2009年05月26日

科学哲学関係の洋書

今日の洋書会は、量が多く賑やかでした。片付けを終えて店へ戻ったのは午後5時すぎ。日が長くなりました。

昼に市場へ着いたとき、地方から送られてきた生理学関係の一口が、手が付けられずに平台に広げられていました。動物学、生物学などを含む、どちらかといえば医学系の本です。

医学系を専門にしている書店主の到着が遅れたため、手付かずになっていたのですが、そのままにもしておけません。分からないなりに、仕分けをしてみました。

ダンボールに10箱ほどで送られてきたらしいのですが、大きく四つの山に分けるのが精いっぱいでした。もともと理工系の分野のものは、洋書に限らず、古書としては値になりにくいものが多いからです。

やがて、専門店主が到着したのでバトンタッチすると、四つを三つにまとめてしまいました。もちろん細かく分ければ良いというものではないので、それも見識です。

自分でも欲しかった科学哲学系のものを一山に集めておいたのですが、それと別の一山が一つにまとめられてしまいました。それでは、と改めて評価をし直して札を入れ、その一山を手に入れることができました。

ちょっと頑張りすぎたかもしれないので、明日届いてから、成果をあらためて確認することにします。

konoinfo at 20:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives