2009年09月23日

連休に片付ける

連休ということにばかり気を取られていましたが、今日はお彼岸。

今年は、昨日までにお墓参りなどは済ませてしまったところが多い様子です。やるべきことは早めに済ませて、ゆっくり休みたいというのが人情なのでしょう。それを裏付けるような情報を家人が聞き込んできました。

東急東横店にある愛用の和菓子店へ出向いたところ、混雑を予想していたのに空いていて、店員さんから「この連休で今日が一番ヒマ」と嘆かれたというのです。

原材料は国産無農薬、生菓子の賞味期限はその日限り、一番のウリは牡丹餅という店で、昨日などは三重に列が出来ていて、買うのを諦めて帰ってきたほどでした。

生ものを扱う店は、仕入れの読みが生命線。見込み外れに同情を禁じえません。翻って古本屋の仕入れに、それだけの真剣さはあるでしょうか。

もちろん、いつもご紹介している明治古典会などの市場では、良い仕入れをしようと毎回のように互いがしのぎを削り合っているわけですし、およそ楽な仕入れなどというものはありません。

それでもここは、ひとつ謙虚に、生もの商売に較べれば、まだまだ甘いものだと反省しておきましょう。

連休中、宅買いが三件。お持込みも普段より多く、片付けようと思ったのは店主ばかりでなく、お客様方もそうだったのでした。

konoinfo at 15:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives