となり、業界では死活問題だと騒がれもいたしました。本書などは、まさにその時代のもの。

思えばこれまでにも、幾多の荒波があったのです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月20日

甘くはない

一週間ほど前のことです、小店のHPカタログから全集を二組、まとめてご注文下さった方がおられます。合わせて5万円。

思わず頬をつねりました。自分で申すのも変ですが、どちらもなかなか売れない全集。しかも数年前につけたままの価格。

このご時勢、油断している間にどんどん値が崩れ、今や「日本の古本屋」なら、同じものが半値ほどで手に入れられます。しかし世の中には奇特な方もおいでですから、小店を助けてやろうという思し召しかもしれません。何はともあれ、お返事をお出しいたしました。

RIMG1329「小店では、初回お取引に限り、書籍代金が1万円以上の場合には、代金先払いをお願いいたしております」という定型文面とともに、振込先を明示して。

実は、しれっとそんなメールを出したのは、どこか引っかかるところを感じたからでした。ご注文メールの「お客様コメント」に「請求書・振込用紙同梱希望」と記入されています。「初回、1万円以上の場合」の対応については、HP上ではっきり謳っているにもかかわらず。

返信したあとで、色々と思い出しました。2、3年前、ある地方のお客様からのご注文に応じて本を送ったものの、その後連絡が取れない、という報告が次々と組合に寄せられたことがあります。調べてみると、同一住所から、複数の名前で、一時に大量発注をしていたようです。

これが一種の取り込み詐欺であったことは、後に判明しました。遠隔地ということもあり、先に本を送った業者は泣き寝入り。以来「日本の古本屋」は、代金先払い方式を、業者に対して一層強く勧めるようになっています。今回も、その時と同じ地方。

それでも、もしやという淡い期待がなかったとは申しません。入金通知なり、お返事なりが届いていないか、毎日メールを確かめ、二日前には、再確認のメールもお出ししました。まあ、これは決まりごとですから。

それに対しても、ナシのつぶて。そこで疑いはますます強まり、他に累を及ぼしていないか確かめようとするうち、逆に仲間から警告の知らせが入りました。期待は潰えたものの、被害がなかったことを、幸いと思うしかありません。

1万円以下のご注文だったら、送ってしまっていたでしょうか。

konoinfo at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月19日

『絵画論』 註解

「状態の説明がありませんので、お店に伺って、拝見してから決めるということでよろしいですか?」

昨日いただいたお電話です。お目当ての本は
The literary works of Leonardo da Vinci. 2 vols.

標題はcompiled and edited from the original manuscripts
by Jean Paul Richterと続き、ここまでなら、ありふれたダ・ヴィンチの『絵画論』。店主も、市場で仕入れたときには、ジャケットの背文字にある主タイトルだけを見て、そう思っておりました。

しかし更に続いて最後に commentary by Carlo Pedretti とあって、ページを繰ると明らかに別物、まさに註解書です。

Kress Foundation studies in the history of european art のシリーズである本書、調べてみると、なかなか手に入らない本であることが分かりました。外国の販売サイトで検索を掛けても、端本(第2巻)が一冊、15,000円ほどで出されているだけ。

強気の値段をつける手もありましたが、全体に本がヤケていること、そもそも知らずに手に入れたので、それほど高く値踏みしていなかったことから、2冊で20,000円という価格をつけ、8月11日にネットに上げておいたのです。

RIMG1328お客様は、一週間前に気づいたと仰いますから、上げてすぐ。しばらく考えたあげく、意を決してお電話くださったというわけでした。

「ヤケ」くらいは表記しておいても良かったと反省しましたが、もともとご注文をいただくと、確認メールに詳しく状態説明を入れております。しかし、ご来店いただけるのであれば、それが一番確か。お約束通り、午前中にお出でになり、即座にお買上げいただきました。

しばらくは、店にあってもいいと思う本ではありました。そういうものほど、すぐに売れていくのですが。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月18日

本筋を逃す

RIMG1241午前中に驟雨。午後から日が差すと、今度はうだるよう。少し前に洋書会で仕入れた、美学関係洋書の一口を整理。

市場に出たとき面白い口だと感じました。コンピュータ関係の本が大量にあって、その他に言語学や記号学関係。そんな中に、美学や芸術関係の本が混じっていたのです。

店主も仕分けに関わり、自ら美学芸術学関係を選び出してまとめました。天に厚く埃が積もったままの状態で運び込まれたこともあって、良い状態には見えません。おかげで他に誰も札を入れず、下札で落札しました。

その埃を落とし、汚れを拭いてみると、案外傷みは少ないようです。その中に、とりわけ古い一群がありました。

Lipps, Asthetik/ 1-2.(1903,1906)
Dessoir, Asthetik und allgemeine Kunstwissenschaft.
(1906)
Cohen, Asthetik des reinen Gefuhls/1-2. (1912)
Volkelt, System der Asthetik/ 1-3. (1925-)

いずれも美学史上に名だたる大著。さすがにヤケもあり、良好な状態とはいえません。一部に赤鉛筆などで書き入れもあります。しかし更に良く見ると、扉の隅に Y.Onishi と筆記体で書かれているのを見つけました。

この本を、この時代に読まれている Onishi といえば、他ならぬ大西克礼(1888-1959)。お名前の読みを確認すると「よしのり」イニシャルは Y。

この他に、まだ数冊、同時代の美学書があり、これらはすべて大西氏の旧蔵書だと思われます。しかし全体からすると、ほんの一部。今回の一口の旧蔵者が、おそらく譲り受けたものでしょう。

果たして何者か、果然興味が湧いてきました。お名前は分かっています。他の沢山の本に、記名があったからです。早速googleで検索すると、「世界的なコンピュータ・アートの先駆者」として、ドイツで開かれた回顧展を紹介するページがありました。

そうして見ると、あの蔵書の本筋は、山のようにあったコンピュータ関係書籍の方だったのでしょうか。貴重な本があったかもしれません。あったとして、それを活かすことのできる本屋が、買ったのでしょうか。気になるところです。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月17日

まるで相互扶助

RIMG1270おかげさまで、昨日は記録更新を免れることができました。

閉店間際、時々、古典語の本などをお買い求めいただくお客様がご来店になり、机の脇に積み上げてあった、OxfordのPlatonis Opera全5巻を見つけられ「これはいくらですか?」とお尋ねになったのです。

ギリシャ語の原典に、John Burnet が校注(ギリシャ語、ラテン語)を入れている版です。初版が出たのは1900年、以来、今日まで版を重ねてきた、文字通り古典中の古典。

現在も新刊があるはずですが、状態が良ければ古書でも殆ど価格は変わりません。小店でも15,000円で、過去に二度ほど販売した記憶があります。ちなみに現在は、一巻だけヤケシミのある本が混じったセットを12,000円で出品中。

お尋ねになった一組は、三方にシミ斑が目立つものでした。一部の巻に線引き、書き入れもあります。しかし版面は総じてきれいです。今月の低調な売上を少しでもカバーしようと、格安で店頭に出すことに、心を決めていました。「全部で五千円です」

さすがに驚かれたようです。それから、しばらくの間、迷っておられました。「とても貧乏なんですよ」そう仰いながらも、一冊ずつ手に持って、状態などを確かめておられます。

やがて一大決心をされたように、五千円札を一枚、お出しになりました。「これで今夜は食事抜きです」

それが本当かどうか、店主には知る由もありません。しかし、そう伺う前に、五百円玉を一枚手にしておりましたので、行きがかり上「これで何かお食べください」と申して、お渡しいたしました。

まるでディケンズかギッシングの世界ですが、彼らの話に現れる店主は、もう少し裕福。というか、小金を溜めているような気がします。あやかりたいくらい。

小店のケースは、ほとんどお客様との相互扶助。今日はまだ、扶助の機会に恵まれておりません。


konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月16日

記録の予感

記録は破られるためにある――とはよく言われる言葉ですが、店売りの最低記録となると、「売上ゼロ」という究極の数値が存在します。そこへ到達すれば、もう破りようがない。

幸か不幸か、小店では開業この方、その究極値に達したことはなく、従って日々、記録更新の可能性が残されているわけです。

今日もまた、その不安を感じながらの店番となりました。ちなみにこの夏の最低は一昨日に記録しております。これを更新することは、現在の状況からすると、さして難しくないかもしれません。

店売を増やす近道は、売れ筋商品を仕入れ、並べること。では、その売れ筋とは何かと言うと、文庫、絵本、お料理本。要するに、どこでも良く売れるものです。近道だけに険しい。

「レシピ本は、表にあるだけですか?4月頃は沢山あったように思いますが」と、若い女性に尋ねられました。確かに、仕入れが激減し、在庫も底をつきました。といって、小店にとっては、あくまで近隣サービスの部門。良い買入れを待つしかありません。

イメージ (77)店が暇だと仕事が捗らない、これもまた不思議な法則。手近な一冊に手が伸びて、つい読み耽ったりしてしまいます。その危険を避けて、あえて写真集を手にしました。

以前から思っておりましたが、このPhoto
Pocheのシリーズは、どうしてこんなに造本が悪いのでしょう。紙が厚すぎてページをうまく開けない、無理に開けばノドが割れてしまう、同様に表紙が折れやすい。

これでは棚に差しておくと、すぐに痛んで、商品価値が下がってしまいます。古本として流通させないための、フランス国立写真センターの工夫かと、勘ぐりたくなるほど。

本を壊さないよう、おそるおそる開きながら、キャパの写真を眺めました。1932年から1954年に至る68枚。繰り返される戦争、その時代を生きる市民、兵士。結局、文字を読むのと変らぬくらい、じっくりと見入らされてしまいました。

8月は、パリ開放(1944年)の月でもあったのですね。

konoinfo at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月15日

我ヤサキ 人ヤサキ

業界先輩の葬儀。朝11時、上野寛永寺の告別式から、町屋斎場での収骨、そのあとの初七日までお付き合いして、店に戻ると午後5時。ほとんどの時間、腰を掛けていただけですのに、一日がかりの式は、やはり疲れました。

RIMG1264業界人の葬儀の場合、大抵は通夜で済まさせていただき、告別式に行くことは滅多にありません。ましてや、初七日まで残ることは。

今回の場合は、葬儀を取り仕切る同業から、事前に要請がありました。故人が組合理事長となられた、およそ20年前、店主も初めての理事として、その理事会に参加しております。そのご縁からの、ご指名でした。

理事会でご一緒したのは2年間に過ぎません。しかしその後も、いろいろと気に掛けていただき、市場で顔を合わせると、決まって「組合の仕事も、ほどほどにね」と、声を掛けてくださいました。

故人は戦後に神田で独立した書店としては、もっとも成功されたお一人だと思います。業界に、店主より関係の深かった方は、大勢いらっしゃるはずですが、お呼びがあった以上は、ご辞退するのも失礼です。

名だたる神田の大店、歴代の理事長などに混じって、同期理事も半数ほどが顔を揃え、突然の同窓会にもなりました。

初七日は九段のホテルグランドパレス。神保町の本屋さんの葬儀では、いわば定番のように使われる場所です。店主も過去に何度か、出席しました。ふと、その幾たびかを思い返し、あの時そこにいて、今ここにはいない人が、幾たりかおられることに気がつきました。

会を終えて、九段下の駅に向かうと、日の丸や旭日旗を打ち立てて、ハンドマイクで何やら叫んでいる集団と、それを取り巻く野次馬が、広い歩道に溢れていました。更に、その全体を遠く取り囲むように、機動隊員が警備網を作っています。

8月15日。あのマイクの若者たち、あるいはそこかしこで規制を受けていた情宣車の若者たちにとって、今日はどのような意味を持つ日なのでしょうか。

靖国通りには、延々と装甲車の列が連なっておりました。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月14日

Webster第3版

「除湿・28℃」――このところ、店の空調をずっとこの設定にしているのですが、今日は何故かとてもよく効いて、じっとしていると寒いくらい。ほとんど扉が開かないからでしょうか。

「自動(冷房)」ではなく「除湿」にしているのは、自動だと、切れると暑かったり、入ると冷えすぎたり調節が難しく、気がつくと設定温度が段々下がっていた、ということが多かったからです。

小店のエアコンは、どうも「除湿」の方がうまく冷してくれるような気がする、というのが長年の経験から割り出した答えというわけです。先日、気になってネットで調べて見ましたところ、電力消費も「除湿」の方が低いと、たまたま見つけたサイトには書かれていて、以来、お墨付きを得たような心持でおります。

しかし、その「除湿」でも冷えすぎるくらい暇な午後、店の裏で一休みしていると、店番のミセスCが「お客様が古い辞書をお持ちです」と、小声で告げにきました。

店に出ると、ダンボール一箱を床に置いて、70年配の男性が立っておられます。箱の中を拝見すると、30〜40年前の大判英語辞書が7、8冊。かつて必携とまで言われた勝俣の『英和活用大辞典』、研究社『新英和大辞典』(第五版)など、一目で分かる辞書ばかり。

RIMG1245つまり、いずれも当時は評判の良かった辞典ですが、どれも函なしで、ヤケて、イタミも見られます。長くお役に立ってきたのでしょう。大変申し上げにくかったのですが小店では評価がつかないと、言わざるを得ませんでした。

「Webster第3版もですか?」箱の一番底に、ひときわ大きな辞書が横たわっています。じつはこの第3版、ずっと以前から、市場でもほとんど値になりません。第2版が根強い人気があったのと対照的。今やそれすら、昔話となりましたが。

余談ながら、この第3版、正確にはWebster's third new inter-
national dictionary of the English language、かの探偵ネロ・ウルフが、散々こき下ろしていたように記憶しています。

ともあれ、そのように申し上げたところ、ご了解いただき、お持ちかえりになることに。自転車で池尻からこられたとのこと。この蒸暑い中、再び坂を上り、また下りて、お戻りになるわけで、なんとも申し訳ない気分でお見送りいたしました。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月13日

終って淋しい

オリンピックが終って、世間に較べ遥かに関心が低かった家人らが、一番残念がっているのは、Googleトップページの競技ゲームがなくなったことのようです。

店主は一度も試みる気になりませんでしたが、殆ど免疫のない我が家族の中には、日替わりのように現れる新種の競技に、結構はまった者もいたらしい。

関心の低い家族の中では、店主がもっとも熱心な、しかしおそらくは平均的なテレビ視聴者。格別夜更かしするでもなく、早起きしようともせず、つけた時に映っている競技を観戦した程度。

RIMG1240それでも新聞で、格闘技系の選手が、怪我や腰痛を克服してメダルを取ったなどという記事を読むと、ちょうど腰の痛みに襲われていた時でもあり、呆れつつ感動もいたしました。

そもそもメダルがどうのという以前に、オリンピックに出られるというだけでも、すでに尋常のことではありません。凡人である我々には、勝った負けたの結果しか見えないのですが、彼らにはもっと違うものが見えていたことでしょう。

さて、いよいよお盆休み。覚悟はしておりましたが、確かに人がいません。夕方になって、ようやくポツリ、ポツリ。

そのお一人、院生らしいお客様。しばらく店内をご覧になったあと「日本近代史は、この辺りにあるだけですか」というお尋ね。「酒井哲哉先生の『大正デモクラシー体制の崩壊』が、こちらにあると『日本の古本屋』でみたのですけど」

この一冊で、何とか今日の売上が立ったようなものです。しかし、いつも申し上げることながら、無駄足にならないためにも、事前にご連絡いただけると有り難いのですが。

若い女性が、表の本を一冊お買上げくださって帰り際、「ここは常設ですか?」。その質問の意味を図りかね、「常設です」と、鸚鵡返しするしかありませんでした。後からハタと思い当たったのは、看板が見当たらないということかと。

小さなのが一つ、あるにはあるんですがね。

konoinfo at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月12日

明日があるさ

三日目に入って腰痛は、随分楽になりました。シアトルさんからお見舞いをいただき、有り難いと同時に、反省もしております。いつまでもぐずぐず、こんな情けない話を書いていてはいけませんね。しかし商売の話になると、もっと情けないことしかかけないのですから、同じようなものですか。

今朝も、店に来るまでの道路が、驚くほど広々としておりました。世間は本格的にお盆休暇です。この時期にこそ、店内の思い切った整理、入れ替えをしようと目論んでいたのですが、腰痛に出鼻をくじかれた形で、まずは大人しくデータの方の入れ替えから手をつけました。

「日本の古本屋」には7500点を載せられる契約をしているのですが、現在、ほぼ限度一杯。売れていく点数と、入力する点数が拮抗していた時期もありましたが、そんなことはもう遥か昔のお話。ましてや一口入荷して、まとめて入れようとすれば、まとめて何かを降ろさなければなりません。

そう思って登録書籍を改めて調べていくと、そのまま載せておいても、とても売れそうにないような本が多いことに気がつきます。ところが、いざ取り下げようとすると、どれを、どんな基準で、と迷うばかり。

一冊ずつ調べていたのでは、埒が明きませんから、どこかで思い切った線を引いて、まとめて消しこむしかありません。今回引いた線は、小店のデータベース上で2009年以降、まったく触った記録がないもの。

なまじ注文が入っても、探す段になって、どこに行ったか分からなくなっていたりするのがこうした本です。検索してみると約400点。今日の場合は洋書だけに絞りました。

こうして空きを作ったので、早速、新しいデータを入れたいところですが、夕方5時を過ぎてから、それまで人気がなかったのに、にわかにお客様の出入りが続きました。売上にはあまり結びつきませんでしたが、応対にかかる手間は同じことです。

RIMG1243閉店の時間が迫ってきました。残業をするというのも、もちろんありですが、そういうことをしていると、結局仕事に際限がないのが自営業です。閉める時はきっぱり閉める。

というわけで、データのアップは明日のことになりました。

konoinfo at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives