2010年03月31日

教科書が入らない

一日曇り。3月もおしまい。

そういえば今年は、教科書の持込みが殆どありません。以前は、期末の試験を終えるあたりから、ボツボツ売りにくる学生さんが出始め、多い時は日に何人も、お出でになったものでした。

確かに年々仕入れは少なくなっていて、去年は新学期にも、特設コーナーを作らなかったかも知れません。今年は特設どころか、常設にしている教科書・参考書コーナーにも、いわゆる指定教科書は見当たりません。

学内の教科書買取りグループの活動が盛んらしいことに加え、小店の積極性のなさが、この傾向を加速しています。

「スポーツ身体運動」という、あれば必ず売れた教科書が、二年ほど前に改訂され、20冊ほど残っていた在庫はツブシになりました。他にも、良く売れた教科書ほど、多くの在庫を残して、ある年からツブシとなります。

教科書販売は、その昔はいざ知らず、今では決して割りのいい商売ではありません。学生さんたちがサークル活動としてやるくらいが、適しているように思います。

一時期、そうしたサークルの一つとタイアップして店頭を貸していたときは、教科書リストを手にした新入生で賑わいました。儲けよりも、小店を知ってもらえるメリットを感じていました。

今でも、その点において、もっと積極的に教科書を仕入れる策を講じるべきだろうかと、惑わないでもないのです。

konoinfo at 18:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile