2009年11月17日

日本民藝館

『民藝』が30冊ばかり手元に入りました。日本民藝協会が出している雑誌です。その所在地は日本民藝館。ご当地なので、以前はご近所に宅買いに伺うと、たまにまとまって出てきました。

薄い雑誌で、一冊づつ値をつけるのが憚られるようで、まとめて市場に出した記憶があります。

今回は少量ですから、一冊100円で、表に出してみようと思います。157号から187号、昭和41年から43年にかけて。一応、目は通っています。

「日本の古本屋」を見てみたら、ずっと新しいところですが、1冊400円以上で出しているようです。さすがに100円では商売になりませんからね。

時折、思い出したようにマスコミに取り上げられる民藝館ですが、地道な活動で長く存続しているのは大したものだと思います。

店主はこんなに近くにいて、これまで二度ほどしか同館を訪れたことがありません。そのうちの一度が、ブレイク展。由良先生が企画に参加され、楽しみにしておられたものです。

ご自身の所蔵品も展示されましたが、その時には遺愛の品となっていました。ついこの間のことのようでもあり、遠い昔のことのようでもあります。

konoinfo at 19:24│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives