2013年06月

2013年06月30日

ランキング1位

「アド街ック天国」というのは、いかにもテレビ的な番組の名付け方だなあと、以前から思っておりましたが、番組自体を見たことは殆どありません。

まるでないかと言えば、一度か二度、チャンネルを変えたときに、たまたま知っている街や店が映っていたりして、そのまましばらく見ていた記憶があります。それが案外人気の高い番組だと知ったのは、同業との世間話でしばしば耳にしたことからでした。

CA3K0685昨夜、その番組に「神保町」が取り上げられて、そのことが今朝から業界関係者のtwitter上では、大いに話題になっているようです。なにしろ「古書店街」が燦然と第一位に取り上げられたのですから。

しかし冷静に考えれば、「文房堂」や「ランチョン」などは一店舗で5位とか7位とかに入っているのに比べ、こちらは130店以上を一からげにしての評価です。いわばセット売りで、ようやく値がついているようなもの。まとまって何ぼの業界であると、ここは謙虚にそう思っておきましょう。

これは業界全体としてもいえること。だからこそ「神保町」以外にも、世間に通用する業界のブランド名が欲しい。それが「日本の古本屋」を組合で運営し続ける一番の理由です。

しかし「神保町」の訴求力はなかなか強力です。それを利用しようという業者も増えていて、そのためにこの町には古書店が今も増加しています。昨今のとりわけ顕著な変化は、仕入れ中心型の書店でさえ、神保町に出店を計る傾向にあることでしょう。

その昔、神田で修業した番頭さんが独立する際には、「良い買入れが見込める場所」というのが、店探しの第一条件でした。住宅街を後背地に持つ、駅近くの商店街、というのがその典型。店で一般書を売りながら、たまに黒っぽい本の仕入れに恵まれ、市場に出して一息つく。それが郊外型古書店の営業パターンであったといえます。

今や、店売りは新型古書店やアマゾンに蚕食され、買い入れに関しても、ネットを駆使した宣伝が全盛で、「神保町」の比重は強まっています。しかし「ネット」か「神保町」でしか本に出合えないというのは、あまり想像したくない未来図ではありませんか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月29日

見抜く目

美術品、骨董品の世界には贋作、贋物が付き物ですが、古書の世界でもあるというお話。

しばらく前の明治古典会に、初版本を偽造したものがたくさん出たことをお伝えいたしました。これなどは、まだ人を欺くためというより、自らの楽しみの部分が多いように見受けられたものです。

もっとも贋作者の心情というのは、皆そうだとも言えるわけで、腕が上がることで、罪が深くなるわけです。見抜ける程度の偽造なら、笑って済ませることも出来るでしょう。

先日、『吾輩は猫である』のカバー付初版三冊が、市場に出ました。本体はどうやら間違いなく初版らしいのですが、カバーがどうも怪しい。仲間数人で、喧々囂々、意見を述べ合っておりました。

曰く、猫の眼の開き具合がちがう。カバーの丈が本体に比べて短すぎる…。やがて一人が、どこからか近代文学館の覆刻版を携えてまいりました。

RIMG0311二つを合わせると、一目瞭然。誰の目にも分かる違いがあったのです。出品されている『猫』のカバーには、「上編」「中編」「下編」の文字がそれぞれ認められました。もちろん、本物の初版カバーに「上編」の文字はありません。

言われてみれば、当たり前のこと。研究者、専門店なら常識以前に属する知識でしょう。その時、その本を取り囲んでいたのは、たまたま専門外の業者ばかりであった、ということにしておきます。

これは偽造ですらありません。ですから初版だと思って買ったとしても、騙されたと言うことにもならないでしょう。

さて今度の七夕に、宮沢賢治の書簡が一通、出品される予定でした。しかし目録にも載ってから、これが偽造の疑いが強いことが判明し、出品を取り止めることになりました。

どこかの美術展のように、贋作展でもやってみると、面白いかもしれません。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月28日

懐かしい先生のご蔵書

今日は組合の年度末。明治古典会にとっても、期末の市でした。本来なら決算日でお休みのところを、いろいろ遣り繰りして開催。景気の良い時代なら、考えもしなかったところですが。

幸いにして出品にも恵まれ、振り市効果もあって、まずまずの出来高。事務局に無理を言って開いただけに、申し訳も立ったというものです。

その市場で店主が気になったのは、演劇関係カーゴ一台、という口。今日出品されていたのは日本書ですが、先日の洋書会に出ていた、少ないほうの演劇洋書の口と、なにやら似通った雰囲気があることに気づきました。

やがて、これらがやはり同じ出品者であることが判明。そうなると今度は、この本の持ち主が気になってきました。

しかしそれが分かるのには、さほど時間を要しませんでした。同じ洋書の口を買ったある業者さんが、本の一冊に、納品書が挟まれているのを見つけておられたのです。

その宛名に書かれていたのはYamanouchiというお名前だったとか。それですぐに気づきました。もう10年以上前に亡くなられた、山内登美雄先生の旧蔵書だったのです。

RIMG0338著者、訳者としてはずっと以前から存じ上げていた先生が、初めてご来店くださったのは、開業して間もない頃でした。以来、時々お立ち寄りいただき、たまたま手に入れた珍しいGordon Craigの限定本などを、お納めいたしました。

店主の古い友人の一人が、大学院まで先生の下で学んでいます。そのことをお伝えした時、その偶然に驚き、喜んでくださったことを思い出します。

今日の日本書については、ごく一部を落札しました。商売として考えれば、こうして欲しいところだけ買う方がずっと楽です。そうは思いつつ、自分で整理に伺いたかったと、寂しい思いも感じております。

konoinfo at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月27日

七夕古書大入札会

イメージ (128)今年も七夕大入札会が近づいて、先日、目録も出来上がってきました。小店に届いた分は、例年に似ず手際よく発送したのですが、手際が良すぎて、ご挨拶のメッセージを入れ忘れてしまいました。

まあ例年のことですから、驚かれることもないとは思いますが、ちょっと不躾けだったかなと反省しております。

すぐにメールでフォローしようとも思っていたはずですが、それすらも雑用に紛れて、出さないまま。今さら出すと、かえって押し付けがましいことになりそうで、もうこのまま成り行きに任せようと思います。

成り行きで思い出しました。今年の目録品には、入札最低価格を入れる代わりに「ナリユキ」と表示されているものがあります。ネット上でも七夕古書大入札会目録2013がご覧いただけますので是非一度お目通しください。

トップページに並ぶ黒いバー、一番右の「出品目録」から入り、ジャンルを選ぶと画像が現れます。それぞれに緑色の数字があるのが、入札最低価格(単位は万円)で、これ以上の金額でなければ落札されません。

それに対して「ナリユキ」というのは、幾らでも結構、という意味ですが、もちろん最低出品価格(3万円、額や幅物は10万円)以上である必要はあります。

それならその数字を入れておけば良いのではないか、と思われるかもしれません。確かに今までは、そのようにしてきました。しかし、昨今のご時勢、数字が出ていると、それに捉われすぎる傾向が顕著です。これは売る側だけでなく、結局は買う側にも良い結果をもたらしません。

とはいえ一長一短。そこで価格ありと価格なしの混在となったわけです。このナリユキ品については、入札会当日、振り(口競り)に掛けられることにもなっています。

一般の方にもご覧いただきたいくらいですが、この業界、まだそこまでは踏み切れません。せめて下見日に、陳列されている現物をご覧ください。

今年は、目録品以外にも、追加出品の展示コーナーが設けられていて、足をお運び願わなければ、ご覧いただけないものもございます。これも新工夫。

konoinfo at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月26日

売れたら喜ぶ

ブログに書いたから、というわけではないと思います。ヨハネス・スコトゥス・エリウゲナの4冊本に注文が入りました。

RIMG0314その前にお電話で問い合わせがあった点、前の方と同じ。ただし前回は男性(お名前も伺っていませんでした)で、今回は女性。ご質問の内容は、ほぼ同じ、「4冊で揃いですか」「対訳ですか」。

こちらの女性は、「今月末にはお金が入りますので、7月初めのお支払いでよろしいでしょうか」とお尋ねになります。それくらいの期間なら、お取り置きするのもやぶさかではありません。

不思議な気がいたします。この本をネットに上げたのは、5年ほど前のこと。今になって、続けてのお問い合わせです。

実は先のお問い合わせのとき、改めてwebで検索をかけてみました。そして分かったのは、外国の販売サイトを見渡しても、第四巻まで揃っているものは殆どないこと。その第一巻だけで、小店の売価(16,000円)ほどの値が付いていることでした。

よほど価格を改定しようかと思いました。しかし、どなたからもお問い合わせがなかった時点ならともかく、少なくともお一方は、ご覧になって、今年中には買いたいと仰ったわけですから、そうも行きません。

年が明けてまだお買い上げがなければ、その時は、くらいのことは考えてはおりました。ところへ、今日のご注文です。ちょっと儲け損なったような、浅ましい気持ちがまるで生じなかったと申せば嘘になります。

付け加えますと、本に挟んであるラベルには20,000円という価格が表示されていました。これがなぜ16,000円で登録されていたかは、今となっては謎。

しかしもとより、損をしているわけではありません。たまたま安く買うことが出来たものを、安くお売りする。その結果に、いちいち損した得したと心が騒ぐようでは、まだまだ修行が足りないということでしょう。

それにしても、極めて特殊な本です。だからこそ5年間も、どこからも引き合いがなかったのでしょうが、これを必要とされる方が、わが国に少なくともお二方以上いらっしゃったという事実に関しては、素直に感心いたしました。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月25日

思惑違い

RIMG0330英文学関係が2t!という入荷情報が事前に入り、今朝もまた午前10時過ぎには古書会館に着きました。

自分でもカーゴ半分ほどの出品があり、今日はそれを売って、少しでも在庫を減らすことが一番の目的だったのです。英文学、というのであれば他に専門店もありますから、入札は極力控えようと心に決めておりました。

ところが予期せぬことに、別口でカーゴ3台ほどの出品があり、それが演劇関係。出品者自身で仕分けて来られたので、気になる本があちこちに分散しております。

一点が100〜150冊くらいという、かなり大きな山に分けられていますから、これは見なかったことにして、予定通り在庫減らしに専心しようと、初めのうちは考えました。

しかし、一番の大口である約2tという口の仕分けを始めますと、じきにこれが関西の著名なシェイクスピア学者の旧蔵書であることが分かりました。シェイクスピアは確かに英文学の縄張りではありますが、当然のことに演劇書も沢山含まれております。

ここに至って、これも縁であると考えることにいたしました。見なかったことにするのは諦め、しっかり見て、欲しいものがあれば冷静、的確に札を入れようと。結果、数点に絞って入札したうち、一点を除いて落札できました。

更にところが、開札が始ってから、今まで見逃していた他の出品の中にが、芸術学系のものがあることに気がつきました。慌てて一点入札、そしてそれも落札。

終わってみれば、売りのほうは予定に反して売れ残り、買う方はカーゴに半分以上。つまり合わせてカーゴ一台分を、引き上げなければならないことになりました。

自分で買いたい本を買えたのですから、嘆くのは妙なこと。むしろ喜ぶべきことであるはずです。それは確かなのですが、店に戻って本の山に目をやると、改めて溜息が出てしまうのでした。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月24日

「ご意見」の難しさ

すでにご承知の方もおいでかと存じますが、『日本の古本屋』では、「探しやすい、買いやすいサイト」を目指して、ご利用者の意見を伺おうということになりました。

ご利用者というのは、この場合二つの意味があります。一つはもちろん、ご購入いただくお客様。そしてもう一つは販売する側である同業者。

後者に向けては、これまでも折に触れて、意見を求めてまいりました。また、何時でも意見を述べられる掲示板も常設されています。『日本の古本屋』の会員古書店であれば、誰でも提言なり、要求なりを具申できるわけです。もっとも、必ずしもよく運用されてきたとは言いがたいのですが。

RIMG0331それに対して、今回の試みは、あえてお客様からご意見を伺おうという点。それもtwitterを使って、ナマの、イキのいい意見を聞いてみようという点に特色があります。

厳しい意見が沢山寄せられることを、期待していた部分もありますが、これまでのところ思ったより穏健な、さらには好意的なご意見が多く、ありがたい反面、やや拍子抜けの感もいたします。

しかし考えてみれば、興味のない、あるいは評価していないサイトに対して、意見しようという人は少ないわけで、「#なんとかせえよ」と言ってくださるのは、「なんとかなって欲しい」と思っている人でしかありません。

自分の店について考えてみれば、もっとはっきりします。照明を明るくしたらどうか、とか、もっと愛想をよくしたら、とか、分かりやすく陳列してほしいとか、思ったとしても、普通それを口に出して仰ってはいただけません。

「クレジットが使えますか?」と尋ねられて、「使えません」とお答えしても、「なんとか入れて欲しい」と要求される方は稀です。事情があるのだろうと察するだけで、使いたければ次からは使える店を選ばれるでしょう。

お客様を一人失ったかな、と感じて、ではどう対処するか。それにはやはり、自店の利害得失をしっかり見極めることでしか、方策の定めようはありません。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月23日

追悼市

大阪組合から、某氏追悼と銘打った特別市目録が届きました。

追悼市というのは、その名の通り物故された同業を偲び、縁の深い市会なり、グループなりが催す交換会ですが、ご本人が生前に集められた蔵書が核になることが普通です。

供養の気持ちも込めて良い札が入るものですが、一種の売立てであり、生涯手放さなかった秘蔵の品であったりする場合も多く、その意味でも業者の注目度は高くなります。

関西ではこのところ、大立者の逝去が続いたこともあり、追悼市が何度か開かれています。しかし今回の方については、寡聞にして存じ上げませんでした。

イメージ (127)届いた目録から判断する限り、いわゆるサブカルチャー系が中心。どのような本屋さんだったのか、そのコレクションから様々に想像するばかりです。運営陣には知った名もありますので、機会があれば、彼らから話を聞いてみようと思います。

現在、全国の同業(組合員)は2千数百軒。狭い業界ですから、たいがいは顔見知りといった気になりがちです。

しかし、比較的付き合いが広いと思われている店主でさえ、名を聞いたことすらない本屋さんも多く、そうした中にもすばらしい仕事をされてきた方は大勢おいでです。改めてこの業界の広さ深さを、知らされた思いがいたしました。

ところで東京では、最近あまりこうした追悼市が開かれた記憶がありません。失念しているだけかもしれませんが、記憶どおりとすれば、この点においては関西に比べて大分温度差があるようです。

さて本日、選挙の人出を当て込んで、先週に続き店の前で「蚤の市」を開催いたしました。一日お天気に恵まれ、まずまずの成果でしたと出店メンバーにも喜ばれ、解散した途端、夕立。

ついていたと申すべきでしょうか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月22日

買ってひと言

明日は都議会議員選挙。政治向きのお話をしようというのではありません。それを思い起こさせてくださったお客様がいらしたというお話です。

朝のうちにご来店の、お母さんと娘さんの二人連れ。表で「皮切手3枚組マッチ箱入り」を選ばれて店内へ。お会計の間に「明日の選挙で○○党の××をよろしくお願いします」。

地元の方ではなさそう。関西方面から、たまたまか、目的があってか上京されたらしい。携帯が鳴って、応答される様子で、そうしたことが分かりました。

RIMG0317この党の支援者の方は、選挙期間中に旅行されることが多いのでしょうか。過去にも良く似た体験を幾度もしております。

また先日は、古いお客様が久しぶりにご来店になりました。女性のお連れがご一緒です。研究生時代までご近所に住んでおられて、ある大学に職を得て引越しされる折、本をご処分いただいたこともありました。

一冊お買上げいただき、懐かしい思いをこめて「ありがとうございます」と申し上げたところ、「確かお住まいは世田谷でしたね」とのお尋ねです。

そんな打ち解けたお話をしたことがあっただろうかと訝しみながらも「はい」と答えますと、「世田谷区は△△という候補者が○○党から出ていて、苦戦してますので、よろしくお願いします」。

この方が、その党に関わりの深い方だろうということは、ご処分いただいた本から承知しておりました。読書家で勉強熱心ということも解りましたが、無口で、余計なお話もされない方だったという記憶があります。

女性はお連れ合いだろうかと、内気な青年の成熟を勝手に想像したのでしたが、政治(宗教?)活動の同伴者に過ぎなかったのかもしれません。

ともあれ、そうしたこちらの心中にはまるで無頓着に、言うべきことは言ったという感じで、お帰りになったのでした。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月21日

振り市、一長一短

今日も明治古典会は、入札市終了後の振り市が盛り上がりました。点数にすれば全体の5%ほどに過ぎないはずですが、出来高でみると全体の1/3に上ったようです。

比較的高額で落札されるものを選んでいるからではありますが、入札だけというよりは良い値になる場合が多く、売り手にとってはもちろん、運営者である会に取っても有り難いことです。

では買い手にとってはどうでしょう。安く買えない、という点では不利益になるように思えますが、より重要なことは、買おうと思えば買えるということです。資金さえあれば、ですが。

つまり誰にとっても良いことばかり。それならなぜ、振り市は行われなくなったのでしょうか。

第一には、もちろん時間がかかるということ。欲しい本があれば、振りに掛けられるその時、その場にいなければなりません。出品が多いときなど、長い時間待つことにもなりかねません。入札なら、自分の都合に合わせることができます。

しかしより重要な問題は、振りの方が「買占め」が容易であるという点です。お金さえあれば買える、力勝負になるからです。競争が悪いわけではありませんが、その勝敗が資金力だけで付くとなれば、競争に参加する人間は減っていくでしょう。

もっとも、そうした弊害を防ぐために、振りには通常、様々なルールや暗黙の了解がありました。振り手の裁量が、かなり大きく認められていたこともそのひとつ。相場を無視して加熱することを避けるため、適当な頃合で落RIMG0320札させたりします。

ともあれ現在は、入札市が全盛。ここへきて、今また振りが見直されているのは、景気低迷の影響も大きいようです。しかしこの辺りを説明するには、今夜はもう遅い。ご興味があればまた改めて。

夜になって強い雨。梅雨も本番です。

konoinfo at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile