2009年07月31日

平井先生

最近仕入れたフランス書、現代演劇の一口を整理していて、平井啓之先生のことを思い出しました。

たまたま『サルトル戯曲集』などがあったからです。主著のタイトル『ランボオからサルトルへ』や、ジュネの戯曲の翻訳をされていたことなどから、連想したのかもしれません。

初めて小店に来られたのは、店を開いて四五年もした頃でしょうか。「あんたとこは、洋書も買うんか」と強い関西訛りで尋ねられ自宅へ引き取りに来るように言われ、その後、何度か伺う事になりました。

ご自宅は歩いても3〜4分の距離。一度にお出しいただくのはさほど多い量ではなく、また実際に処分していただいたのは、洋書より、用のなくなった日本書のほうが多かった記憶があります。書棚を眺めながら「この辺りはまだ出すわけには行かない」などと話されました。

髪は白くなっておられましたが姿勢は良く、店にはいつもスポーツサイクルで立ち寄られました。

関西弁というと柔らかな印象がありますが、先生は物言いがストレートで、きつい感じさえ受けたものです。とくに人物評は辛く、好き嫌いがはっきりしていました。晩年は小田実がことにお気に入りで、「この男はえらい」と繰り返しておられました。

逝去の年を確かめると1992年、72歳。無宗教で花と写真だけの人気ない通夜に、花を供えたことは、はっきりと覚えています。

konoinfo at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile