2010年02月28日

本と値段

一人のお客様が店に入る前に、手に持った本の値段をお確かめになり、はっとしたように元の場所へ戻して、そのままお帰りになりました。

ちょうどその時見ていたのが、昨日申し上げた稀覯本フェアのカタログです。

3500万円の奈良絵本を筆頭に、和本、刷り物、自筆物、西洋古刊本など高価な本が満載。参加各店の気合の入れ方が伝わってきます。

下世話な眼で拾っていくと一千万円以上の本が十数点、百万円以上は数知れず。数十万円台には驚かなくなり、数万円の本はなにかお買い得品のよう。

参加店には日頃、同業としてお付き合いいただいている書店も多いのですが、今更ながらその蓄積の違いに、啄木にならって花でも買って帰りたくなりました。

ただ、本屋としてはとても勉強になる資料です。もちろん一生扱うことのないような本ばかりですが、自分なりの価値体系を持つ上で、ある分野の最高級品の価格情報を得るのは有益です。

本当は、それが売れたかどうかの方がもっと重要ですが、それは実際に扱う人たちのこと。小店あたりには、桁の違いが分かるだけでも充分。

その意味で店主が最も感心したのは、外国から参加している書店が出品する『ピーターラビットのおはなし』(1901年)初版私家版250部の一冊。表示価格は1200万円。これを見るためだけにでも会場へ行ってみたい気がします。

ところで冒頭のお客様の戻していかれた本は一冊200円。100円なら買うおつもりだったのでしょうか。

konoinfo at 17:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile