2009年09月25日

今日の明古

明治古典会は月末で特選市。点数は普段の市より少な目でしたが、なかなか面白い本や肉筆類が見られました。

例えばチャップリンのサインが入った画幅。昭和七年とありますから、初めて来日した時のものでしょうか。来歴を調べると面白そうですが、ちょっと面白そう、くらいで買える値段(小店主にとってはですが)では有りませんでした。

小川国夫の限定本数種。一時は限定本といえば何でも高かった時代がありましたが、その反動で、特にこの著者などは売れない限定本の代名詞ともなりました。

しかし今日の出品はいずれも10部から20部という、限定の中でも特別な限定。本もさすがに美しく凝った造り。こういうものばかりが出されていれば、簡単にブームになり、すぐ下火になるということもなかったでしょう。

限定本では他に吉岡実の私家版8部本というものもありました。ただ、こういう極少部数の限定版が市場に出てくるということは、それを手放す人がいるということでもあります。

何故か、ということを考え始めると、なかなか複雑な問題がありそうです。

小店の戦果は洋書二点。それについてはまた後日機会がありましたら。

konoinfo at 21:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives