2010年02月27日

雨に気づかない

夜来風雨の声、だったらしい。例によって良く眠っていて気がつきませんでした。

雨は昼頃までにはあがり、入れ替わるように気温が下がってきました。この数日が高すぎたので、普通に戻るのでしょう。日差しはないものの、もう雨の方は大丈夫だろうと表の棚を広げました。

穏やかに土曜の午後が過ぎ、デスクワークもはかどり始めた頃、ふと眼を外に向けると傘の影。

そのまま目を凝らしていると、数人が何事もなさそうに通り過ぎて行きます。錯覚だったろうかとなおも見ていると、また傘を差した人が。

慌てて表に出ると、路面が濡れています。急いで本を仕舞おうとした時、それまで外にいらしたお客様が本を数冊手にして、店内に向かわれました。帳場の机に本を置いて、お勘定をお待ちになっています。

すぐに戻ってお会計。お見送りするように後ろについて外へ出て、雨のかかった本を片付けました。

さいわいパラついている程度でしたから、軽く拭いて、特に被害はなし。改めて帳場に戻り、昨日届いた「2010年 国際稀覯本フェア」のカタログを手に取ります。

参加業者のお一人が送ってくださったもので、これからしばし眼の保養をさせていただくつもり。その感想やらなにやらは、明日にでもお伝えしたいと思います。

konoinfo at 17:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile