2010年08月21日

価格は価値ではない

思い入れだけで値段が付けられた時代がありました。

一般には流通していない本、つまり刊年の古い本や、洋書ならほぼ全般。それらについては古書店主がそれぞれの経験と価値判断で値をつけ、それがまた古書としての相場を形成することが出来た時代。つい昨日までそうだったような気もします。

インターネットの普及が、そうした時代に幕を引きました。いくら良い本だと力んでみても、ネット上に安価で溢れていては、独自な値をつけたところで売れるはずがありません。

また驚くほど多くの本が、実際に溢れ、安価に売られています。

本屋にとっては厳しい状況でも、お客様にとっては良いことではないか。そう考えることも出来るでしょう。しかしお客様も買うばかりとは限りません。いざ売る立場になった時、同じ厳しさを感じられることになるはずです。

今日、段ボール三箱の本が送られてきました。着払いで約4000円の送料。開けてみて値踏みをすると、約80冊ほどもありましたが全部で6000円。すぐにお電話して、ご了解を得ました。

正直に申し上げれば、仮にこのまま市場に出したとして、6000円以上の札は入らないと思います。この値をつけたのは、いわばお客様への敬意から。RIMG0576

いや、それでは不遜になります。むしろ一度は選ばれ、買われ、読まれた本たちへの敬意だと申し上げるべきですね。

konoinfo at 18:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

年内は31日(月)まで
新年は4日(金)から
営業いたします
Profile

河野書店

Archives