2009年01月30日

明古特選市

毎月、最終金曜日の明治古典会は、特選市と称し
普段より、ややグレードの高いものを取り扱おうと
心がけています。

古書の世界は玉石混淆と言いながら、実際には殆どが石。
誰かが譬えていたように、まるでガリンペイロが
川で砂金を見つけるような作業の毎日です。
雑本を貶める意味からではなく、良いものを選び出し
より良い条件で取引する機会を設けることは
業界全体がこれまで生き延びてきて、これからも
存続するために、欠かせない作業なのです。

とはいえ、特選市で売ったり、買ったりするものは
小店の場合なかなか見つかりません。
こんな雨の日、店の様子を思うと、なおさらのこと
入れる札も渋りがちで、結果として思うように落札もできず
今日もまた、買うほうでは成果なし。
かろうじて数点、売ることで参加できました。

konoinfo at 15:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives