2009年01月27日

本日の洋書会

午前中、私用があったため当番をお休みさせて
いただいて、市場には午後1時半ころ到着。
本日は、先週に比べて出品量はぐっと少なめ。

中心的なものは文学、思想、社会科学系の学術書
ただし学校図書館の旧蔵書で、ラベルや印有り。
以前は決して剥がれないように厳重に貼り付けた
上からコーティングもされていたりして、どうして
これほど無残な扱いをするのかと思ったものですが
最近ではすぐに剥がれるラベルであったり、印さえ
押さないことがあったりして、学校図書館の本の
扱いも、随分と変わってきました。
蔵書の再流通に対しても、かなり寛容になったようです。

小店の成果はフランス演劇、文学の古革装本10数冊。
日本にある革装洋書の常として、コンディションは
良くありません。
しかし18、19世紀の刊年のものですので、調べれば
面白いかもしれないと、買ってみました。

気がつけば、このところフランス語系の入荷が
続いています。
そして整理の方は、どんどん遅れる一方です。
それでも少しずつデータにしていますので、時々は
小店のカタログページをご覧ください。

konoinfo at 17:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives