2014年10月

2014年10月31日

The times they are a-chagin'

もう何年も前から、こんなことになっていたのでしょうか。だとしても、年々急速に広まっていることは間違いないでしょう。

RIMG1670ハロウィンナイトの渋谷駅界隈は、仮装の若い女性たち(中には男性も)が、そこここに群れ集っており、いつもとは雰囲気の違う人ごみを通り抜けながら、ちょっとした浦島気分にさせられました。

そこにいたるまでの今日は、いつものように明古があって、いつもの仲間と、馴染みの店で食事。まさに日常の中で過ごしておりましたので、余計に落差を感じたのかもしれません。

その食事に向かう途中、靖国通り沿いに並ぶ「古本まつり」の露店を、冷かして歩きました。ほとんどは顔見知りですので、労いの言葉よりも、つい軽口の方が先に出ます。

しかし返ってくる声は、あまり景気の良いものではありません。年ごとに開催期間が長くなり、今年は先週土曜日から来週火曜日までの11日間。商売とはいえ、体には応えることでしょう。長くやっている業者ほど、昔と比べてしまい、嘆きも大きいようです。

昔と言えば、こうした露店は、古本屋のルーツ形態の一つでもあります。現在隆盛を誇る老舗のなかにも、露店から出発したという店が少なくありません。

そうした過去へのオマージュとして、この催しを捉えることもできますが、現実には各店、それほどの余裕はなさそうで、どの店からも懸命さが伝わってきます。

ものの乏しかった時代、新刊本を手に入れることも難しかった頃には、古本屋は確かなニーズに支えられた商売でした。

いつしか需給バランスは逆転し、もの余りで膨大な古本が生み出されるようになった現代、果たしてどんなニーズがこの業界にあるのでしょうか。

安売り以外に、世に容れられる意義を、いかに言語化し、どう発信していくかが、生き残りの鍵だとは分かっているのですが。

konoinfo at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月30日

指まで腫らして

1414535778934-793593673昨日の夜から、右手の人差し指が軽い痛みとともに、しびれてこわばってきました。触ると熱を持っています。

しばらく考えた末、これは「ダブルクリック指」だろうと結論しました。名称は勝手に思いついたものですが、検索すればすでに誰かが名づけているかもしれません。今さら調べる気にもなれませんが。

いずれにせよ、昨日一日熱心に在庫データの見直しをして、修正したり、削除して「洋書まつり」用に廻したり、という作業をした報いのようです。

果たしてこの苦労が、売り上げに結びついてくれるでしょうか。

さて今日は、お昼前に古書会館へ行き、お昼を挟んで「日本の古本屋」リニューアル会議。もっぱら、書店側の書籍登録画面について検討しました。

確かに便利な機能が用意されているのですが、いざ新しい画面を見た時に、抵抗なく受け入れてもらえるかどうか。使いこなそうという気になってくれるかどうかが、心配な点。

お客様側から見た画面のほうも、まだまだ多くの懸案が残っています。積み残しは避けられません。オープンまでに完成させておくべき部分の取捨選択が、こちらについては緊急課題です。

一方、移行のためのスケジュールも固まってきて、その手順については、リハーサルなども着々と進行中。午後からはその会議もあったのですが、店主は所用もあり、失礼させていただきました。

帰る前、組合の広報部職員に、「ヘーゲル自筆本」展示の件について、確認を取りました。先生の方には了承をいただいたということで、展示することは確定。

折角の展示なので、なにかご本人からのレクチャーはいただけないのかという要望も出るところですが、それらについては、改めて先生とのご相談の上ということでした。

少しでも大勢の方に来ていただき、併せて即売展も見ていただければ、言うことはありません。売り上げはもちろん期待したいところですが、まずはこうした催しがあるということだけでも、知っていただく機会になればと思います。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月29日

「ヘーゲル自筆本」を展示

願ったりかなったり、というような話が舞い込んできました。

「洋書まつり」の準備に精を出していた(というのも、さっぱりお客様が来られないからですが)今日の午後、組合の広報部担当理事から電話が入りました。

このブログでも二度まで触れた「ヘーゲル自筆本」を、手に入れられてお調べになった研究者の方が、マスコミにお披露目するための場所を探している。ついては、今度の「洋書まつり」の会場で、展示してもらえないだろうか――というのです。

「洋書まつり」は洋書会メンバーが中心ですが、そもそもこの本、我が洋書会で発掘されたという因縁もあります。発掘した当の書店も参加しております。

もちろん、この話をいただいたときに、まずはその書店さんに確認をいたしました。迷惑が及ぶことも考えられますから。

しかし、取り越し苦労に終わりました。ご本人はまったく意に介されていません。それどころか、「洋書まつり」の宣伝になると、喜んでくださいました。

さてそうなると、広報部がどのようにしてこれを告知してくれるのか、期待が高まります。

マスコミへのプレスリリースだけだと、当日、確かにマスコミはやってきてくれるかもしれませんが、それから記事になるのでは、会への集客にはつながりません。

できれば一般向けにも、こういうものが、この日、古書会館の即売展会場に展示されるということを、広く知らしめてもらいたいものです。

他人の褌で相撲を取るような、厚かましい希望ではありますが、宣伝力のない(つまり予算のない)当会としRIMG1680ては、藁をも掴みたい気持ち。会員それぞれにも、この話を広めてもらおうと思います。

しかし本当は、誰よりも私たち会員が、その本を見てみたいのかもしれません。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月28日

高いか安いか

あまた届くジャンクFAXのなかに、「高過ぎる家賃を払っていませんか?」というものがありました。一度見て処分しましたから、うろ覚えですが、確か10年前と比べて下がっていないなら、それは払い過ぎ、というような文言でした。

家主との値下げ交渉を代行するというものです。完全成功報酬制とか。ただし終りの方に、月額家賃50万円以上の方ご相談ください、というような文があって、幸か不幸か、小店は対象外のようでした。

店主も以前、家主さんではなく仲介不動産屋さんに、少しくらいは何とかならないのかと、訊いてみたことがあります。あっさり一蹴されましたが。

その時、思ったのは、確かに一万円や二万円を拝み倒して下げてもらっても、小店の収支改善にさしたる効果はないということでした。といって3割4割値下げしてほしいという話では、通るとも思えません。

払いきれない時は、潔く辞めるしかないと、腹をくくりました。などというといかにも立派ですが、現実は青息吐息。下げてもらえるものなら、たとえ一万円でも、というのが本音です。

RIMG1684こんな話をいたしましたのは、もっか古書会館の即売展に携わる人たちのなかから、会場使用料、平たく言えば店賃の、値下げを要望する声が出始めているからです。

ご多聞に漏れず、古書会館の即売展でも、売り上げの低迷に苦しんでいます。毎週末、異なるグループ(同人)が出展するのですが、どの同人も、ほぼ似たような状況です。

値下げを望む気持ちは、初めに申しあげたような次第ですから、店主にも十分理解できます。しかしそれと同時に、値下げでは解決にならないだろう、とも思うのです。

また、古書会館は東京組合員共有の財産であり、一定の対価を支払うことによってそれを使用する権利を得ているのですから、その使用料が高いか安いかは、使用者の判断ではなく、組合員全体の判断すべきことになります。

問題は使用料の高さではなく、売り上げの不振のほうです。それをどう克服していくか。この点にこそ、皆で知恵を絞りたい――とこれは店主自身へ向けての言葉でもあります。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月27日

雑誌とオモチャ

ご近所の歯医者さんの奥様が、ご自宅で読み終えた雑誌を、その都度一冊、二冊と持ってきてくださいます。

売り物になる雑誌も、そうでない雑誌もありますが、お代を求められるわけでもありませんから、ありがたく頂戴し、売れそうなものはすぐに値を付けて表に出しますと、最近の号が多いので、割合すぐに売れていきます。

今日も、月刊誌pen[ペン]の10/1号をお持ちくださいました。

ふだんはいちいち中を見るわけでもないのですが、何気なくパラパラと開くと、小店にあるのと良く似た業務用掃除機が載っているページに目が留まりました。カタログのようにメーカーと価格まで載っています。

その隣に、バルーン投光機(その名は初めて知りました)が並んでいます。工事現場などに使う、とても明るいやつで、こんなのを店の表に置けば、これからの季節に威力を発揮するのではないかと、価格を見ると¥450,000。桁を確かめて、諦めました。

このページにつけられた見出しは「日本通」がイチ押しする、知られざる逸品。ほかには砥石&革包丁、鰹節削り器、伸縮式コーンなどが並んでおります。一枚前へめくるとその「日本通」についての記事が、写真とともに掲載されていました。

その写真を見てビックリ。「ポスタルコ」のクリエイターと紹介されているマイク・エーブルソンさん(この名も今回初めて知りました)は、ご近所の顔見知りです。

ご本人は、来日当初、一、二度店に来られたくらいですが、後に奥様が時々、お買い上げや、ご整理にご利用いただくようになって、そのブランドの名は知っていました。

ちなみに、この月刊誌の、この号の特集は「カワイイ」JAPAN

RIMG1668クールジャパンといえば今や国策のようなもので、日本のポップカルチャーを世界市場に乗せようと、経済産業省あたりが血道をあげているようですが、成長戦略のひとつなどと言われると、ちょっと白けてしまいますね。

ところで、頂戴した雑誌。奥様がお孫さんを連れて散歩の折に、せがまれて表の100円オモチャをお買い上げくださることがありますので、そんな時にオマケをしたりして、埋め合わせをしております。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月26日

便利の落とし穴

ISBNコードの表示義務化に、欧米で最も強く反対したのはフランスの出版界だったということを、どこかで読むか聞くかした記憶があります。

もっぱらデザイン上の問題から、抵抗が大きかったと。

それかあらぬか、フランス書籍のISBNコードは、往々にしてとても分かりにくいところについていることがあります。豆粒のような数字が、仕方なく、いやいやながら、といった様子で隅の方に載っていたりします。

ハイフンの代わりにドットが打たれていることが多いのも、目立たせない工夫かも知れません。

バーコード表示になっても、何とか少しでも全体のデザインを壊さないように工夫をしているようです。日本ほど表示位置や、大きさなどの規則が厳しくないのかもしれません。読み取れるかと思うほど、小さなバーコードがついていたりします。

RIMG1688写真のプレイヤード叢書の場合、ご覧のとおり函の地に印刷されていて、ヒラの部分にはコードのコの字もありません。

それほど冷遇されているISBNコードですが、検索するときにはとても便利で、値段調べには重宝させてもらっております。

たとえば、このプルースト『失われた時を求めて』などのような場合は、著者と書名だけでは実に様々な版があり、全く同定できません。プレイヤードという叢書名まで入れて、巻数を入れて、ようやく目指す本にたどり着くことができるわけです。

ただしこの本は、新版(全4冊)と旧版(全3冊)では、まったく編集が違います。不思議なことに第1巻から第3巻までは、叢書の通し巻数も同じ(100-102)ですから、校註者まで調べなければ、どちらの版かが分かりません。

その点ISBNなら一発で分かる――筈のところですが、その区別も定かでなく、ネットに便乗出品している人が外国にもおられるのですね。日本のサイトと違い、それが素人さんかプロなのか、判断しづらいのが困るところです。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月25日

数は力なり

世の中には実に様々な団体があるものだと、改めて知りました。

「文化芸術振興議員連盟」という組織があり、一方に「文化芸術推進フォーラム」という組織があって、どちらが鶏でどちらが卵かは存じませんが、手を携えて我が国に「文化省」を作ろうという運動をしています。

日本は「文化」をもって立つべきで、そのためには現在の文化庁を格上げするのではなく、省庁再編により新たな省を作って「文化立国」を進めよう――というその趣旨自体は、まことに反対すべきところのない立派なものです。

それゆえにこの議員連盟には、自民党から共産党まで、党派を超えて衆参両院の96名(2014年9月現在)の方が、名を連ねておられます。

その議員連盟を後押しする推進フォーラム側には、公益社団法人日本芸能実演団体協議会(芸団協)、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)をはじめ、15の組織が参加しています。

各組織はそれぞれが参加に団体組織を抱えた協議会、連合会などですので、その全体の団体数は一体幾つになるのか、見当もつきません。

RIMG1641今回、この15組織の一つ「全国美術商連合会(全美連)」さんが、わが古書組合に対し「仲間に入りませんか」と声をかけてこられました。

昨日、理事長とともに、古書会館の応接室で、全美連会長さんほか三名の方と、一時間近くにわたり、面談をしたのです。

全美連は美術商唯一の全国組織として、各地の美術商協同組合、及び洋画・版画・浮世絵・刀剣の各協同組合の組合員さんを中心に構成されています。

ただ、推進フォーラムのなかでは、抱える会員数が少ない組織なので、発言力を高めるために、少しでも会員を増やしたいというのが、今回お声掛けいただいた理由のようでした。

団体の利益のために、役員として熱心に活動されているご様子には、頭が下がりました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月24日

我慢が足りない

イメージ (166)いよいよ「神田古本まつり」。

特選会場は今日から始まりましたが、メインの屋外会場は明日オープン。出展するメンバーは今日一日、それぞれの都合に合わせたまちまちな時間帯で、開場準備に余念がありませんでした。

明日は好天の予報。台風襲来でテープカットが中止された昨年のことを思えば、じつに喜ばしいことです。市場で会った神田支部長も、それが何よりうれしいようでした。

一時期、少なくなっていた地元神保町の書店の参加が、ここ数年増加傾向にあり、そのために市場の人手のやりくりに苦労するようになっています。そんなことも影響してか、今日の明古は出品点数も少なめで、早めに終了いたしました。

いつもの夕食会も今日はナシ。珍しく早い時間に帰路につくと、神保町から青山一丁目まで来たところで、電車が動かなくなりました。

「渋谷駅で非常停止しため安全確認を行っています」という車内アナウンス。それほど混んではいなかった車両ですが、停車しているうちに次第に乗客が増えてきます。

手に持っていた冊子をパラパラ眺めて待っていると、やがてホームのアナウンスが耳に届きました。

「渋谷駅までの間、各駅に車両が停車しているため、この電車の発車は遅れる見込みです。表参道、渋谷方面にお急ぎの方は、銀座線をご利用ください」

5〜6回も繰り返されたでしょうか。ついに意を決してアナウンスに従うことにしましたが、乗っていた位置の関係で、銀座線のホームが遠い。ようやくホームへ上る階段近くまで来ると、人が詰まって流れていきません。

あきらめてもう一度半蔵門線ホームに降りると、さっきまで乗っていた電車はすでに出た後でした。すぐ後続が来るには来たのですが、朝のラッシュ並みの混雑。

表参道に着くと向こう側に、嘘のように空いている銀座線が停まっておりましたので、たまらず乗り換えるという、間の抜けた一幕を演じたのでした。

konoinfo at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月23日

レターパックに望むこと

これまでにも何度か書いておりますが、ゆうメール(旧冊子小包)は、書籍を送るうえで本当にありがたい制度です。

比較的安価で、最近は届くのも早い。その上、北海道であろうが沖縄であろうが、全国一律料金というのが、実に助かります。

ビジネスモデルとして考えたら、とても成立しないように思いますが、是非とも末永く維持していただきたい仕組みです。

今日の「日本の古本屋」リニューアル会議では、送料問題がまた蒸し返されて、いつものごとく終了時間が伸びてしまいした。紛糾した原因は、検索結果の一覧画面に、それぞれの店の送料も表示させるかどうかについてでした。

詳しく話していると長くなりますので、委細は出来上がってからのお楽しみとしておきましょう。

ただ、その議論の際に、重量による区別はあっても距離に制限のない、ゆうメールのありがたさを再認識した、とだけ申し上げておきます。

それほど重宝しているゆうメールですが、唯一の欠点は、配達記録が付かないことにあります。

一年に一件あるかないか、という頻度ではありますが、お客様から本が届かないという連絡を受けます。そしてそうした場合、大抵は、結局のところ行方不明のまま終わることになります。

それがごく稀なケースであるということは、送った側にも、受け取るべきだったはずの側にも、慰めにはなりません。

その点、レターパックというのは、ゆうメールの弱点を補ったものとして、とりわけ遠隔地に高額な書籍を送る場合に、この上なく便利です。

しかしこの封筒の形状は、何とかならないものでしょうか。せっかく重さ4キロまで大丈夫と言いながら、厚かったり重かったりする本を入れるには、あまりにも頼りない紙の厚さです。

RIMG1536さらに封筒の口を閉めると、ほとんどいの場合いびつになって、美しくないこと甚だしい。

ここはひとつ封筒ではなく、包み込める形のヤッコ型の紙で販売してもらえないものだろうかと、店主の強く願うところです。

konoinfo at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

開高さんも驚いた

昨日、触れておこうと思って抜け落ちたことがありました。五反田にある南部古書会館での「フリ市」について。

あの画面に映っていたような、テーブルを取り囲んでという形になってから、実のところ店主は、一度も南部のフリに参加したことがありません。

ですから一般の視聴者と同じように、興味深くその光景を見せてもらいました。良く知った場所、良く知った面々が出ていたのではありますが。

そして、しつらえは変わっても、また、扱う量や質に物足りなさは見て取れても、その流れやテンポの変わりなさに、安堵のようなものを感じました。

RIMG1625近年、古本屋を取り上げたTV番組などでは、必ずと言っていいほど、この南部のフリが紹介されるようです。入札と違って、絵になりやすく、いかにも古本屋の市場というイメージがあるからでしょう。

この古本=フリ市というイメージは、開高健が『ずばり東京』(朝日新聞社 1964年)の「古書商・頑迷堂主人」で紹介したあたりから、世間に広まったのかもしれません。

そして、確かそのなかで著者の開高も、ポンポンと本が放り投げられるさまを、驚きを込めて書いていたような記憶があります。開高も、というのは、初めてこの様子を見ると、まず大方の人が驚かれるからです。

で、大抵はここでフォローが入ります。派手に音を立ててブン投げているように見えても、「熟練のフリ手は決して本を傷めない」というように。

今回、このフォローがなかったので、あるいはショックを受けたままの方もいらっしゃるのではないかと思い、敢えて店主がフォローを入れさせてもらいました。

ちなみに開高の本では、フリの他に、廻し、椀伏せといった入札方法も紹介されています。現在の置き入札が主流となったのは、11年前に建て替えられた前古書会館が、1972年に落成して以降のことです。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
Archives