2014年06月

2014年06月10日

素直に喜ぶ

RIMG1324昨日、注文が入った本の一冊が、「アマゾンだとえらく高い値がついている」と、店の者が教えてくれました。

いちいち調べるように指示しているわけではありませんから、なぜその本を調べてみる気になったのかは分かりませんが。

2000年に出版された、歴史研究書の翻訳本。定価が3200円のところ、2000円が小店の付け値でした。登録日は昨年末。店の棚にさしてありましたので、半年は晒されていたわけです。

言われれば気になります。自分でも検索してみました。すると在庫数は1、一件だけの出品で、付けられていた価格は9800円!

あらためて「日本の古本屋」を検索してみると、「キーワードに一致する書籍は見つかりませんでした」というメッセージが現れました。小店の本に注文が入り、表示が消された結果、在庫ゼロとなったわけです。

売れた時に調べることはしませんが、売る前、値段を付ける時点では、一応、二つのサイト(「日本の古本屋」とAmazon)くらいはチェックしております。他店の付け値を、全く無視することは出来ないからです。

もし、当時からこうした状況だったら、本の状態も良かったので、9800円はともかく、定価くらいには付けていた気がします。つまりこの半年ほどの間に、品切れとなり、急に値が上がったというわけでしょうか。

安く売って損をした、ということを言いたいわけではありません。そういう気持ちがまるでないとは申しませんが。

それより気になるのは、ネットセドラーの存在です。プログラムを作ってネット上で本の価格情報を収集している連中が、少なからずいると言われます。意図的に、相場を操作しようとしている例さえあると聞きます。

そういう輩の手に落ちたのでなく、必要とされている方に見つけていただいたのであれば、何の不足もありません。付け値が相場より安くなっているなどということは、その逆の場合ほどではないにせよ、良くあることなのです。

余計な気を回さず、喜ばれているお客様の姿を、思い浮かべることにいたしましょう。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月09日

百科事典の使い道

「百科事典」といえば、古本屋が第一番に敬遠する本であると、最近はかなりご理解が進んでいるようです。

時おり、問い合わせいただく時も、「ダメでしょうね」と、初めから諦めたような口ぶりの方がほとんど。

じつは、ごく最近の版ならまだ値になるのですが、そういうものをご処分されようという方はまずおられません。少なくとも20年、もしかすると40年ほど前の版であることが大抵です。

ですから、その言葉を聞いただけで、まずお断りの文句を考えるのが、普通のケースです。

今日ご来店になったご高齢の男性は、「英語の百科なので、もしかしたら大丈夫かも」と、お考えになり、「捨てるのはいつでも捨てられるから、聞くだけ聞いてみよう」ということでお越しいただいたのでした。

確かに洋書の場合は、その中身ではなく、装丁にまだ商品価値があります。いわゆるディスプレイ用として。

もちろん、大した値になるわけではありませんが、ツブしてしまうのはもったいない。そうご説明すると、「一冊持ってきてみましょうか」とおっしゃいます。

「タイトルが分かればそれには及びません」と申し上げると、携帯にメモされている書名を見せてくださいました。

Funk and Wagnall という文字列が見え、「ああ」と思わず声が出ました。Britanica か Americana を想定しておりましたから。

その二つに比べると、ずっと数は少ない、まあわが国ではレアなものです。しかしレアだからと言って、値がつくわけではありません。実際は逆。

RIMG1319そのわけは、この本の装丁の色にあります。落ち着いた色ですが、赤茶系。ディスプレイでは一番人気のない色なのです。

専門にしている同業に、買い取れるかどうか、確かめた上でお返事しますと答えて、お引き取りいただいたのでした。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月08日

一日の違い

せめてもう一日早くご注文いただければ、と、朝一番でパソコンを立ち上げ、受注メールを確認してガックリ、落胆いたしました。

3点計5冊まとめて14,500円という、小店としては高額のご注文をいただいたのですが、その3点とも昨日売れたばかり。

その売れたというのも、南部の大市に出品して、買い手がついたのでした。

お客様から買い入れたのは一年前のこと。8巻12冊に別巻が付いて全13冊というシリーズの内、別巻を欠いた12冊をお売りいただきました。

まだ新刊が出ていることでもあり、本の状態にもばらつきがありましたので、1巻ずつ値を付けて、ネットに上げておいたのです。

それから一年間、まるで売れそうな気配もなくWEB上に晒されていました。

先週初め、南部の事業部から「大市に出品するものがあれば集荷に回ります」という電話をいただき、これを翻訳すれば「ぜひご出品を」という意味ですので、何とか出品物を捻り出そうと在庫を見直しました。

南部の大市は取引最低価格1万円ですから、それ以上の札が入るものでなくてはなりません。

RIMG1326お付き合いとはいえ、出品するからには売れて欲しい。とはいえ、仕入れて間のないものや、逆に、時間をかけても自分で売りたいものは、出品を避けたい。

すると貧しい在庫の中で、選ばれるものは自ずから限られてきます。このシリーズなどが、まさにうってつけと思われたのでした。

イスカの嘴の食い違いとはこのことです。救いは、市場で売れた価格が14,000円であったこと。

市場で12冊14,000、お客様なら5冊で14,500円。ずいぶん損をしたように思われるかもしれませんが、残りが売れるという保証はありません。その残りを市場に出したところで、幾らにもならないでしょう。

などと自分を慰めている場合ではなく、それより、一日でも早くデータを消していれば、お客様にご迷惑は掛かりませんでした。反省すべきはこちらです。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月07日

五反田でお昼

降り続く雨。

南部地区大市会で五反田に。ただ入札するだけで、お手伝いをしなくなって何年経つでしょう。

RIMG1325幸い、と言っては叱られますが、今年は出品が少なめで、今の事業部体制ならロートル店主の手伝いは必要なさそう。安心して、引上げました。

しばらく前に南部でも、「ヌキ」と呼ばれる売買伝票が、手書きからパソコン入力に変わりました。本部の市では10年以上になる方式が、ようやく地区の市でも採用されるようになったのです。

しかしそのおかげで、リストラにあった人たちがいます。ほかならぬ、ヌキを書く人々。この作業は、ベテラン支部員たちの聖域だったのです。店主なども、まだ十年早いという雰囲気でした。

多い時は6〜8人ほどいたでしょうか。机を取り囲んで座り、冗談を飛ばし合いながらも、真剣に伝票を書いていた先輩たちは、手伝いの場を失いました。

時の流れとはいえ、一抹の寂しさを感じます。店主にしても、力仕事のお手伝いは辛くなったので、いよいよヌキでも手伝うか、というわけには行きません。その気があるかどうかは別として。

さて、安心して引上げたのは、久々にかつての恒例行事、「グリル・エフ」での昼食会を約束していたからです。

ひと頃、毎月のように、入札を済ませてから数人の決まったメンバーで、駅前の通り裏にある、小さな料理店に出かけて、これもお決まりの料理を食べたものでした。

カニクリーム・コロッケを各人に、レバーソテーはみんなで一皿。食後は、特色あるコーヒー。時にはハヤシライスや、オムレツ、カキフライなどということもありましたが、基本はこれ。

今日も、その王道メニューでひとしきり昔話の後、外に待つ客と入れ替わるように店を出て、依然として降りしきる雨の中、店に戻ったのです。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月06日

『金平糖』

RIMG1328昨日から梅雨に入ったとかで、今日も一日本降りの雨。雨で干上がるというのも妙な言いぐさですが、店の方はまさに干上がったような状態。

それでも市場はmust go on、朝から明古に出勤いたしました。

量は決して少なくなかったのですが、何故かいつもより早い時間に準備が終了。出品物の質も、まずまず。とりわけ最終台には、いくつか面白いものが並び、良い市になりそうな予感。

なんといっても衆目を集めたのは、出品者がそれと気づかずに持ち込んだ、アンディー・ウォーホルのサイン入りシルクスクリーン3枚セット。一枚の大きさはB2判ほどだったでしょうか。

来日記念に日本で製作されたものといいます。人気の高いアーティストの作品ですから、かなり良い値がつくのではと期待され、実際に、今日の最終発声品となりました。

しかし店主は、それよりもずっと小さい、B6判より小ぶりな、薄茶けた藁半紙を綴じただけの小冊子に、関心を持ちました。

ガリ版刷りで本文18ページ、表紙には「金平糖」と太い文字。簡単なイラストも描かれています。

目次には十編前後の詩の題が並び、それぞれに作者名が付されていて、その中に「谷川俊太郎」の名。奥付を見ると1948年の日付。

17歳の谷川が、初めて二編の詩作を発表したとされる小雑誌がこれでした。ちなみにイラストも谷川。

これも、荷主さんはそれと知らず、他の本と一緒に持ち込まれたのです。その中から、この一冊を抜き出したのは、われらが事業部員。身内褒めのようですが、これこそが市場仕事の醍醐味でもあります。

落札されたのは、誰もが順当と思う専門書店。そのご当人に尋ねたところ、彼も初めて目にしたそうです。

「こんなものが出てくるのですね」と興奮気味に、その発行人に関するエピソードも、色々と話してくれました。彼にとっては、決して高い買い物ではなかったはずです。

konoinfo at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月05日

終日目録校正

明治古典会七夕入札会目録の初校正、集合時間は午前10時。

渋谷で地下鉄に乗り換える時、発車のベルに、前を歩くご老人がその前の若い女性を追うようにして小走りになり、「まずいんじゃないか」と思う間もなく、女性に続いて最後尾車両に飛び乗って、ほっとしたご様子です。

やがてドアが閉まり、店主がその前を通り過ぎるころには、動き始めました。

どのあたりで、女性専用車両に気づかれるでしょう。店主より明らかに年上とお見かけしましたが、ご自身が「老人と体のご不自由な方」に属するとは、思っておられないはず。

気づいてから、次の駅までの時間が、さぞかし長く感じられることでしょう。

RIMG1327余談はさておき、今日の初校は、思わぬ時間をとりました。去年までの感覚で、ゆっくり始めたこともあって、いくつかある担当分野の中でも、一番遅くまでかかってしまったのです。

何しろこれまでは、長年「地図」の分野で、手慣れていた上に、点数も次第に減ってきていたため、常に一番最初に作業を終えておりました。

お昼をいただくころには、あらかた目途がつき、午後はお茶まで待たずに解散というのが恒例。まわりの羨望のまなざしを受けながら「お先に」と、帰っていたものです。

今日は、3時のお茶になっても、一向に先が見えません。遂には作業を終えた他分野担当から、一人、二人とお手伝いに来てもらう始末。

結局、作業を完了したのは午後5時過ぎ。お手伝いに感謝するとともに反省です。過去、そのようにして他分野の仕事を手伝ったことは、ほとんど記憶にありません。

ただ、言い訳させてもらえば、「お先に」といっても帰るわけではなく、他の仕事に向かったのです。今日、同時に開かれていたリニューアル会議のように。

早く作業を終えて、そちらに出席するつもりが、今日は終りの数十分、顔を出せただけでした。

konoinfo at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月04日

オレ様書店

RIMG1323昨日、洋書会の合間、古書会館6階の事務フロアに上がった時、知り合いのT書房さんから「日本の古本屋」のことで質問を受けました。

より正確には「日本の古本屋」に参加している一古書店の、不適切な顧客対応についての問い合わせです。

少し話が込み入っていますが、某古書店から理不尽な対応を受けた(と感じた)お客様が、別の古書店にどうしたものだろうかと相談し、その古書店がT書房さんにそれを伝えた結果、店主にお鉢が回ってきたという次第です。

話の内容と言うのは、某古書店から「日本の古本屋」を通じて本を購入したのだが、公費請求するために領収書が欲しい。そこでその旨を連絡したところ、一切ナシのつぶてで、返事もなければ送られても来ないというもの。

その古書店がヘソを曲げたのだろうということは、想像がつきました。幾らの本を買われたのか分かりませんが、あとから領収書を送るとなれば、新たに切手代が必要です。初めから知らせて欲しい、と言うところでしょう。

そのあたり、同業として気持ちは分からないでもありませんが、あまりに大人げない対応であることは確かです。

小店でも、かつては同様のケースが時おりありました。多少不合理な感を抱かなかったとは申しませんが、求められて、お送りしないことはありませんでした。

しかし先払いを原則として以降、発送は入金確認後ですので、すべて領収書を同封することで、この問題に悩まされる気遣いは、なくなっております。

何はともあれ、地方から参加しているその店の、店舗情報ページを見てみました。すると先払いが原則となっているようです。不合理を解決する手段は店側にあったわけです。

しかしそんなことより、そこに書かれている文面に驚きました。たとえば、現在不払いなどが多く犯罪防止のため請求代金を前払いとするが、過去二年以内に正常な取引きがあれば別扱いとなるので、コメント欄に明記を。 という具合。

別に公費購入は10000円以上に限るが、過去一年以内に取引きがあれば別。 と言う文もありました。お客様へ向けた文章とは思えません。

個人の営業姿勢をとやかく言うつもりはありませんが、「日本の古本屋」のマナーとしてはいかがなものか。注意を促すべきかと考えたのですが、最近、退会されたということです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月03日

「横書謡本」

「観世流の『横書謡本』を、扱っておられませんか、こういうものです。人から借りたのですが」と目の前に差し出されたのは、ほぼ謡曲一番本の大きさの、同じような和綴じ装。

ただしあの紺地ではなく、半晒紙のような黄土色の表紙で、左綴じ。表題は横書で「吉野天人」とあり、その上に少し小さめの活字で「横書謡本」と打たれています。

一番本同様、檜書店の出版ですが、現在は絶版だとか。初めて目にするものです。「やっぱり神田あたりで聞かないと無理ですかね」と言われるので「日本の古本屋」で検索をかけてみましたが、該当なし。

念のためにAmazonを調べてみると、おそるべし、5点が表示されました。それぞれ1軒ないし2軒の出品で、その価格が安いものでも7000円、高いものは25000円とついています。(ちなみに演目は「鶴亀」「菊慈童」「土蜘蛛」「橋弁慶」、そしてこの本。「吉野夫人」となっていたのがご愛嬌でした)

「自分だけなら買ってもいいけど、一緒に稽古している仲間と使いたいので、何冊か欲しいから、ちょっとその値段ではね」と言ってお帰りになりました。

と思ったら、しばらくして戻って来られ、「この先のコピー屋さんに話したら、カラーコピーで、製本までしてくれて、一部1500円というので、頼んできました」。

確かにお稽古用のテキストですから、使う側としてはコピーで構わない訳です。シケプリのようなもの。

「60過ぎて始めると、覚えが悪くて、先生に叱られてばっかり。この本は楽譜のように横線が引いてあって、文字に高低がついているのがいいんです」

改めてお顔を拝見すると、店主と同年輩のいわゆる団塊世代。いっそ音符であらわしてもらった方が、呑みこみやすいということかもしれません。
RIMG1322
我らの世代にとって(もしかしたらそのずっと前から)、音楽教育と言えば、西洋音楽を学ぶことでしかなかったことの、一つの帰結というべきでしょうか。

konoinfo at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

空振り二つ

今日も昨日に続いて暑い。きっとまたどこかで猛暑日となっていることでしょう。

その暑い中を、自転車で乗り付けたご婦人。「本は買っていただけますか?」という問いに、もちろん「はい」とお答えすると、おもむろに紙袋を運んでこられました。

都合4袋。「重かったでしょう」「バランスを取るのが大変でした」

さて、袋の中を改めると、これが殆ど受験参考書や問題集。大学用であったり、英検用であったり。

しかも、この手の本の常として、書入れ、解答の切り取り、付属CDの取り剥がしなど、つまり使用済みです。

「持って帰るのですか?」と辛そうな声を出されるので、置いて行っていただくことにしました。暑さの中を、どこまでお帰りになるのか、途中で熱中症にでもなられたら困りますし。

この本を使われた受験生は、無事東大に合格されたとのことですから、この先読まれるような本なら、小店でお引き取りできるものもあることでしょう。

お見かけしたところでは、大学生のお子さんがおられるとはとても見えないご婦人に、そのようにお伝えしました。

資源回収は今朝でしたので、一週間、どこかに置いておかねばなりません。

昨日は昨日で段ボール二箱のお持込があり、開けてみると出てきたのは、30年以上は物置に放置されていたようなイタミ具合の本。湿気やヨゴレもついています。

Eisenstein「何か生かせるものがあればと思って」というおこころざしをありがたく頂戴し、そのままお引き取りして、今朝の資源回収に出しました。

実際に「生かせる何か」が紛れていることもあるのですから、もう一度、よく目を通した上で。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年06月01日

クレジットへの道

時おり、お客様から「カードは使えますか?」というお尋ねを受けます。

「申しわけありません」とお答えすると、「それじゃ今日はこれだけに」とおっしゃって、お選びになった本を何冊か、棚に戻しに行かれることがあります。

そういう方が、その時戻された本を、改めて買いに来られるケースは、まずないと思って間違いないでしょう。いわゆる機会損失というやつです。

カード会社との契約が、もっと楽にできれば、小店だってカード支払を受け入れることにやぶさかでないのですが、小規模自営店にとっては、とても敷居が高いというのが、かつて何度か調べてみた結果でした。

導入に必要なコストの方が、機会損失で逃している利益より明らかに大きい、というのが今日までの状況であったわけです。

ところが先日、同業が面白い仕組みがあると、教えてくれました。楽天の「スマートペイ」というシステムです。

主要なカード会社には、ほぼ対応。カード手数料は3.24%という低率。楽天銀行に口座を開けば、カード代金は翌日入金。初期費用、利用料金ゼロ。カード読み取り端末も、無料で送付。

いいことずくめの、まるで嘘のような話です。これでいよいよ小店も「カードご利用いただけます」と看板が出せる――と、そう思いました。

ただし、カード読み取り端末は、タブレットPCかスマートフォンに接続するようになっているため、もしそれらがなければ、まずそれを持たなくてはなりません。

RIMG1304そこでこの際、手頃なタブレットPCでも買うことにしようと検索しているうちに分かったことは、このシステムに対応するためには、そこそこの価格、少なくとも4万円以上の機種が必要だということです。

それならば、ケータイをスマホに乗りかえることにしようかと、幾つかプランを調べてみますと、いったいいくら払うことになるのか、これがとても分かりにくい。第一、スマホを決済端末にするとなると、それを持って出かけることができなくなるではないですか。

というところで、思案が続いております。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives