2014年12月

2014年12月21日

強欲とおこぼれ

目からウロコということがあります。今朝の朝日新聞に、どうしてエボラに特効薬がないかについて、書かれていました。

RIMG1802製薬会社が新薬開発に着手する条件は、長期に及ぶ安定した市場が望めることなので、先進国の豊かな患者が長く使い続ける生活習慣病が優先され、一時的にしか投薬されない急性感染症や、貧しい熱帯地方の病気の薬は開発が後回しにされがちだ。(ニュースの本棚「感染症と社会」武田徹)

マーシャ・エンジェル著『ビッグ・ファーマ』(篠原出版社)という本に、そうした巨大製薬会社の実態が描かれているそうです。

なるほど、治ってしまったら薬は要らない。それでは儲けにつながらない。そうしてみると生活習慣病の薬というのは、治すことを目的としているのではなく、使い続けてもらうことを狙いとしているのかもしれません。

強欲は外国の話だ、と済ませるわけには行かないでしょう。グローバル企業に国籍はありません。安倍さんが、トリクルダウンを期待しろというのは、こうした企業からのおこぼれを待てと言うことでしょうか。

少しでも大きな利を得る、ということを目的とせざるをえない巨大企業に、お裾分けなどということを期待できるのでしょうか。そもそも、おこぼれとか、お裾分けということでしか、資本主義経済は回って行かないのでしょうか。

おこぼれで思い出すのは、昔のサラリーマン映画です。宴会の席などが写されると、席を立って上座の人たちに、お酌して回る姿が描かれていました。

実際の宴席でも良く目にする光景ですが、あれは礼法からすると間違いだと聞いたことがあります。お下がりを受けるというのが本来の形であって、自分から目上に差し上げるものではない、ということだったと記憶しています。

中には、「おこぼれ頂戴」などと擦り寄って行く、より正当(?)な形もありましたが、いずれにせよ店主はやりたくないですね。そういうのを昔は、封建制の遺物などと言っておりました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月20日

『さかさまの世界』

「この本はどうしてこんなに高いんですか?」といって、帳場に一冊、洋書を持ってこられたのは、土曜日にご来店の比率が高い、ご常連のAさん。

KIMG0013Aさんなどというと、イニシャルのようでもありますが、実はこの方のお名前を存じ上げません。この二、三年、かなり高い頻度でご来店くださっていますが、いまだにお名前を知る機会がないのです。

というわけで、仮にAさん。本のタイトルは、
The reversible world : symbolic inversion
in art and society. Cornell University Press, 1978


ついている値段は7000円。昔ならともかく、今どきとしては確かに高い価格です。直球のご質問ですが、嫌味ではありません。そこで店主も正直にお答えいたしました。

まず、ネットで調べても、これが最安値。洋書の場合、よくソフトカバーで廉価版が出ていたりするのですが、本書に関しては、それもなし。しかも本の状態も、珍しく良好です。

ではなぜネットで高いのかというと、学術書値崩れの要因となっている、図書館廃棄本が見当たらないことが理由として挙げられます。つまりまだ廃棄できない本だということでしょう。

「翻訳が出てますよね」とAさん。そう言えばそんな気もして調べてみると、確かにありました。『さかさまの世界 : 芸術と社会における象徴的逆転』(バーバラ・A.バブコック編 ; 岩波書店 ; 1984年)です。2000年にはモダンクラシックス叢書として再版もされていました。

わが国では、再版されるほどの需要があったということなのでしょう。しかし、だからでしょうか、こちらの方は『日本の古本屋』で見ると、1000円以下から多数出品されています。

翻訳書より、原書の方が高価というのは、研究書の分野では近年珍しいパターンであることは間違いありません。欲しそうにされておられたAさんでしたが、ついに諦め、「これこそ『さかさまの世界』ですね」とつぶやいて、お帰りになりました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月19日

明古クリスマス

それでなくとも気ぜわしい年末、新「日本の古本屋」テストサイトのログイン状況も気になるのですが、今日は明古にとっても、一年のうち二番目に大きなイベント「クリスマス特選市」の日。

店に来て、所用を済ませてから、形ばかりの出品物を抱えて、古書会館に向かいました。

お昼には少し間がある時刻、会場はすっかり出来上がっていて、午後12時半の開場を待つばかり。会場に陳列してもらうため、持参の本数冊を、経営員に預けました。

小店の場合、手に提げて運べるような本で、一点1万円以上の入札を期待できる本は、ほぼ洋書に限られますので、今日持ち込んだのもすべて洋書。そうなると入札する業者も限られます。案の定、一点も売れず、自分で買い引く結果となりました。

いや結局は、その商品に魅力がなかったということで、洋書だからなどというのは、言い逃れに過ぎません。現に、2点出品されていたケルムスコット・プレス本は、いずれも良い値で競り落とされていました。乾燥した会場で1日展示されている間に、ヴェラムの表紙がすっかり反り返ってしまっていたにもかかわらず。

それはさておき、市場の長い一日が終わったあとは、恒例の打ち上げ。忘年会のない明古にとっては、それに代わるようなものですが、年末のこの時期、いつも頭を悩ませるのは会場探し。つい、お定まりの店になりがちです。

今年は、地元に顔の利く明古会員の一人が、ランチョンに予約を入れて、受けてもらいました。約30名、店の奥まった一角を占領する形で、賑やかに、それでも他のお客様を気遣って、若手の会員、経営員たちも、いつもよりは余程声を落として食べ、飲み、語っておりました。

1418987111174-802219843聞くところ、ランチョンでは最近ご当主がなくなって、代替わりされたとか。かつてまだ路面店だった時代、老マスターの脇に侍していた前マスターの姿を、なぜか鮮明に記憶している小店主にとっては、さらにその後継ぎが店を切り盛りしている様子に、時の流れを感ずることしきりでした。

店主は例によって、アルコール抜き。今度はビールが飲める時に、行きたいものです。

konoinfo at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月18日

テストサイト

次期『日本の古本屋』のテストサイトがオープンして、1週間経ちました。

一番多かった反響は、そもそもサイトに入れないというもの。予期しなかったわけではありません。しかし、その原因の多様さには、改めて驚かされました。

まず最初の躓きは、「安全が確認されていないサイト」だとのメッセージが現れることです。テストサイトという制約上やむを得ない部分ですので、無視してくださいと通達はしているのですが、やはり躊躇ってしまうかたも多く、再度念押しして、先に進んでいただきます。

話が込み入ってくるのは、それでも入れない、というところからです。パスワードの問題、ブラウザの問題、OSの問題。そのそれぞれに、また細かなヴァリアントが存在します。

それらの原因を特定しない限り、そこから先には、一歩も進めません。それでも、管理チームの粘り強い対応で、ログイン・トラブルは大部分解消しているようです。少しずつ、サイトの中身についての意見や、要望も入ってくるようになりました。

RIMG1807今日は年内最後となるTKI定例会議。しかしその大部分はリニューアルについての会議となり、その中では当然、こうした意見も検討されました。

しかし、会議の大半は、まだ積み残している改修点についての話し合いに費やされ、中には、話すうちにまた当初の議論を蒸し返すような堂々巡りも生じたりして、相変わらず時間がいくらあっても足りない状態。

などと言っても今や、本番オープンの日程まで決まっているのですから、余計な回り道をしている暇はありません。

もっかの心配は、会員からの評判、評価ではなく、それ以前。そもそもテストサイトにログインした会員が、現時点では約900軒の1/3にも満たない数だということです。

新システムに切り替わってから、慌てても始まりません。少しでも早く、眼と手を慣らして、新サイトに備えていただきたいものだと思うのですが。

konoinfo at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月17日

ふたつの予想以上

RIMG1778天気晴朗なれど、風強し。

先月の30日に続いて、湘南新宿ラインに乗り、宅買いに出かけました。と言っても、先日とは別のところ。前回は逗子でしたが、今回は保土ヶ谷。

当初は自分の車で行くつもりにしていたのですが、電話で伺い、メールで写真を送っていただいたところでは、小さな乗用車に載り切るかどうか、微妙な量。

それに加えて先週始めから、年季の入った古本屋ならだれでも持っている腰の痛みが出て、少し良くなるかと思うと、またぶり返すという繰返し。市場に本を引き取りに行ったり、洋書会で作業したりでは、治まるのも難しい。

そう考えて、今回はネットで小店にほど近い、三宿にある赤帽さんを見つけ、運送を依頼したのです。

まだ腰の疼きが消えない中を、電車で先乗りし、先方で本を縛るなどして待つうちに、赤帽さんが到着しました。初めてお願いする先ですので、当然初対面。

お目にかかって、いささか驚いたのは、店主より年上と見受けられる方であったことでした。集合住宅の4階からエレベーターを使って表の車まで、台車に控えめに積んで3往復。さほど無理なく積めて一安心。

帰りの荷下ろしを、赤帽さん一人に任せるのが気の毒になったこともあり、便乗させてもらって店まで戻りました。

無事にすべてを終えてから、料金を伺うと、予想していた倍近い14000円という金額。もしかしたら往復距離料金を請求されたのかもしれません。領収書だけで、内訳明細はありませんでした。

あらかじめ見積もりをとっておかなかったのも失敗でしたが、急なことでしたし、ご高齢(自分を棚に上げて)の方をお使いしたこともあり、帰りの便乗をタクシーだと思えば安いものだと考えて、黙ってお支払いいたしました。

あとでホームページを確かめると、はっきり赤で「実際に荷物を積んで走った距離で計算します」と書かれていて、その保土ヶ谷から駒場までの距離は、およそ33kmというのが、Googleの教えるところです。

ちょっと後味の悪い結果となりましたが、宅買いの本自体は、予想していたより良質のもので、今回はこちらの予想以上に救われた形となりました。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月16日

バッハだらけ

洋書会12月当番の第二回目。朝10時前に会場に着くと、4階のフロアは空っぽ。正確には、周囲の壁に前日の落ち荷が積まれておりましたが、本日の出品はまだ上がってきていません。

まず自身のカーゴ1台を上げようと2階に降りると、ほかに数台の出品があることが分かりました。当番仲間とそれらを4階に上げているさなか、事業部長が顔を出して、「カーゴが不足して直積みにしてある出品がカーゴ5台分ほど」あるとのご託宣。

そちらを上げる作業は若手に任せ、ロートルたちは、すでに上げおえた出品物の仕分けを始めました。

店主はまず自分の出品物の仕分け。隣でカーゴ1台半ほどのドイツ書を仕分けている同僚たちが、「音楽書が多い」と話しているのを聞きながら。

やがて今日一番の大口であるカーゴ5台が上がってきますと、こちらもドイツ語が中心。しかも、その大半が音楽書です。こちらの方は、あきらかに専門研究者の蔵書とおぼしきもの。まるで最初の口が、呼び水となったかのようでした。

その中でも、圧倒的に多いのがバッハ関連書。楽譜も大量。自分の口の仕分けもそこそこに、その一口に取り掛かります。まず楽譜類と、書籍に分ける。大きな全集類を別にする。次にバッハ関連を選り分ける。そこまででお昼になってしまいました。

昼食を挟んでさらに仕分け。音楽以外の美術、文学関係をそれぞれ数点ずつまとめました。それでもまだまだ、仕分けきれない書籍や、雑誌、パンフレット、カタログといった雑多なものが多数残っています。

しかし、いつまでも仕分けていられません。入札してもらうための時間を考えると、ある程度のところで打ち切りが必要。残りは目をつぶって、似通った量に分けました。

RIMG1772果たして入札してくれる業者がいるだろうかと危ぶんだのですが、幸いほとんどが捌けました。店主も4点ほど落札。しかし忙しさに気をとられて1点、かえすがえすも惜しい口を取り逃してしまいました。あとの祭です。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月15日

低投票率

「今のままでいい」と誰も思っているわけではないのに、むしろ「このままじゃ困る」と誰もが感じているのに、「もう少しこのままやらせてほしい」というのが通ってしまえば、「これでいいと言ったじゃない」ということになるのは目に見えています。

というより、良いも悪いも、何も言わなかった人が半数いたということに、危惧を感じます。「この道しかない」と委任したのでしょうか、「どの道でも同じことだ」と諦めているのでしょうか。

新聞によれば、自民党の得票率はおよそ全体の1/3です。投票率が50%を少し超えるくらいとするなら、有権者全体の1/6。それが国会に、2/3を占める議員を送り込んだわけです。

世間では意見が分かれて定まらないことも、この6人の中の1人を代表する人たちによって、この先は簡単に決まってしまうかもしれません。

誰が考え出した仕組みでしょうか。どうやら小選挙区制というのは、民意を反映するというよりは、効率よく政治を行うことが、最大の眼目であるらしい。

自慢ではありませんが、小選挙区制などというものが取り入れられる以前から、店主の投票は連戦連敗。自分がそれほど少数意見の持ち主だとは思っていませんのに、いざ選挙となると意見の近い候補には支持が集まらず、いつも結果を見て落胆してばかりです。

1418627024337-1252468789投票率の低さを店主以上に嘆いていたのは、わが家人でありました。

昨日は朝早くから、店の前のジャンクおもちゃを最大限に広げ、投票所に向かう親子連れなどによる「選挙特需」を当て込んだのです。

ところが普段の日曜日に比べても、特に目立った人通りはありません。投票に行くためには「この道しかない」住人も少なくないはずですのに。むしろ選挙とは無関係な若者のグループが、いつもよりやや多かった程度。

これをして家人は、今回の選挙が、極めて投票率の低いものであることを正確に察知したのでした。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月14日

ソウテイ違い

数日前のこと。「ソウテイに関する本はありますか?」と、アラフォーのご婦人のお尋ねです。

てっきり装丁のことだと思って受け答えをしておりますと、どうも話がかみ合いません。やがて「息子がソウテイシになりたいと言っているんです」と言われたことで、ようやく気がつきました。

装蹄だったのです。馬の蹄を取り付ける装蹄師。そのご婦人が小店を訪れたのも、おそらく学校を訪ねての帰りだったのではないでしょうか。

小店から歩いて10分ほどのところにある駒場学園高校は、現在では男女共学の普通の私立高校ですが、その昔は、装蹄を学ぶためコースがあったと聞いたことがあります。

早速ネットで調べてみますと、その通り。1947年、旧陸軍医学校跡の現在地に「日本装蹄学校」を設立したのがその始まりと、記されておりました。

RIMG1785その後、曲折を経て1994年には、ついに装蹄畜産科は廃止されたとあります。

どこかで話に聴いて駒場学園を訪ねてみたものの、すでに廃止されていたと知り、帰りがけに見かけた本屋で、もしや参考書でもないかと、店を覗いてお尋ねになったのでしょう。

残念ながら、そのような本は在庫しておりません。馬に関する本全般に範囲を広げても、現在思い当たるものはありません。

20年以上前に短期間、馬具、馬術関連品を扱う店が、すぐ近所で店を開いていたことを思い出しました。その店は疾うにありませんが、そうした店にでも問い合わせるのが早道でしょうと、そのようにお伝えいたしました。

その際に、では何か馬に関する手に入りやすい本はないかと、重ねてのお尋ねがありましたので、即座にディック・フランシスをお勧めしたのです。

昨日またそのご婦人がお出でになり、Nゲージをお買い求めの後、「息子が喜んでました」とご報告いただいたのでした。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月13日

ABAJ 50周年

RIMG1771「今週の予定」でもお伝えいたしましたが、昨日の金曜日は明治古典会の終了後、ABAJの創立50周年記念謝恩パーティーに出席してまいりました。

場所は九段下のホテルグランドパレス。パーティーに先立ち、午後1時からは、明年3月に開かれる国際稀覯本フェアのプレビューと銘打って、それに参加する各店が、出品を予定しているものの中から優品各3点を展示するという催しがありました。

選りすぐりの稀覯本、自筆本、書画類約30数点が会場に陳列され、店主が覗いた午後5時半過ぎには、大勢の見学者で賑わいを見せておりました。

午後6時からレセプションが始まるというので、それに出席する人たちが集まってきたためもあったようです。やがてプレビュー会場は閉じられ、隣接するパーティー会場へと誘われました。

小店主は、元来こうした稀覯本には縁なき衆生の一人に過ぎませんが、たまたま現在、東京古書組合で役職を受けていて、それが同時に全国の組合での役職も兼ねているということから、このレセプションにお招きを預かったという次第です。

国立国会図書館長による祝辞、国文学研究資料館館長による祝辞、ILAB(国際古書籍商連盟)会長の祝辞(代読)、ABAJ会長挨拶などを拝聴し、乾杯となったところで会場を後にしました。

豪勢なブッフェ形式の食べ物が並ぶ会場を後にするのは、いささか後ろ髪を引かれる思いがなくもありませんでしたが、いつもの仲間と食事をする約束があったからです。

それに、パーティー会場には知った顔も見受けましたが、大半は書店のお得意様と思しき方々。稀覯本の知識を得る機会には喜んで参加させていただくとしても、そうしたお客様とお知り合いになる機会を、ここで得ようとは思いません。

記念品の風呂敷が頂けただけで、十分な「役得」だと心得て退席いたしました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月12日

プレオープン

昨日のリニューアル会議で、今夕のプレオープンが決まり、午後4時過ぎに最初のお知らせが発信されました。

いよいよ「日本の古本屋」に参加している古書店さんに、新しい画面をご覧いただこうというわけです。ようやくここまできました。

まだ完成したとは申せません。もちろん、様々な要求に応える姿勢がある限り、本当の意味での完成は、永遠にありえないわけです。ガウディの、サグラダ・ファミリア教会とは違って。

いま未完成と言うのは、そんな意味ではなく、現在これまでに出来上がった仕組みに限っても、不十分な点、改修すべき点が、残されているということです。

しかし、そうした一つ一つを、すべて直してからとなると、さらにオープンが遅れてしまいます。そして時間を掛ければ掛けるほど、さらに直したい箇所が出てくるという、芳しくない循環に陥りかねません。それこそ永久にオープンできないことになります。

RIMG1781どこかで踏み切らざるを得ない、というところまで来ておりました。その決断が昨日なされたという次第です。事業部員は、おそらく全員、試験結果の発表を待つような気分でいることでしょう。

多様な古書店の要望に全て応えるのは不可能ですから、個々のお店にとって意に添わない部分も、必ずやあると思われます。

ただ、その評価がどうであれ、本番は、まだこの先に控えております。実際の運用に耐える仕組みであるかどうかの検証を、しっかり行っていただかなければなりません。

まずは「本を買う」仕組みとして、不足している点はないか。ついで「本を売る」仕組みとして不便な点はないか、といった基本的な性能面を、多くの目で確かめてもらうことが、プレオープン最大の目的です。

どこやらのパブリックコメント募集とは違って、単なる単なるガス抜きというわけではありません。

本番オープンの日程も発表されました。利用者の皆さんに、新しい「日本の古本屋」を見ていただける日も、間もなくのはずです。

konoinfo at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile