2010年01月23日

生かせば資源、ですが

午前中に宅買い。

既に一度下見に伺っています。その折にお話しもしてありました。こちらで引き取れるものだけ引き取らせていただき、あとはそのまま残していきますと。

それで、遠慮なく選ばせていただきました。本を抜き出しながら、これはちょっと石油の掘削に似ているな、と考えていました。。

石油資源はあと何年持つか、などという話がかまびすしかった昔、その鍵は埋蔵量ではなく、経済効率だということを知りました。いくらそこにあっても、それを掘り出すためにかかる費用が、得られる利益より大きければ、ないに等しいと。

本も同様、いくら良い本でも、売れる値段と、掛かる諸々の手間ひまを比べて、やむを得ず置いてくるものもあるのです。

『社会科学大事典』(鹿島研究所出版会、1968-)は全部で20冊。大部なものですから、念のため知り合いの専門書店に問い合わせました。答えはおススメできないとのこと。

実際、後で調べてみると、大きく値崩れし、しかも何組もネット上に出てきました。おそらく市場に出しても買い手がつきません。かといって、店に置いても場所を食うばかり。

同じ理屈で小泉信三全集(不揃)、福沢諭吉全集(不揃)も埋蔵資源として残されることになりました。他にも残してきた本は多量。遅かれ早かれ、廃棄物となる運命でしょう。

心が痛みます。

konoinfo at 17:49│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile