2014年11月

2014年11月30日

逗子へ

RIMG1751日曜日の湘南新宿ラインに揺られて、逗子まで宅買いに行って参りました。

最初にお話しを伺ったのは、20年近く前のことになります。小店の古くからのお客様Sさんが、恩師にあたるT先生のご蔵書を整理されたいと、奥様がおっしゃっておられるので、その折には、相談にのっていただけますか、と。

以来、何度か「その折」というのがありました。いよいよ処分される決意をされたようなので、ついてはできるだけ良い条件で処分できる方法を、奥様にご説明願いたいと請われ、初めて逗子のお宅に伺ったのは、12年ほど前のことだと記憶しています。

その時は、まずお弟子さんであるSさんが中心となって、蔵書リストを作成してから、という話でしたので、その完了を待って、まとめて市場に出しましょうと、提案しておきました。

3年ほどたち、その目処がついたので、市場に出すための日程を打ち合わせたいとの連絡を受けました。

しかし、それからが、さらなる紆余曲折の年月となったのです。

何度か日が決まりかけ、そのつど、奥様から延期の要請が出されました。今度こそと、運送屋さんまで手配したのは、4年前のことです。その時も、間近になって、キャンセルの報が入りました。いざとなると、決心が鈍られるようでした。

そんなことがあって以来の、今回です。「奥様もご高齢になられたし、今度こそ、ご処分されるおつもりです」という言葉を伺っていても、実際にその場に赴くまでは、安心できませんでした。

いよいよ作業を始めて、運送屋さんのトラックに次々と本を積み込みながら、ようやくこれで決着がついたという安堵とともに、哀しい気持ちも湧いてきました。

埃が積もり、一部にカビも生じているのは経年のやむを得ぬ変化だとはいえ、それ以上に大きな変化は運んでいる本の、相場の下落です。

T先生は中世国文学の専門家。すでに下落が始まっていたとはいえ、20年前なら、数倍には評価できたものばかり。「少しでもよい条件」というのは、「少しでも早く」ということでしたのに。

帰りの車中、強い疲労感に襲われました。

konoinfo at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月29日

ある「広告」

RIMG1771東京古書組合には『古書月報』という機関誌があって、現在では隔月に発行され、大正期の創刊から現在に至るすべての号が、古いところは合本製本されて、大切に保管されております。

これはこれで貴重な資料ですが、業界には昭和21年創刊の『全連ニュース』(現在は『全古書連ニュース』)という機関紙があり、こちらはその名の示す通り、全国同業の動向を記録して、他に得難い資料です。

ただ、その初期は、パンフレットというより、二つ折りにしたチラシを2、3枚重ねたと言った方が良いような体裁に加え、戦後暫くは紙質も粗悪でした。そのため、本部である東京組合にも、バックナンバーが揃ってはいません。

何度か古くからの組合員に呼びかけて提供を求めており、あと僅かな号数で揃うとは聞いておりますが、時がたつほど困難は増していきます。

現在揃っている部分だけでも、早いうちに『月報』のように製本しておこうという計画はあるのですが、ここでも紙の劣化がネック。そこで漸次、劣化の激しい号からコピーして、将来の製本に備えている状況のようです。

どうせなら、同時にスキャンして置けば良いと思うのですが、果たしてそれがなされているかどうか。

ともあれ、そんな作業中の資料を見る機会があり、その一部をコピーして貰ってきました。「明治古典会座談会」という見出しが目についたからです。

1959年9月20日発行の第101号。しかし、その座談会についてより、最後のページに「広告」として載せられている記事をご紹介いたします。

古本屋の虎の巻/それは相場です。/うごく相場におくれるな。/生きた相場に通じたものこそすべての勝利者です。/いままでと違って、東京古書組合の「古書月報」は約二分の一も、相場特報にそのスペースをさいております。辺境にあって、なを、東京中央市場に座っていると同じような効果があります。月々のたかひくの通信は、あなたの営業にプラスするところ甚大なものありと信じます。どうぞご利用のほどを。年、十回、定期発行。一部四十円

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月28日

年末モード

明古終了後、幹事、会員、経営員で会食。気の早いところは早くも忘年会を開いたりしているようですが、今夜の明古はそれではありません。

現会長の肝いりで、月に一度は食事会をやろうということになって、しかし先月はできませんでしたので、今月は、忙しい月末の市のあとにもかかわらず、その場を設けたのでした。

というわけで始まったのも7時過ぎ、終わった時には9時半を大分回っておりました。

今日の明古は出品点数が1200点を超えたとかで、それだけでも時間がかかるうえに、月末定例となったフリ市も行われましたから、市会が終了した時点ですでに6時半近くなっていたのです。

今週は、どこの市も出品量が多かったようです。洋書会についてもすでにお伝えした通り。他の各会も、大口の出品があって、市場にはいつも以上に本が溢れておりました。

この量の多さが、そのまま出来高の増加に結びついてくれていれば、何の問題もないのですが、そう簡単に行かないところに悩みも生まれます。

作業量の増加による人件費などの経費増が、歩金(売主が出来高から一定の割合で納める金額)で吸収できない場合も多くなっているからです。

それでも閑散としているよりは、賑やかな方が良いことは確か。知恵を出し合って、交換会というシステムをこれからも維持していきたいものです。

RIMG1756今日はまた、年末恒例のクリスマス特選市の目録締切日でもありました。12月は資料会の大市会から始まって、いろいろな組合事業が目白押し。その間に、「日本の古本屋」の組合員向けプレリリースも予定されています。

23日の洋書会歳末特選市まで、あっという間に過ぎていくことでしょう。そうしてまた一年が、まさに瞬く間に、終わることになるのです。

konoinfo at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月27日

月の輪さんの目録

イメージ (173)月の輪書林さんから、目録が届きました。

いつもこの人の目録には、感心させられる以上に、呆れさせられます。目録というのは、中の商品を売るものですが、彼は目録自体を売ろうとしているのではないかと。

実際、十分売り物としても通用する目録です。世の中には、遥かにつまらない書籍が氾濫しているのですから。恵贈いただいたのが申し訳ないよう。

4年前、確かに明治古典会に「青山光二旧蔵品」の一口が出たことがありました。書籍類はあまり目ぼしいものがなかったように記憶していますが、本人の書簡、草稿その他の生資料が大量に含まれておりました。

しかし、それをどう料理できるのか、おおかたの同業にはその目算もたたず、呆然と眺めていただけだったように思います。

だからおそらく個々には、それほど高値になったものはなかったでしょう。しかしその全体を買い占めるとなると、それなりの費用です。しかも全体を買い占めるのでなければ、その意味は大きく減じます。

そんな費用を投じて、それを売り物に仕立て上げることができるのは、彼以外にいないと、その市場でも皆が感じていました。そして、その期待に違わずほぼ買い占めて、その期待以上の目録に仕上がりました。

それには4年の歳月が必要であったわけです。あの大震災より前からのことだと思うと、その間、青山が残した紙の山と、ひたすら格闘を続けた月の輪さんには、やはり脱帽せざるを得ません。

だれにも真似のできない仕事だとは思いますが、敢えてそのスタイルを学ぼうとする後進も現れています。やがてはそこから、何か、古本屋という商売の、新しい可能性が見つかるのではないかと、期待しないではいられません。

konoinfo at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月26日

健康保険という仕組み

以前、TVでアメリカの保健医療制度に関するドキュメンタリー番組を見たことがあります。

日本とは異なり、民間の任意保険しかありませんから、低所得層に無保険者が多く、医療費が高額なことと相まって、悲惨な状況が多発しているという内容でした。

我が国でも、同様な状況が皆無というわけではありませんが、国民健康保険のおかげで、かなり救われている部分があることは確かです。

RIMG1758我が家も自営業ですので、長年、国保のお世話になっております。

ところが先日、末娘に宛てて区役所から医療費請求書が届きました。受給資格が切れているので、その間に支払った医療費の差額を払い込んでくれというものです。金額は約7万円、結構な額です。

最近、勤め初めた先で社会保険に加入したのに、元の国民保険証で受診したためだと思われました。請求書類にも、そのような場合、別途書類を提出すれば、新しい保険から支払われるという説明があります。

そこでともかく請求された額を払い込み、必要な書類を整えて申請することにいたしました。

ところが、色々調べていくうちに、ある手続きミスからこの一年余り、末娘が無保険状態になっていたことが分かったのです。

ややこしい経緯は省きますが、昨年度、約4万円の過払いがあったとして、保険料の還付金を受けておりました。それが末娘の分であったわけです。

改めて書類を見直すと、請求額は確かに昨年5月以降の医療費を合算したものです。要するに、無保険状態になっていたことによる差損は、約3万円。しかしこれを請求するすべはありません。

この一年余、末娘がほぼ健康に過ごしてくれたことを、まず有り難く思うべきでしょうか。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月25日

洋書会も大量

一週お休みのあとの洋書会。他の会なら、出品量が多くなるところですが、洋書会はいつも少ないのが通例。

そう多寡をくくって、当番でもないことですし、ゆっくりお昼から市場に出かけたところ、平台の上に2、30冊ずつ縛って、5段6段と積まれた本が、ほうぼうに林立しているような状態。壁面にも高く積み上げられています。

すでに開場の態勢にはなっておりましたが、ようやく作業が終わったところという感じ。少しでも早めに来て、お手伝いすれば良かったと反省いたしました。

しかし今日は月末で、お昼は恒例のうなぎです。一人分増えても大きな経費増。会計担当としては、ちょっと遠慮してしまうところでもあるのです。

さてそんな大量出品でしたが、ゆっくり見ている暇はありませんでした。1時から理事仲間と昼食。同じメンバーで2時から会議。

その間の僅かな時間に、洋書会会計として、会員の皆さんが立替えた支払などを精算したり、買上げ代金を回収したりという仕事を済ませました。

会議から戻って戻ってくると午後3時前。残っていた会計仕事を片付けているうちに、開札の時間です。

しかし午後3時からは別の会議。再び会議室に赴き、一時間ほどして戻ってくると、すでに開札も終わっておりました。

それでも、限られた時間の間に一点だけ入札してありました。その一点を落札。辛うじて商売ができたというわけです。
RIMG1772
傍らでは大量の荷を買い込んだ同業が、片づけに汗をかいておられます。その姿を見ながら、彼我の差は何だろうかと、考えさせられたのでした。

konoinfo at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月24日

ナボコフの旅

今年の初めころ、ナボコフ関係の一口、約150冊ほどを市場で仕入れて、その後、ネットに上げたり、店に並べたりして販売してきました。研究書と、初版本コレクションとが半々くらいの口です。

研究書のほうは、初めから足が遅いことは覚悟しておりましたから、一年くらい動かないからといって、別に慌てるつもりもありません。

初版本のほうは、コレクションとはいえ、コレクターが欲しがるようなレアなものではなく、さまざまなエディションの収集を心がけた方のようでした。それこそペーパーバックにいたるまで。

ですから、ハードカバーの大部分を1000円から3000円という、テキストとしても手ごろな価格で出しておいたのです。

しかし、この秋まで、ほとんど反応がありません。店で一、二冊売れた程度。そこで先の「洋書まつり」に、思い切って半額にして出品したところ、今度は見事に大部分が売れました。

その金額を合計しても、ようやく仕入原価が回収できたくらいですから、手放しでは喜べません。残った研究書を、息長く売って利益を出していくことになります。文学研究書は、今や売れないランキングの首位候補。たとえナボコフでも厳しいことでしょう。

RIMG1775さてそのナボコフ作品本にも数冊の売れ残りがありましたので、それを店の均一棚に投げ込んでおきました。

今日、一人の外国人が、その一冊 Nabokov's quartet.(1967)を手に帳場まで来られ、「これはいくらか」とお尋ねです。小店に来られる外国人の半ば以上は日本語がおできになりますが、この方の場合は英語でした。

500円だとお答えすると、「それをいただきます」とのこと。袋に入れてお渡ししたところ、中から取り出して、頁をあちらこちら開きながら何かを探しておられます。

やがて挟まれていた一枚の紙片を見つけだし、それを広げて店主に見せてくれました。最初の(とは限りませんが)所有者にあてた書店からの original invoice (お客様曰く)です。

「ここにDenmarkと書かれていますね。私はデンマークから来たのです」

このナボコフは、もう一度デンマークへ渡ることになるのでしょう。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月23日

『現代霊性論』

内田 なんとなく足が向かない場所ってありませんか。不思議なもので、ビジネスにもそれが言えるんです。きちんとしたビジネスモデルに基づき、適正な価格で質の良い商品を売っていれば、必ずお客さんが来るかというと、そうでもないんです。「気がついたらついあの会社に足が向いてしまった」というような、いわく言いがたい牽引力がビジネスの成功にはかなり関与している。

斜め読みを始めたら、こんな文章に行き当たり、つい残りも読んでみようという気にさせられてしまいました。内田樹・釈徹宗『現代霊性論』(講談社 2010年)です。

RIMG1722といっても、いつもの短時間読書パターンですから、まだその半ばにも達しておりませんが。

もちろん、霊能本でないことは承知しておりますから、その先を読み進めたからと言って、「いわく言いがたい牽引力」の得方が書かれているかもしれないなどと、期待しているわけではありません。

しかし商売の成功、不成功に、理論や努力ではない、なにか「霊的」とでも呼べるようなものが関係しているのではないか、という考え方に、商売人は弱いようです。

早い話が恵比寿信仰も、霊頼みのひとつと言えます。

内田さんがこの話を持ち出したのは、ご自身がお仲間と始められた翻訳会社の成功に、実力以上の何かが働いたとする、一種の謙遜でしょう。

もちろん僕たちの会社の仕事の質は悪くなかった。でも、競合他社を圧倒したのは、うちの会社が「そこにいると気持ちがいい」という空間だったからだと思うんです。どんなに良い商品を格安で提供しても、足が向かないところには足は向かない。

ただしそれが霊力によるとしたら、私たちは霊能を高める努力をしなくてはならなくなります。もちろん、内田さんは、そんなことを仰っているわけではありません。

と、これを書いている夕刻の一瞬、妙に忙しい時間帯がありました。霊が呼んでくれたのでしょうか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月22日

両替商

RIMG1730大学生らしい女性が、表の100円ジャンクを一つ持って帳場に来ました。「100円です」というと、無言で1万円札を差し出します。

普段でも、小店のような小商いにとって、あまり歓迎できることではないのですが、三連休の初日。つい先ほど、郵便局へ家人を走らせ、1000円札を両替してきてもらったばかりです。

一瞬、手をとめてお顔を伺うと、「それしかないんです」と、ぶっきらぼうな声。そこで余計なことは言わず、お釣りをお渡しし、「ありがとうございます」と言ってお見送りいたしました。

小売店にとって、釣銭の用意というのが、案外厄介な仕事だということをご存じないのは、何も若い人だけに限りません。また、崩すことを目的に買い物をする場合があることも、承知しています。

要は、こういう場面での応答のマナーというようなものを、心得ているかどうかが、受ける印象の分かれ目でしょう。

それから少し間をおいて、良くご来店になるご婦人が、100円の雑誌のお買い上げに、1万円札をお出しになりました。「すいません、これしかなくて」。

さっきの今です、困った表情が顔に出たのかもしれません。「あ、じゃあ買い物してから、また帰りに寄ります」と、おっしゃってくださいました。お言葉に甘えて、雑誌の方は、それまでお取り置きすることに。後刻、約束通りご来店くださったのは、言うまでもありません。

昨日、同業数人とお茶をしていて、「貯まった硬貨を銀行に預けに行ったら、600円ほどの手数料を取られた」という話を聞きました。聞けば500円玉、100円玉で40万円ほどあったとか。一旦は同情した仲間も、その額を聴いていささか鼻白んだものです。

しかし今時、数えるのは機械の仕事。一体、どれほどの手間なのでしょう。さすがは両替商の看板を出しているだけのことはあります。小銭に替えてもらうのに手数料が必要なくらいで驚いてはいられません。

その当人、癪に障ったので「1万円札でも大量に持ち込んだ場合は手数料を取られるのか」と皮肉を言ったところ、「お札の場合、手数料はいただきません」と丁寧な返事が返ってきたそうです。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月21日

三連休前

二週間ぶりの明治古典会。新鮮な気分で会場を回りましたが、入札しようという気を起こさせるものに出くわしませんでした。

それなりの出品量で、種類も豊富ではあったのですが、小店に向いたものがなかった、というだけのことです。

今日高値を呼んだのは、二点の自筆本。志賀直哉の武者小路実篤宛て献呈署名入り『留女』、太宰治の識語署名入り『正義と微笑』。その点では、明古らしい市でした。

先日開催された東京古典会の大市は、いまだ根強い中国物人気のおかげで、前年以上の好出来高だったとか。ここ数年、いわゆる中国バブルの恩恵を一番受けている会ですが、それにも翳りが見えているというのが、もっぱらの見方。

我が組合もバブルに沸いた平成3、4年頃には、年間売り上げで現在の2倍、明治古典会の七夕大入札会でくらべると4倍ほどの出来高がありました。

去年の雪今いずこ――。夕食を仲間と取りながら、そんな思い出話にもなったのでした。

さて明日からは、今年最後の三連休。駒場祭の三日間でもあります。お天気は良さそうですが、それなのに、あるいはそれだからこそ、店の売り上げの方は、期待薄。

休みだから来ない、授業があると来ない、お祭りでも来ない。そんな学生さんが、この二、三日は入れ替わり立ち替わり、顔をのぞかせたかと思うと、「いらない段ボールはありませんか」。

毎年のことで慣れっこになりましたが、今年は珍しく、一組の学生さんグループの中の一人が、差し上げた段ボールの空き箱を抱えて、言い訳のように、「たまには、本を買わせてもらってるんですよ」。

RIMG1746「それは奇特なことで」とでもお返しすれば良かったと、あとになってから思ったことでした。その時、咄嗟に出た言葉は、「そうですか」という、まるで気の利かない一言に過ぎなかったのですが。



konoinfo at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
Archives