2008年12月24日

価格認定書

学校や公共図書館に古書を納めるとき
価格認定書をつけるように求められることがあります。
以前に比べてよほど少なくなったのですが
お堅いところでは今でもこれが残っています。

古書価格認定書は東京組合が発行しています。
今日はそれを貰うために神田へ出向きました。
高価な書籍ならともかく、今回は2500円。
その古書価が理不尽なものではないと
証してもらうわけです。

発行費用は組合員の場合一通100円ですむのですが
それを取得するための労賃は勘定外。
手間だけ考えたら、お断りしたほうが得なくらい。
お役所仕事、官僚主義、幾つかの言葉が浮かびます。
それでも他に幾つか用事をくっつけて出かけ
午前を費やして戻ってきました。

午後もあれこれと雑事。
さなきだに短い冬の一日は、もう暮れ方です。

konoinfo at 14:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives