2015年04月

2015年04月20日

ユートピア?

先日の京都組合全古書連歓迎大市会では、京都組合の理事長さんが、開札前の挨拶に立ち「今日は、久しぶりに京都の春らしいお天気になりました」と話されていました。

確かにその前日、京都に着いてすぐに乗ったタクシーの運転手さんも、「花見時に雨が多くて、商売が上がったりだった」とぼやいていました。

東京だって天候不順では負けていません。花はあっという間に咲いて、あっという間に散り、その後はまたコートがいるような寒さが続いたり。

しかし今年は特別なのかと思えば、決してそうではないようです。桜新町の「さくらまつり」は、昨日の日曜日、好天に恵まれて盛況だったようですが、昨年は土砂降りの雨で大変だったと、家人が記憶しておりました。

花に嵐、多少の前後はあっても、季節の巡りは概ね例年通り。ただその振れ幅は、多少大きくなっているのかもしれません。

RIMG0116話は変わりますが、昨日の日経新聞に鹿島茂さんが、「学者のユートピア」というような話を書いておられました。学者さんなら誰でも一度は思い悩む、退任、転任に伴う書籍の処分法について、一石何鳥にもなるアイデアだとして。

簡単に言えば、郊外から都心に再移転した大学の校舎を利用して、学者専用の老人ホームにしたらどうかというものです。蔵書を運び込めるというところがミソ。持ち込んだ本は共有物として利用するのだとか。

どこまで真面目なのかは存じません。少し考えれば、突っ込みどころは山ほどあります。しかし、この一文の中で何より気になったのは、古本にはお詳しい筈の鹿島先生が、「古本屋も引き取ってくれないから」と、断定されているところです。

古本屋が「引取り」に二の足を踏むのは、先生方のご蔵書への思い入れと、現在の相場との乖離を、ご納得いただけるかどうか心配だからです。

昔から古本屋は、歩止まりの悪さには慣れております。先生方さえ、それをご了承くだされば、喜んで整理のお手伝いをさせていただく者も多い筈です。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月19日

憶測の真実

京都の夜の、居酒屋での話。ちなみにこの店は、明石焼きが看板メニューの「たこ入道」。グーグルで検索してもすぐに出てきますから、興味のある方はお調べください。

コの字型のカウンターだけの店の片側奥は、常連コーナーになっているらしく、カウンターを挟んでオカミさんが座り、店内に目を配りながら、ときおり客と会話を交わすといったあんばい。

そんな席で、その店の常連である友人が、店主に「スーパーはくと」をすすめてくれたのは、前にお話した通りですが、その際、隣に座っていた別の常連さんに、「ちょっとそれで調べてみて」と頼みました。

その方とは、顔は見かけていても話をしたのは今日が初めてらしかったのですが、話すうちに同じ高校のずっと後輩であることが分かり、共通の知り合いが次々と見つかって、一気に親しくなったところでした。それで、彼のスマホで列車の時刻を調べて欲しいと頼んだわけです。

友人は、主義というほどではなく、必要がないからと携帯すら持っていません。どうやらオカミさんも、そうらしいようでした。「何でもスマホやね」と、嘆くように言われた調子からみると。

そこで店主も、「最近では、新刊書店で本を見て、気に入った本があると、ネットで注文する人が増えている」と、以前、ある書店人から聞いた話を披露しました。

するとオカミさんも、デパートの靴売り場に勤めている知り合いから聞いたという話をしてくれました。

「店に来てな、この靴の、このサイズはあるかて聞かはるネンて。ホンでそれを探して持って来ると、履くだけ履いてオオキニ言うて帰らはるネンて。合うことを確かめてから、ウチに帰ってAm*z*nに注文するんやて」

RIMG0123よくよく考えてみれば、本の場合も、靴の場合も、注文している現場を確かめたわけではないのですから、憶測と言えば憶測にすぎません。そこで、その場からスマホで注文していた、というように、話は一層まことしやかになっていくことでしょう。

しかし、仮にすべてが想像に基づくとしても、それらは現実に起きていることであるというほうに、店主は一票入れます。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月18日

再び日常へ

夜中の2時まで呑んだ翌朝は、金曜日。明治古典会の日であり、一日ずらしたTKI会議も予定されておりましたので、お昼までには店に戻りたいと、朝できるだけ早く発つつもりでおりました。

その念が通じたか、5時過ぎには目が覚め、もう一人起きていた友人と、ゆっくり朝の露天風呂につかり、7時になるのを待って朝食をとり、他の仲間の寝顔に別れを告げて、帰途につきました。

新神戸から東京まで3時間余のうち、京都を過ぎて次に気がつくと、もう静岡県に入っていましたから、およそ1時間ほどはぐっすり眠れたようです。

正午前に店に着き、2日の間に溜まっていた雑用を片付け、古書会館に着いたのは午後2時半。会議は2時から始まっていますが、まずは明古に顔を出して、挨拶がてら会場を一回り。会議に参加できた時には、午後3時になっておりました。

新システムには、まだまだ不具合も見つかりますので、その改修状況の報告。さらには予定しながら実装できていない機能を、いつ追加するかという検討。加えて、本来目指しているサイトまでには、幾つものステップが残されていますから、その工程表の検討もしなければなりません。

午後7時までかかって、始めの二つがようやく終わり、三つ目はまたしても次回へと積み残し。実務的な課題以外は、疲れた頭では単に能率低下以上の、悪い結果をもたらします。一段落したのを見計らって、先に席を立ちました。他のメンバーも同じ結論に達することを願いつつ。

相変わらず不安定な天気は続いていて、会館を出ようとすると、折から土砂降りの雨。置き傘を取り出して、いつもの会食仲間が待つ三幸園へ向かいましたが、その僅かの距離でも、ズボンはびしょ濡れ。

食事を終えて帰る頃には、雨はすっかり上がっておりましたが、身を切るような冷たい風で、昼間の汗ばむほどの陽気が嘘のよう。用心のために、店から出るとき厚手の上着を持って出たのが幸いでした。それでもまだコートが欲しいほどの冷え込みでしたから。
RIMG0118
3日ぶりで我が家のせんべい布団に寝て起きると、ホテルのベッドや旅館の厚い布団よりも、疲れが取れた気がしたのが不思議です。ようやく日常が戻ってまいりました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月17日

5年ぶりの有馬温泉

午後12時52分、スーパーはくと7号は、ディーゼル車両特有の、やや大きめな音を立てて京都駅6番線ホーム(だったと思う)を出発しました。

智頭急行線経由・鳥取行という、そぞろ旅情を誘う列車です。店主が向かうのは有馬温泉ですから、三ノ宮駅でおりなければならないのですが。先頭車両の最前列が空いておりましたので、子どものように、そこへ座りました。

この列車は、運転席との境がガラス張りになっていて、前面がパノラマのように見渡せます。1号車は自由席なので、早めに並べば必ず座れると、それが友人オススメの最大ポイントだったのですが、発車間際に乗り込んだのにも関わらず、特等席に座ることができたわけです。

オススメの、もうひとつの理由は、特急券とあわせても2050円という、新幹線よりはるかに安上がりな運賃。所用時間は約50分、新幹線の倍ほどを要するのですが、ものは考えよう、それだけゆっくり景色を楽しめるというものです。

友人のススメに従って、鉄路を楽しみながら三ノ宮へ。降りるのが惜しいようで、そのまま鳥取まで乗って行きたい気分でした。少し時間に余裕がありましたから、懐かしいサンチカを小一時間うろついた後、北神急行と神戸電鉄を乗り継いで、5年ぶりの有馬温泉に着きました。

image5年前と、同じ宿。5年前より2人少ない、総勢7人。一風呂浴びて、ビュッフェ形式の夕食を、わいわい言いながら、あれもこれもと、普段食べないほど食べて、飲んで。

部屋に戻ってから、いよいよ腰を落ち着けての酒盛りの始まりです。夫婦二組、片割れ出席が男女各一、独り身となった女性一。

この集まりの特色は、片割れ組みも含めて、そのペアのほとんどが、学生時代から続いている組み合わせのままであることで、つまり40年以上連れ添っている夫婦であること。しかも全員が当時からの仲間であることです。

酒が入らないうちから、遠慮のない会話が間断なく続き、そのまま夜の更けるまで、延々と話題は尽きることを知りません。ついに午前2時、アイスペールの氷が切れたのを潮に、ようやく就寝が宣言されたのでした。

konoinfo at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月16日

京都から有馬へ

全古書連総会は、恙無く終了して、写真撮影、懇親会、二次会と、京都宝ヶ池プリンスホテルの夜は更けていったのでした。

京都組合さんのオモテナシは、相変わらず力がこもっていて、余興に、ゲームにと参加者を喜ばせる盛りだくさんのメニューが用意されておりました。

しかし一見、華やかに見える懇親会のプログラムも、よくよく見れば、極力費用を掛けないような工夫が凝らされており、それもいかにも京都組合さんらしいところではありました。

その一つは、学生さんたちの活用です。立命館大学の能楽部、同志社大学の応援団のメンバーがそれぞれ場を盛り上げてくれました。

もう一つは、各地組合をブロックに分け、その代表同士で競う形のクイズ大会です。その中に、ワインの飲み比べ、魚の食べ比べがありましたが、ここに登場したソムリエとシェフは、ミシュランで星をもらったフレンチレストランの方々。

しかし種明かしをすると、そのシェフは、京都の有力古書店の三男坊で、彼を紹介した司会者こそは、そのお兄さんであった━━といった具合。

imageともあれ、昨夜の懇親会が一番盛り上がったのは、応援団チアガールズによるダンスの時であったことは、紛れもない事実です。

続く二次会の席には少しだけ顔を出し、学生時代の友人が待つ、木屋町の居酒屋へ向かいました。今や数少なくなった、京都ネイティブの友人です。

常連客で夜の更けるほど混みあってくるなか、もうあまり飲めも食べもできず、思い出したようにポツリポツリと、1時間あまり昔話を交わしたのでした。

明日は有馬温泉へ行き、彼とも共通の友人達に会うのだと話すと、よろしく伝えてくれとの言葉と共に、取って置きの情報だと言って、京都から有馬までのアクセス方法について教えてくれました。

2時間に1本しかない、京都発鳥取行「スーパー白兎」に乗り、有馬温泉向陽閣に向かう以降のお話は、また明日。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月15日

京都総会の夜

image京都は懐かしい町です。

学生時代とそれに続く都合8年を、この町で過ごしたことについては、すでに何度も書いてきましたので、またかと思われませんように。

その懐かしい記憶を薄れさせない程度に、それ以降もしばしば、京都を訪れる機会が持てたのは、ひとつには古書組合の役員を務めてきたおかげもあることは確かです。

古本屋には、各都府県などを単位として組合があるわけですが、そうした組合を束ねる全国的な親睦組織があります。全国古書籍商組合連合会というのがその名称で、古くは全連、最近は全古書連と略称しております。

この組織は年に二度、春の総会と、秋の理事会を開く以外に、これといった活動をしているわけではありません。会議に併行して、主催組合が大きな交換会を開催してきたという伝統はありますが。

その全古書連総会は、二年に一度は東京で開かれ、それ以外の年は大阪、京都、名古屋がその都度話し合い、持ち回りで開くことになっています。

今年は京都で総会が開かれる年に当たり、これに出席しましたが、店主にとっては、これが三度目の京都での総会となりました。

第一回目は1999年、今から16年前のことだということに、先程数えてみて、改めて驚いたのでした。

今回、集まった顔触れをみて、同じ顔触れが何名もおられたことに、いささか複雑な思いを懐かざるを得ませんでした。

一方で、当然ながら、もうお顔を見ることのかなわない方々もおられます。その面影も偲びながら、久々の京都の夜を過ごすことにしたいと思います。

konoinfo at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月14日

まとめ買い

スマホ片手に、怪獣やらウルトラマンやらをひっくり返して足の裏ばかり見ている若者。

今日も一日雨が降ったりやんだりで、レジもひっそりとしたままです。まあ、誰も来ないよりはましだろうかと、店の中から静かに眺めておりました。

次第に熱が入ってきて、初めの内、一体ずつ見ていたのが、遂には数体わしづかみにして、やはり足の裏を見ています。

これが本だったら、これほど心穏やかではいられないでしょう。例えば一冊ずつ手に取って、奥付ばかりを確かめたりしているのだとしたら。

それでも、あまりスマホを覗く気配もなく、手際よく選別しています。たまにじっと画面と見較べていることもありますが。

やがて、選んだフィギュアを両手のひら一杯に載せて、帳場に運んできました。「あともう少しありますから」と、もう一度。数えてみると100円のウルトラマン10体、300円の怪獣10体。都合4000円のお買い上げ。じっと我慢の甲斐があったというものです。

こちらから尋ねないうちに、「Made in Japan のものを選んだんです」と、お話しくださいました。なるほどそれなら手早いはず。無論そればかりではないのでしょうが、あまり仔細に伺うのも失礼です。余計な穿鑿はいたしませんでした。

RIMG0109今日の洋書会は出品が少なく、小店の売り買いも僅かでしたから、開札が終わるとすぐに片付けも済み、午後4時過ぎには店に帰って来られました。明日からのことを考えると、今日ばかりは、一口ものの出品がなくて助かったというものです。

会場を見た同業が「全古書連の影響ですか」と尋ねました。3階の東京古典会も、あまり出品が多くなかったようです。しかし少なくとも洋書会に関しては、普段からある潮の満ち干で、たまたま今日は干潮に当たったというに過ぎません。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月13日

服装計画

RIMG0108雨が降って、また冬に戻ったよう。東大が入学式だそうで、それもあってか、朝からまったく人気がありません。今日はほとんど開店休業。

しかし憂鬱なのは今日のお天気だけでなく、この先しばらくの予報。来週金曜日までで、雨マークがついていないのは木曜日一日くらい。他は連日ぐずついた空模様らしいのです。

それ以上に頭を悩ませるのは、気温変動の大きさで、ことに木曜日は日差しもあって、今日より10度以上高くなるといいます。

さて、なにをそんなに悩んでいるのかと言えば、水曜日から二泊三日で関西に出かけることになっているからです。短い旅行ですから、荷物は最小限に抑えたい。となると防寒、防暑対策をどうすればよいか。

さらにもうひとつ、面倒な要素がからんできます。水曜日は京都で全古書連総会。会議を主催する側ですから、あまりラフな格好もできません。昨日もお話したように、乏しい手持ちの服で間に合わせようとすると、春物の背広上下くらい。

昨日今日のようなお天気なら、震え上がることになりそうですが、水曜日は多少気温も上がるようですから、新幹線までを我慢すれば、あとは何とかなるでしょう。

問題は翌日の木曜日。本当はすっかり着替えて、楽な格好になりたいのです。なにしろその夜は、学生時代の友人たちと有馬温泉で一泊という予定。

この二つが連続した日になったのは、別段、計画したものではなく、まったくの偶然です。初めは、とてもラッキーなことに思えました。店を連続して空けることになるのは心配ですが、わざわざ出かけるのに比べれば、往復の交通費だけでも違いますから。

しかし、公用と私用、これを一つの旅で済ませるのは、思ったより厄介なことだと知らされました。何を着ていくか、本当のところ、まだ悩んでおります。

konoinfo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月12日

新調せず

来週、いやもう今週のことですね、京都へ出かけることになっておりますので、長らく新調していない上着でも買おうかと思ったのは、数日前のことです。

RIMG0104しかし最近は、洋服屋さんなどとは、とんと縁がなくなっております。せいぜいユニクロだ、無印だといったお店で、下着やら、カジュアルなシャツやらを買う程度。先日も靴下を買いに行きました。

そういうお店にもジャケットは並んでおりますが、そして割合に安価でもあるのですが、ちょっと見たかぎりでは、どうも今一つ食指が動きません。

なにも、安物はいやだと申しているのではなく、こういうお店のものは、店主には大概サイズが合わないのです。

もともと洋服の似合う体型ではありません。日本人は大抵そうだと言う声も返ってきそうですが、その日本人の標準体型からしても、やや寸詰まりの、がっしり型。

いわゆる「吊るし」では、丈に合わせると肩腕が窮屈になり、肩腕が楽なものは、丈や袖が長すぎることになります。昔からそうでした。それが、今どきの若者が中心ターゲットである店では、さらに以前より細身のつくりになってきているようなのです。

洋服の専門店なら、吊るしにもサイズと体型とを組み合わせた品ぞろえがありますが、ユニクロ、無印にはそういうヴァリエーションはありません。

それでは敷居の高いのを我慢して、また財布をはたくことも覚悟で、多少とも名の通ったブランド店に出かけてみようかとも考えましたが、思いとどまりました。

ブランド店と言っても店主が足を運べるのは、せいぜいデパートに入っている店。そこに並んでいる商品は限られています。気に入った服があれば、多少の寸法は調整してくれるでしょうが、今までの乏しい経験からしても、選択肢が非常に狭くなります。

それよりなにより、仮に妥協して購入を決めたとしても、もう直してもらう時間はなさそうです。結局、シャツとネクタイだけ新しくして、古い上着で出かけることにいたしました。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月11日

仕事が遅いだけ?

RIMG0103今日も午前中、冷たい雨。昨日申し上げた通り、南部会館の入札会はパスしてしまいました。

店内に積み上がった本を整理し、パソコンに入力して、「日本の古本屋」に登録するという仕事が、もっかの最優先事項であるからですが、仕入れはいつだって大切な仕事です。

本来なら、多少の時間を割いてでも、市場に行くのが、まっとうな本屋のあり方なのでしょう。専門店などは、とりわけ仕入れが命です。市場へ行かないと、千載一遇のチャンスを逃すことになりかねないとばかり、日参します。

一種の強迫観念ということもできますが、獲物を求める飽くなき情熱のしからしむるところで、その点からしても、店主には専門書店となる資質が欠けているようです。

もちろん店主だって、入札する際には自分なりの好みにしたがって札を入れますから、その結果、落札した本を店に並べていくと、いささかなりとも独自の色合いが生まれるのは確かです。

それはしかし古本屋であれば、どこでも持つ程度の個性に過ぎません。小店の場合は、立地の特性に合わせた仕入れをと心がけるうちに、学術系の書籍を中心に扱うようになりました。

現在、店の通路を埋めているのは、まさにそうした本。これらをさておいて、入札に出かけたとしても、同じような本を仕入れてくるのであれば、ますます容量オーバーとなるばかりです。

出かけていって、何かを落札すれば、明日以降、引き取りにいかなければなりません。引き取ってくれば、それを整理しなければなりません。来週は、何かと予定があって、店を空けることも多くなります。

そんなこんなで、結局行かないことに決めたのですが、今朝、同業のKさんから電話で、「南部会館の入札は何時まで出来ますか」という問い合わせを受けました。

「開札は午後1時からです」とお答えしたのですが、Kさんは洋書会でいつも山のように仕入れをされている書店。先日もカーゴ何台か買っておられました。いったいどのようなマジックで、その整理をつけ、さらに仕入れをされようとしているのでしょうか。

konoinfo at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives