2009年09月26日

宅買い:青梅編

行楽日和、青梅までドライブ。

数日前、ある留学生(随分前から顔を見かけてはいたものの、どこに籍をおいて、何を学んでいるのかも知らなかったのですが)から、言語学大辞典を買ってもらえますかと切り出されました。

揃いだと7冊。しかしその内5冊、いわば本編の揃い。定価は一冊4万円前後します。本の状態にもよりますが、買取り価格はその一冊分でも難しいかもしれないとお答えしました。

近くソウル大学へ留学することになり、荷物をまとめてみたが、本を全部持っていくと何十万円も運賃が掛かるといわれ、どうしても必要なもの以外は処分することにしたとのことです。

つまり良く聞いてみれば、そのほかの本もこの際一緒に引き取って欲しいということでした。それも出来れば今月中に。しかも場所は青梅。

一晩考え、結局行くと告げて、それが今日です。アパートを開けると、プラスチックのコンテナが高く積んであります。とても全部は無理。語学関係が全体の三分の一というのでそれだけを選んでもらい、積み込みました。残りは近くの同業にワケを話し、後を託しました。

決して裕福な留学生活ではなかった筈ですが、書籍には相当の金額をつぎ込んだようです。出来る限りの査定をしようと、さきほどから店に積みあげた本を眺めております。

konoinfo at 18:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives