2009年10月23日

洋書まつりと明古と

洋書まつり初日、去年よりご来客は多かったと、全員の感想。

買い上げ品の宅配送料を一個一律500円にサービスすることにし、そのおかげもあってか、個数も昨年より多かった筈です。

ただ、それらに比例して売上げも伸びたと、そう簡単には行かないところに現今の情勢の厳しさがあります。

ところで今日は身ひとつに仕事が二つ。明治古典会の仕事は、殆どお手伝いできませんでした。その埋め合わせと言うわけではありませんが、閉場後、神保町駅近くの居酒屋での、幹事、経営員の飲み会にウーロン茶で参加。

8時過ぎ一足お先に失礼し、店を出て駅に着くと電車が停車中。急いで乗り込むと、人身事故の影響によるダイヤの乱れとかで、それから先は本当の各駅停車。それでも、ようやく動き始めたところだったらしく、間が良かったというべきでしょう。

午後8時45分、店に近づくと、まだ点いていた電気が消えて、χ君が帰るところでした。気の優しい彼は、閉店時間を過ぎてもお客様が本をお選びの様子である限り、店を閉められないようです。

お疲れ様とねぎらって、今夜はあと少しだけ残務整理です。

konoinfo at 21:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives