2014年10月

2014年10月21日

人生デザイン U−29「古本屋」

Eテレで昨夜、再放送を見ました。初回放送の時、チャンネルを変えていて偶然眼にし、途中から見たのですが、今回改めて初めから終わりまで。

内容については、「NHKネットクラブ 番組ウォッチ」に端的にまとめられていますので、そのままご紹介します。

東京郊外の古本屋で働く前原航平さん・28歳。競争の厳しい就職活動を嫌い、大学卒業後もフリーターをしていたが、古本屋に憧れ、ハローワークで今の店に出会った。古本屋の“何でもあり”の空気に居心地の良さを感じた前原さんは、ネット販売やカフェでの販売など店のアップデートに取り組んできた。20〜30代が古書業界に参入し、新感覚の古本屋の開店が相次ぐなか、前原さんも独立の道を拓くため新たな古書ビジネスに挑む。

若者応援番組という性格上、当業界も好意的に取り上げられていて、文句をつける筋合いはないのですが、いくつか気になる点がありました。

ひとつは「いくらで買った」「いくらで売った」は、とりわけ市場における売り買いは、従来、こうした番組などでは伏せられるのが習わしだったことです。

それは営業秘密を守るということ以上に、一面的に捉えられて誤解を生みやすいと懸念されてきたからです。俗に「数字が独り歩きする」ことを恐れるわけです。

しかし今回については、そうした数字が番組にリアリティーを与えていた点は認めざるをえません。店主自身、不自然に情報を隠すよりは、ある程度(関係者の了承を得たうえで)ありのままを見ていただく方が良いと考えます。

ただし、そうした場合には、業界としても、より正しい姿が伝わるように、取材側に働きかけることが大切です。もっとも、こちらが働きかけても、そのように対応していただけるかどうかは、相手方の判断に委ねられていますが。

例えば今回のことでいえば、若者が身の丈で始めて、そこで自足できるような業界としてだけでなく、奥行きの深い、社会的にも大きな意義を持つ業界であることを、さりげなくアピールできていたら満点だったのにと残念です。

RIMG1640折から、今朝の日経新聞に、このブログでも以前ご紹介した「ヘーゲル、自著に書評転記 東京の古書店で発見」という記事が出ました。

25分の番組に、ほんの数分でも、こうした視点を入れられなかったものでしょうか。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月20日

自家目録の可能性

イメージ (165)Octoberとありますが、送っていただいてから、ずいぶん経っている気がします。

届いたすぐ後、ご本人に市場でお目にかかって、とりあえずお礼だけは申し上げたのですが、ゆっくり目を通したのは昨日のことでした。

組合に加入されるときに面接をしたというご縁はありますが、律儀に目録をお送りいただくに値するようなことは、何もしておりません。ただ、その専門とされている分野(音楽・芸能史)には店主も興味を持っておりますので、いつも有難く拝見しています。

今回はいつにまして分厚い、A5判446頁。そのかなりの部分が、「昨年末から一ヶ月以上にわたって」市場に出品された「教育資料の大口」によるものだそうです。

扉の裏にある「本書をN氏に捧ぐ」という献辞は、その大口の旧蔵者であった、「同業の先輩方にはよく知られた収集家」をさしています。

このN氏の蔵書については、もちろん大きな話題になりました。即売展という即売展で、まずこの方の名を知らない業者はいなかったでしょう。そればかりか、個人目録や店頭でも買い続けておられました。小店にも、かつて即売展に参加していた頃に、ご注文いただいた記録が残っております。

こうした大蒐書家の蔵書が市場に現れると、店主より上の世代が第一に感じるのは、また一人、上客がいなくなったということです。しかし、「古本屋稼業10年目」という風船舎さんは、編集後記にあるとおり、蒐書家の「思い」に突き動かされるものを感じられたのです。

そこに羨ましさとともに、新たな可能性を見るのは店主だけではないでしょう。

ネット時代においては、店売り同様、もしかしたらそれ以上に、目録販売は困難な状況にあります。それでも、ネット上では簡単に見つからないものを丹念に集めた目録には、今後も根強い需要が期待できるように思います。

目録の一番の問題は発行部数という制約でした。しかし、必要とされるところへ届けるためにこそ、ネットを活用できるのではないでしょうか。あえてここに、ご紹介させていただいた所以です。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月19日

「神話学入門」

RIMG1644長いこと手元にあったのに、迂闊にも気がつかないでおりましたが、写真の二冊、右がドイツ語原著で左がその翻訳書(ひどい写真ですがご勘弁を)。

長いことと申しますのは、データに登録されている日付こそ2004年ですが、それよりずっと前に入手していたはずだからです。

一方、翻訳書の方はその間、何冊か手に入れもし、売りもしておりますから、この本が何代目かになるわけです。

翻訳書にある「訳者あとがき」により、これが右の原著の「全訳」であるばかりか、「書肆の希望に従って」原著にない「文献一覧」や「索引」も付けられた労作だと知りました。

晶文社というのは、古本屋にとっては毀誉相半、と言っては大げさですが、いささか厄介な出版社です。

というのは、良心的な出版物が多いのに、古書価がそれほどつかないものが多いからです。ネット時代になって、その傾向はますます顕著になっているのではないでしょうか。

その理由は、垢抜けた装丁につられ、ファッション感覚で買ってしまってから、いざ読んでみると本書のように高度な内容のものであったりして、歯が立たずに投げ出してしまう読者も多いからではないかと思います。

ちなみにAbeBooksで原著を検索すると24件(復刊含む)、「日本の古本屋」で翻訳書を検索すると19件ヒットしました。原著の最低価格は19ドルであったのに対し、翻訳書の最低価格は800円(小店は1000円です)。

これらの事実が何を意味するのかは、改めて考えてみることにいたします。しかし良い本が安く買えるのであれば、読者にとっては決して悪いことではありません。日本の読者は恵まれていると言えるでしょう。

折しも東京大学新聞Onlineに「小林康夫先生退官記念インタビュー」を見つけました。「情報ではなく本を読め」「一年間300冊を10年間読んで初めて見えてくる世界がある」

先生、もっと押してください。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月18日

第47回洋書まつり

RIMG1619東京古書会館の一階には立派な受付設備がありますが、諸般の事情により、常に受付係が座っているというわけではありません。

その近くにいて他の仕事をしていたり、あるいは近くにいなかったりもしますが、担当の職員さんはとても有能な方で、訪れる一癖も二癖もある古本ファンにも適切に応対され、良い評判をいただいています。

その職員さんから洩れ聞いたところでは、即売展についてのお尋ねでは「洋書まつり」に関するものが他を圧して多いとか。

と言っても自慢になることではありません。古書会館で年に一度の開催は、同時期の「神田古本まつり」と「洋書まつり」の二つだけで、他は年に2〜6回開いています。

ご質問は大抵「今年もありますか?」「何時ありますか?」でしょうから、要するに告知力が低いことを意味しているにすぎません。他の即売展のように販売目録を発行するでもなく、ポスターも手作り少部数。

小さなチラシと、参加店それぞれのメールなどによる案内、それと「日本の古本屋」メールマガジンが、宣伝のすべてです。

本当に今年もあるのだろうかと、危ぶまれる気持ちも、問い合わせを多くしているのでしょう。

それでも、そのように楽しみにしていただいている方が、確かにお出でになるということは、出展者にとって何よりの励みです。

今年は11月7日、8日の二日間。ブログも一年ぶりに更新しました。好天と、大勢のご来場を期待しております。

ただ一つ残念なのは、今年が第47回という、歴史を誇るこの催しに初回から参加されてきた「ゲーテ書房」さんが、今回不参加となったことです。

これで参加メンバーは中国書籍の内山書店さん以外、全員が古書店ということになりました。時代の趨勢というべきでしょうか。

参加店数は前回より一店少ない11店ですが、展示書籍の数量は前回以上に多くなるはずです。どうぞお楽しみに。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月17日

打ち上げ日が決まる

今日は金曜日でしたが、明治古典会のお話はできません。

と申しますのも、先週以上に市場に顔を出す時間がとれず、午後1時を過ぎたころに4階から3階へと、急ぎ足で一回りしただけだったからです。

それでは何をしていたかと申しますと、午前11時から夕刻6時過ぎまで、「日本の古本屋」リニューアル会議。

大詰めに来て、解決しなければならない問題が、次から次と現れます。胸突き八丁、ホームストレッチ、いろいろな表現が思い浮かびますが、どうも山登りや、マラソンのようなスポーツに譬えるのはしっくりと来ません。

それというのもピークを極めて、あるいはゴールして終わりというわけではないからです。

それでは何に似ているかと言えば、気象衛星の打ち上げでしょうか。打ち上げに成功したら終わりではなく、むしろそれからが重要。企図した通りの働きをしてくれるかどうかが問題。

RIMG1642打ち上げは、我々が当初予定したより、かなり遅れてきています。前回の会議で、もうこれ以上遅らせることはできないという、デッドラインが引かれました。

リニューアルと衛星打ち上げが、似ていると思われる点は他にもあります。あれば便利ということで始まったものが、なくては困るものになってきたというところです。

もちろん古書をネットで販売するためのサイトは、他にないわけではありません。現にネット販売を主力にしながら「日本の古本屋」を利用していない、という組合員だっておられます。

一時期、しくみごとどこかに売り渡し、組合は運営から手を引いた方が良いという意見も聞きました。確かにそうなれば、組合員が会議会議で忙殺されることもありません。

しかし資本の論理からある程度自由な、自前の販売サイトを持っていることのメリットは、決して小さくないと思います。

それにしても、延々と飽くことなく議論を続けるTKIメンバーをみていると、その代償も大きいと感じるのですが。

konoinfo at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月16日

小さなハプニング

栃木県、鬼怒川温泉で開かれた「全古書連秋季理事会」に、昨日のお昼前からでかけて、今日のお昼過ぎに戻ってきました。

「全古書連」というのは、全国古書籍商組合連合会の略称で、日本全国の古書籍商組合を会員とする親睦団体です。

その主たる行事が、毎年春に開かれる総会と、秋の理事会であり、春は全加盟組合に参加が呼び掛けられるのに対し、秋は理事組合である12都道府県の組合が参加します。

各組合からは、理事長をはじめ一名から数名の出席がありますが、特に人数の決まりはありません。

総会は東京、大阪、京都、名古屋の各組合が交代で開催。理事会は他の8組合(札幌、宮城、石川、埼玉、神奈川、兵庫、岡山、香川、福岡)の持ち回りとなっていますが、事情によりパスする組合もあります。

今回は埼玉組合の主催でした。なぜ栃木で開かれるのか、というのは、会議の後で催される懇親会まで考慮に入れると、遠来の客をもてなすには温泉旅館が良いという伝統的な発想によるものでしょう。

かつては総会も理事会も、ほとんどがこのパターンで、東京組合も熱海で開催したりしました。しかし近年は東京を初め、ホテルで開催する組合も増えています。それだけに、たまには昔ながらの宴会、温泉というのも、「融和と団結」には効果があったかもしれません。

主催の埼玉組合さんには、大変ご尽力いただいたのですが、ひとつ面白い騒動がありました。

当日のスケジュールとして、会議を終えた後、まずは一風呂浴びてから宴会場におもむき、そこで記念写真を撮影するという段取りが用意されていたようです。

しかし、これでは全員浴衣姿の写真となります。確かに古い機関紙には、そのような集合写真が載っているのですが、そこまで伝統回帰するのは、さすがにためらわれます。

そこで東京組合からの、つまり全古書連事務局の要望として、写真撮影は会議直後としてもらうよう申し入れました。
RIMG1638
これがどこでどう誤り伝えられたのか、浴衣禁止令が出たと聞き違えて、宴会場に背広姿で現れた方が何名かおられ、慌てて着替えに戻るという一幕があったのでした。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月15日

竹ぼうき

RIMG1641新しい竹ぼうきを手にした途端、ちくりと指の腹に痛みが走りました。

節の枝を落としたところに、ささくれがあって、その小さな先がとげとなり、指を刺したようです。

何しろ老眼が進んで、メガネをしていない状態では、いくら指を眺めても良く見えません。それでもそれらしき小片がぼんやりと眼に入りましたので、口を付け、歯先で捉えて抜き出すことに成功しました。

成功したように思ったのですが、さらに小さな尖端が、まだ残っているらしく、触ると痛みます。

掃き掃除を終えて、今度はメガネをかけて良く見つめると、やはりごく小さな先が残っているようで、しかし家庭に常備してある程度の毛抜きでは挟むことも出来ません。

そのまま放置することにしましたが、目にも見えないくらいの小さなとげが、触れるたびにその存在を主張してチクリチクリと痛みます。

こんな小さなとげでさえ、これほど鬱陶しいのですから、いまよりずっととげを刺す機会が多かったであろう昔、とげぬき地蔵が信仰されたわけも分かる気がいたしました。

ところでこの竹ぼうきは、以前から使っていたものが、穂先の枝もかなり抜け落ちて、擦り切れてしまったので、家人が近所の荒物屋さんで買ってきたものです。

それを手にしたとき、その巨大さに驚きました。穂先の部分が、今まで使っていたものの倍以上の長さがあります。

掃除をする時、これまでは柄の頭が顎の下あたりの位置であったものが、今度は店主の背丈よりさらに高い位置になります。

そのサイズがあまりに違うので、これはお寺さん用なのではないかと思ったくらいで、家人に尋ねると、しかし売っていたのはそのワンサイズのみとか。

お寺の小僧さんにでもなったような気持ちで、家の前の歩道に落ちた葉を掃き寄せたのでした。

一日過ぎて、とげの跡は小さな腫れとなり、まだかすかな痛みが残っています。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月14日

迷惑メールに笑う

ある日のメールBoxに「古本業向け負債140億から復活した事業者が語る」という件名のジャンクメールが入っていました。

Gmailなどでは初めから迷惑メールとして弾かれる類のものですが、小店が使っているWindowsLiveの方では、特別の対策ソフトを入れていないので、フィルターをすり抜けてくるようです。

RIMG1643それにしても!

差出人は「自立型経営支援」などという、もっともらしい名前がついておりましたが、読むまでもなく怪しげ。

そもそも、古本業と140億(円でしょうもちろん)という数字が、どうして結びつくのかを考えてみれば、機械的に生成された文字列であるとことは明白です。

文章としては成立するが、意味をなさない。まるでウィトゲンシュタインの文例のよう

ただし文章としても「古本業向け」とそれ以下とが切り離されていなければ、正しい文とは言えませんが。

Windowslive の緩さのおかげで、面白いものを見せてもらいましたが、こちらのメールフィルターが、常にGmailより緩いとは限りません。Gmailには入るのに、Windowsliveには入らないメールもあり、大事なメールが一方にしか来ない例もしばしばです。

まあ、そのために両方で見られるようにしているわけですが。

今日、また一通「あて所に尋ねあたりません」というスタンプを押されて、ゆうメールが返ってきました。すぐにメールで連絡を入れましたが、こういう方とのやりとりではメールが着かない、戻らないというケースが多い気がします。

先方のメールソフトに弾かれるのか、返信をこちらで弾いてしまっているのか。

それでも郵便物そのものの紛失よりはずっとましです。時間がかかっても、解決できるのですから。

それに比べて紛失は…。その話になると長くなりますので、またいつか日を改めて書くことにいたしましょう。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月13日

行列ができたかも

RIMG1624今まで経験したこともないような勢力の台風が到来するという「脅し」が効いたのか、静かな三連休の三日目です。

朝、開店早々、若い男性が一人店内に入って来られ、「すいません、トイレをお借りできませんか」とおっしゃいました。

「ごめんなさい、隣のセブンイレブンをご利用ください」とお答えすると、「やっぱり」というような顔をされて、戻って行かれました。

別に、けち臭い根性でお断りしているわけではありません。清掃が行き届いていなくて恥ずかしいというわけでも。

もっとも「個室」はともかく、トイレにたどり着くまでの店の裏は、取り散らかっていて、とても人様にご覧いただけるような状態でないことも確かですが。

小店のバックヤードは、店に不釣り合いなほど広く、店舗部分と同等以上の面積があります。当然のように、帳場から様子を見ることはできません。

店番をしながら、見知らぬ方が裏に入り、再び出てこられるのをじっと待つとなると、どうにも落ち着かない気分になります。

言うまでもなくそれは、その方を疑うとか疑わないとかいうこととは、まったく違う話。

こんなにもお客様の来ない店ではありますが、一応駅近くでもあり、通り過ぎる人はそれなりにおられます。道を尋ねられるよりはいくらか少ないとしても、トイレを貸してもらえないかというご要望も、時折受けます。

そういう時に一々逡巡しないためにも、はっきりとルールを定めてあるのです。こう申し上げても、言い訳にしか聞こえないかもしれませんけれど。

ところで今朝の場合、あとで聞いた話ではその時間帯、セブンイレブンのトイレに若い男性の行列ができていたとか。

近くの学校で資格試験でもあったのでしょうか。もし「どうぞ」と言っていたら、小店にも行列ができたかもしれません。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月12日

記名か署名か

今朝、早々に五反田まで、落札品の引き取りに出かけました。

昨日は南部地区入札会に、やはり朝のうちに出かけたのでしたが、例によって大量の出品が並ぶ中、ざっと見て回って、目に留まったのは何点かの洋書の出品だけでした。

そのうちでも、他の洋書会仲間がしっかりした札を入れそうなものは敬遠し、小店向きの一点に絞って入札してきました。

フランス現代思想関係の原書、英訳書などが混じった本口(ほんぐち)です。この本口というのは、本を縛ったものを一本、二本と数え、それが数本以上あるものを指して言います。店主が昨日落札したものは、10本口でした。

落札結果をネットで調べた時に初めて気づき、そんなに多かったのかと驚きました。その本数は当然、封筒に記載されていたはずですし、一本ずつに記号番号を書いた絵符もつけられていて、そこからも本数が分かるようになっています。単に店主が見落としたにすぎません。

RIMG1617実のところ、店主としては、下札で落札できるだろうと踏んでおりました。上札はいわば保険。それが上札で落ちたのですから、保険がなければ危ういところでした。

今日引き取りに行って、店主が気付かなかった大判の本が4本、付いていたことを知りました。隣に別に積まれていたようです。こちらは、哲学思想系とは全く異なる、観光写真集などです。

いずれにせよ値踏みの対象にはならないものが多く、このために上札になったのだとしたら、ちょっとつまらないなと思いながら改めておりますと、岡潔のSur les fonctions analytiques de
plusieurs variables.
(岩波書店 1961) が一冊出てきました。これでどうやら帳尻が合いました。

ところでこの他にも一冊のオペラの公演プログラムがあり、その後ろ見返しに元首相の名が書かれてあるのが見つかりました。場所からして、一瞬、ご当人の旧蔵書かと思いました。

しかし、考えてみれば、この手のものに普通、所有者の名は書かないでしょう。学校の教科書でもあるまいし。

おそらくは、旧蔵者がお願いして署名していただいたのだろうと気がついたのは、少し間をおいてからでした。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile