2009年09月30日

古本まつり

9月も今日でお終い。10月に入ると、各地で古本まつりと銘打った即売展が盛んに開かれます。

いよいよ読書の秋というわけですが、その嚆矢はいうまでもなく神田の「青空古本まつり」。街ぐるみ、行政まで巻き込んで、いまや千代田区のイベントとしても重要なものになっています。

青空という名の通り、頼みはお天気。昨年は好天に恵まれ、一昨年は逆に連日の雨に泣かされました。果たして今年は?

他にも池袋、早稲田などで大きな催しがあります。また東京古書会館でも「古書の日」にイベントを行うなど、古書ファンには大忙しの月になりそうです。詳しくは右欄の「東京の古本屋」で。

さてそのなかで、小粒ながらユニークさでは負けない催しがひとつ。それが10月23日(金)、24日(土)の二日間、古書会館地階で開かれる「洋書まつり」です。

この日は日本語の本は一切なし。その代わり、それ以外の言語であればなんでも。といっても殆どは英語ですが、独、仏、露、中国語などもあり、内容もビジュアル本から学術書まで多種多様。歴史の古さでも青展に負けません。

かつては輸入書籍の見切りバーゲンという色彩が強かったのですが、最近は古書、古本の比率が高くなりました。それでも、お買い得品が中心というコンセプトはそのままです。

小店も出展します。近くなったらまたご案内いたしますが、ぜひ一度、ご来場下さい。


konoinfo at 18:15│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives