2009年01月22日

ロエブ(Loeb)叢書

西洋古典を学ぶ人ならだれでも知っているこの叢書
なぜかずっと「ロエブ」と仲間内では呼んできました。
どうも正確にはローブと呼ぶようです。
創始者の名に由来するので厳密なところは分かりませんが。

最近、古いハイネマン社刊(現在はハーバード大出版局刊)
を40冊ほど入荷、あらためて呼び名が気になった次第です。
仲間内といいましたが、洋古書業者ばかりでなく
一般にもロエブの方が、通りが良さそうです。

ギリシャ、ローマの古典作品を対訳で読む人には
現在でも重宝がられていて、小店でもたまに入荷すると
棚にさしておくのですが、コンスタントに売れていきます。
今回の本は、多少イタミやヤケの目立つものが多く
その分、いつもより安めの値段をつけるつもりです。

それにしてもこの叢書、随分と虫に好かれるようで
特に赤い表紙のラテン語のシリーズはどこで見かけても
古いものは殆どといっていいほど、どこか舐められて
白っぽくなっています。
こんな例は他にもあって、朝日新聞社が出していた
日本古典全書が、やはり虫に好かれる本のようでした。

雨の木曜日。午後は古書会館で会議です。



konoinfo at 12:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives