2009年11月16日

冬支度

この一、二週間で、淡島通りの街路樹が順々に刈り込まれて、剥き出しの枝をさらしています。

ずっとプラタナスと思い込んでいたのですが、ふと気になってよく見ると、葉の形がどうも違う気がします。調べてみたところ、プラタナスと言うのは属名で、その点では間違いではありません。

その属に主なものとして三種あり、そのうちスズカケノキというのが葉の切れ込みが深く、どうやらこれのようです。

さらに注意して見ると、もう少しぽってりとした葉の、モミジバスズカケも僅かに混じっていました。街路樹としては、こちらの方が多いらしく、店主などはこれをプラタナスと認識していたのです。

どっちもプラタナス、ということで一件落着。

それにしても、いよいよ冬が近づいてきました。店の前のハナミズキもほとんど裸木となり、残った葉が風に揺れる様を店内から見ていると、それだけで寒そう。

ところでこのハナミズキ、去年と違い花芽が沢山ついています。来年の春には、今までになく多くの花が見られることでしょう。それを励みに、冬を耐え忍ぼうと思います。

konoinfo at 17:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives