2014年04月

2014年04月10日

判型文化論

大量の本を運ぶために、箱に詰めたり、紐で縛ったり、そんなことを毎日のように繰り返していているのが古本屋です。

宅買いに出かけて、お客様の目の前で本を縛っていくと、必ずと言っていいほど「上手いもんですね」と感心されますが、それは魚屋さんが魚を捌くような、商売上の必須作業だとご存じないからでしょう。

この「紐掛け」は、経験すれば誰でも上手になれる、それほど難易度の高くない作業ですが、それには我が国の製紙事情が大きな助けとなっています。

我が国の本はA判とB判、いずれかの決まった大きさの紙を折り畳んで作られるため、ほぼ判型が定まっているからです。

ふだん扱う本は、B6判とA5判。それぞれより少しずつ大きい四六判と菊判。あとは文庫判、新書判。出版されているのも大部分は、それらのサイズではないでしょうか。

もちろん微妙な違いはあるにしても、それらがいかに定まったサイズであるかは、外国の本を扱うと良く分かります。

英米やフランスの本は、判型をそろえて紐掛けしようとすると、一冊として同じ大きさがないのでは、と思われるくらいサイズがまちまちです。

ドイツを仲間に入れなかったのは、まだ比較的、判型が揃っているような気がするから。あくまで米仏に比してですが。出版社ごとに決まっているように思えます。ただ全体に縦長という印象。

しかし何と言ってもチャンピオンはフランスです。まるですでにあるものと同じ形に作るのを、潔しとしないかのようです。

RIMG1157その典型的な例を見つけました。先日の洋書会で手に入れた、
Samuel Beckett のMinuit 版著作一括。装丁が同一なので、余計に判型の違いが際立ちます。

日本ならさしずめ判型は揃えて、表紙のデザインや色などで、変化をつけることになるのでしょう。

ちなみにこのMinuit 版、現在までに35冊出ているようですが、1995年刊の Eleutheria まで、31冊が揃っております。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月09日

明日の作業

CA3K0781今日は水曜日ですが、『日本の古本屋』リニューアル会議。諸々の理由があって、いつも木曜日のところが一日早まりました。

予定は二時間ですが、もちろんそれでは終わりません。当然のようにお昼が出て、午後二時まで。店主は少し早めに帰らせていただきましたが。

大事な会議で、欠かせない話し合いではありますが、余計な発言が多すぎると、年のせいで気難しくなった店主などは思うのです。(若い時からそうだという声もありますが)

部員が揃って出席することは、情報を共有するうえで確かに必要なことですが、その出席者がそれぞれに思いを話すのは控えた方が良い。担当者に任せ、意見を求められた時だけ答えるようにすべきです。

などと、ここで力んでいても仕方ありません。折を見て、角が立たないように釘を刺すことにいたしましょう。

今日はまた、ルート便の日でもありました。昨日の洋書会で、ついカーゴ半分ほどの量を買ってしまったので、それを受け取らなければなりません。

配達の時間帯、留守にして立ち会えないので、朝のうちに準備をしておきました。返すカーゴを空にして、入れ替えられるようにしておいたのです。

午後、会館から帰ってくると、無事に届いて、定位置に納まっておりました。

新入荷は、フランス現代思想関係が中心。現在棚に並んでいる本と、重複するものもありますが、かなりは新たに並べられそう。

しかし問題はそのスペースです。今並んでいる何かを外さなければなりません。何を外すか、それが迷いどころ。

そうでした。洋書より先に、先日買い受けた哲学、思想関係の日本書約80冊の登録、棚差しを急がなければなりません。

明日は一日、これにかかろうと思います。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月08日

重なるご注文

RIMG1138この数日、『日本の古本屋』を通じてでなく、直接メールでご注文いただくケースが目立つようです。小店だけでしょうか。

他店でもそうだとすると、GoogleやYahoo検索などで、ヒットする率が高くなっているのかもしれません。SEO対策が、着実に成果を上げているとも考えられます。

そうであれば、まずは喜ぶべきことに違いありませんが、少し困ったことも起きています。それは同じ本へのご注文が重なることです。

もちろん在庫は一冊ですので、お一方には品切れのお返事をしなければなりません。

つまり、初めに『日本の古本屋』からご注文をいただけばその時点で在庫は非表示となり、ネット上から消えます。しかし逆に、メールでご注文いただいた場合は、こちらで非表示にする操作をしない限り、ネット上から消えないのです。

その操作を、通常は一日の最後に行いますが、たまに忘れて翌日の朝になることもあります。

ところが、そのタイミングでさえ間に合わない速さで、同じ本のご注文をいただくということが、この二日間で二度まで起きてしまいました。

目録販売の世界では、同じ本に注文が重なるというのは良くあることです。しかしそれは、その本が特に珍しいものであったり、相場よりかなり安かったりすることが理由です。

ネットで注文が重なるのは、どうも別に理由がありそうです。どこかで取り上げられた、誰かが勧めた。問題はそれが瞬間的なことか、長く続くものかという点でしょう。

需要の規模も気になります。以前、高倉健がテレビで紹介した途端、ビックリするような高値になった本があることを、このブログでもお伝えしました。

その本は、いまもAサイトで高値を維持しておりますが、とても実需があっての価格とは思えません。本当に求められるものならば、とっくに再刊されていても良いと思うのです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月07日

ある蔵書

伊丹十三・井上ひさし・岩城宏之・大江健三郎・開高健・北杜夫・小松左京・つかこうへい・筒井康隆・なだいなだ・星新一・安岡章太郎・山下洋輔・サリンジャー・ブローティガン・ヴォネガット…

大き目の段ボール箱、それもかなり年季が入って、少しつぶれてもいる3箱に、上記の著者たちの本(8割方は文庫本)が、詰まっておりました。

もちろん、これらの著者以外の本もあります。列記したのはいずれも複数冊あったものだけ。とりわけ多かったのが大江、開高、北といったあたり。

箱がそうであるように、中の本もかなり年季が入って、ヤケ、シミ一部には歪み(本の詰め方が悪かったのでしょう)。

店主の留守中に持ち込まれたものですが、持ち主がどんな方であったか、何となく想像はつきました。店番に尋ねると、果たしてその通り。

近くの公務員宿舎を、定年に伴って退去される予定のご夫婦。と言っても、専らご主人の読まれたものでしょう。

店主にとっても懐かしい著者たちばかり。改めて見直すと、存命の作家の少なさに驚きます。読んだ当時は、ほとんどが現役バリバリという方たちばかりだったわけですから。

きれいな状態で残っていても、現在、売れ行きの良い作家は、この中にごく僅かです。ましてこの保存状態では。というわけで、はかばかしい評価は付けられませんでしたが、ご納得していただけたようです。

30年ほど近所に住んでおられて、今回まで小店の存在をご存じなかったと、恐縮しておられました。

あるいはこれは想像ですが、今回ご処分されたのは、この地に引っ越されてきたときに運び込んで以来、そのまま仕舞い込まれていた本ではないでしょうか。

CA3K0777忙しいお役人生活だったことは、察しがつきます。本を読む間もなかった、と考えれば、辻褄が合います。それとも、近年読まれた本は、どこかよその店に処分されていたのでしょうか。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月06日

齊藤孝夫さんを偲ぶ

RIMG1127今日の日曜日、天気予報では、上空の強い寒気団の影響で空模様は不安定。その予報通り一雨来たようですが、晴れ間を縫うように繰り出した花見客で、地下鉄九段下駅は、かなりの混雑でした。

正午から午後2時まで、九段のホテルグランドパレスで、「齊藤孝夫さんを偲ぶ会」が開かれ、世話人の一人として出席してまいりました。

今年1月28日、習慣の朝ぶろの最中、ご家族さえ気づかぬうち、静かに旅立って行かれたと聞きます。突然ではありましたが、穏やかなご最後であったとか。

今日の「偲ぶ会」は、特にお付き合いのあった同業だけに絞って声をおかけしたのですが、それでも130名近くが出席され、まさに故人の遺徳が偲ばれる会となりました。

店主などは、来会者のなかで見れば、決して故人とのお付き合いが深かったわけではありませんが、明治古典会での現在の立場から、世話人に名を連ねることになったのです。

それでも、今日、それぞれに故人を良く知る方々の追悼の言葉を伺っていると、生前の様子が彷彿として浮かび、店主自身の思い出とも重ね合わせることができました。

取り分け印象に残ったのは、孝夫さんが早稲田中学を受験することになった時(60年近くも前!)、その受験票を受け取りに行ったという、古い店員さんの話。

この方は今も早稲田に店を構える現役のご同業ですが、ご高齢のため足もご不自由になり、この何年かは市場ではお見かけすることもありませんでした。

そのご老体が体調を押してご出席になり、昨日のことのように、受け取った受験票の番号が18番であったこと、持ち帰ると先代から(孝夫さんは三代目です)まるで手柄のように褒められたことなどを話されたのです。

故人の残した数々の功績は、人も知るところ。いわば業界のスーパースターであった孝夫さんの、知られざる「神に愛でられし子供時代」を想像して、ひととき心が和みました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月05日

英国婦人雑誌

昨夜、閉店時間を過ぎて店に戻ると、営業中は外に出している棚やら台車やらが押し込まれて、たださえ狭苦しくなっている店内の入り口付近に、大きな段ボール箱が3個積まれていました。

何とかすり抜けることはできましたので、昨日はそのまま手を付けず、今朝になって、棚などを表に出し、開店の準備だけ済ませてから、早速片づけに取り掛かりました。

送られてきた本の主は、昨年まで駒場にお勤めの外国人教師。退任の折に一度、研究室と、吉祥寺のご自宅に伺って、お引き取りしてきたことがあります。

その後、私学にお勤めになったと聞いておりましたが、一年たって、今度は転居されるか、帰国されるかするとかで、少しばかり処分したい本があると、お電話をいただいたのでした。

引き取りに来てくれますか、というお話でしたが、量を伺うと3箱とおっしゃいます。しかもすでに、箱に詰められているとか。それならばと、お送り願うことにしたのでした。

送料はもちろん、当方の負担。半日かけて伺うよりは、よほど経済的です。

という次第で送られてきた3箱でしたが、開ける前から予想していた通り、大学教師らしからぬ一般読み物、それも今時の小説類が大半。

前回もそうでした。不思議に思って、ご専門が何かと、調べてみたことがあります。すると私学のHPには英語教育・創作とあり、駒場時代の肩書きには外国人教師、小説家とありました。

以前から、研究者らしからぬ雰囲気を感じておりましたので、いわゆる専門書類が、ほとんど見当たらないのも道理だと、納得したものです。

RIMG1142市場に出しても、送料を回収できるかどうか覚束ないところですが、店で表に並べておけば、やがて捌けていくものと、過去の経験から信じております。

しかし今回、一緒に箱詰めされていた30冊ばかりの婦人雑誌、これはいささか不安。果たして売れるものでしょうか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月04日

佐藤さんを偲ぶ会

昨年11月、98歳の誕生日を迎えた翌日に、卒然とこの世を去られた、崇文荘書店・佐藤毅氏を偲ぶ会が、今日のお昼、学士会館で催されました。

午前11時、会場が開き、遺影が飾られた祭壇に参会者が順次献花。およそ100名ほどでしたでしょうか、ほとんどが古書業界関係者で、しみじみとした中にも、どこか和やかな雰囲気を感じました。

氏の享年から考えてもお分かりのとおり、集まった顔ぶれの中に先輩はもとより、同年輩も見当たりません。たいていは、業界の後輩として、氏を仰ぎ見てきた者ばかり。ABAJ、神田支部、同期理事会、洋書会といったつながりの人たちです。

司会者が略歴を紹介するあいだ、伝説的ともいうべき先達のお名前が次々とあわられるのを、しきりに頷き、時に小さな嘆声を挙げて傾聴する、ある同業の姿が印象的でした。

何しろ居並ぶ同業も、大方は店主より年上です。久しぶりにお目にかかる、随分と懐かしいお顔も多く、それはまた参加者それぞれにとっても同じことのようで、初めに感じた和やかな雰囲気は、このちょっと同窓会めいた気分が醸し出していたのでしょう。

三名ほどがお別れの言葉を述べられた後、献杯となり、簡単な立食が供されて、さらに思い出話などが続くところでしたが、店主ほか四名の明治古典会幹事は、早々に退席させていただき、市場に戻りました。

あとから聞くところによると、15分ほどのビデオが上映され、良く出来ていて見ものだったとのことです。

スピーチに立ったお一人、八木書店の八木壮一さんが、佐藤さんの言葉として、古い古書月報の記事を引用しておられました。

それを聞きながら、店主が洋書会に入って間もない頃、お店にうかがってお話を聞き、洋書会の記事として、月報に寄せたことがあったのを思い出しました。
RIMG1135
内容はすっかり忘れておりますので、今度、組合に保存されているバックナンバーからその号を探しだし、もう一度読んでみようと思います。

konoinfo at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月03日

読み鉄

朝から雨。白秋の童謡を思い出すような雨です。

RIMG1140『日本の古本屋』リニューアル会議の日ですが、店番が急な風邪ひきで、代わりの手当てが付きません。やむを得ず、会議欠席のメールを出し、一人で店を開けて店番をいたしました。

しかしこの雨で、午前中は誰一人、表に立ち寄る方さえおられません。こんなことなら、店を閉めて出かけても良かったかもしれないと、空しい気分になりました。

お昼に、駒場東大前駅の駅員さんが来られ、残り少なくなったNゲージの中から、数点お買い上げ。

「やっぱりお好きなんですか」と尋ねると、本も集めておられるようで、ある本の題名をおっしゃり、「発行部数が少なかったのか、どこにもみつからないんです」

お帰りになったあと、その書名であちこち検索をかけてみました。表記が幾通りかありそうでしたから、考えられる限りの組み合わせで試したうえで、国会図書館にもないと分かった時、もしや記憶違いではと気が付きました。

そこで幾つかのキーワードで検索をかけてみると、おそらくお探しの本だろうと思われるものが見つかりました。

あらためて『日本の古本屋』で検索すると、二件だけですがヒットいたしました。ない本ではなかったのです。

代わりに注文して差し上げようかとも思いました。これが一件だけならそうしたでしょう。しかし似たような金額で二件出ていて、どちらを注文するか迷います。

駒場の駅員さんはどうやら交代制で、常勤というわけではなさそうですが、今度、お見かけしたときにでも、情報をそのまま伝えることにしようと思います。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月02日

労賃に換えて

蔵書整理について相談したい、という連絡をいただいて、駒場の研究室に出かけました。二日ほど前のことです。

キャンパス内は桜がちょうど見ごろ。最近では情報が広まって、電車に乗ってわざわざ花見に来られる人も増えています。お天気が良かったこともあり、正門付近にはご年配の小グループが、多く目につきました。

お呼びいただいた先生とは、これまで面識がありません。ただ、著作などで令名は存じておりましたので、どんなお話かと、多少の期待を持って伺ったのです。

お会いしてみると気さくな先生で、店主と同年配ということもあり、肩ひじ張らずお話が出来ました。

ご用向きは、来年の3月末には退官となるので、今から研究室の蔵書を、整理する計画を立てておきたいということ。

確かに壁面だけでなく、中棚まで増設し、各棚目いっぱい本が詰まっておりますが、これほど早手回しのご相談を受けたのは、初めてのことです。

店から近いことですから、少しずつ整理して、その都度お呼びいただいてもよし、あるいは必要な本を全部片付けられてから、最後に残りを一度に引き取らせていただくもよし、どちらでも、とお伝えしました。

RIMG1129結局、先生に下駄を預ける形で、その話はいったん打ち切りになりましたが、研究室の外の廊下に段ボール箱が積まれていて、その処分が目下のお悩みのようです。

全部で12箱あるうちの10箱までは、学会誌、紀要といった雑誌類。残りの2箱に書籍が乱雑に詰められていました。つまり学生さんたちが抜き取った、その残り。

それでも少しは商品になりそうな本も見受けられましたので、「こちらを引き取りましょうか」と申し上げると、「できれば、雑誌の方もお願いしたいのですが」。

10箱の雑誌を片付けるお駄賃に、2箱の本をいただくような恰好となりました。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月01日

Dylanフリーク

今日から四月。また洋書会の当番月が始まりました。

朝10時に会館につくと、すでに今日の出品物が会場に運び込まれており、すでに来ていた同業は作業を始めておりました。

出品の量は少なめながら、なかなかヴァラエティに富んで良い感じ。しかも、仕分けにそれほど苦労するようなものもなく、お昼前には準備が終わってしまいました。

RIMG1097当番の一人が買ってきてくれたお弁当を早めにいただくと、開札の3時まで、やることがありません。もちろんそれぞれ、入札という大事な仕事が残っておりますが、それにしても時間がたっぷり。

おもむろに食後の雑談が始まりました。初めはさすがに本の話、そのうち話題は移り、いつの間にやら音楽談義に。ロック、ジャズからポップスまで、洋書会会員、なかなか語る人が多い。

そのうち、誰やらの音楽が使われていたのは、なんという映画だったかというような話で、肝心の映画の題名がなかなか出てこないところ、入札に来ていた若い同業が、一言そのタイトルを叫びました。

そのあたり、店主は他のことをしていて話に加わっていなかったので、今、何一つ固有名詞が出てこないのが残念です。

ただ話に熱中するあまり、声が高くなり、会場中に筒抜けであったことは間違いありません。罪のない話題でよかった。

解答を叫んだのは、東京の山奥(変な言い方ですが本当です)に自宅兼倉庫を持ち、精力的にネット販売を行っている30代男性組合員。とにかく数をこなすタイプで、日々寝る間もないとぼやくのを聞いたことがあります。

W君としておきましょう。彼もまた音楽好き。超がいくつもつくほどのBob Dylanファンだと分かりました。

なにしろ昨日の来日公演初日を皮切りに、東京での全公演は言うまでもなく、札幌、名古屋、大阪、福岡の全都市全公演のチケットも手に入れ、追いかけるのだとか。聞けばチケット代が総額約30万円。

「仕事なんかしてる場合じゃないですよ」といいながら、忙しげに入札だけして、すぐに去っていきました。


konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives