2010年09月27日

大陸的

冷たい雨の一日になりました。予報だと午後には上がりそうだったのに。

おかげで朝からお客様は数えるほど。しかしその中のお一人が、開店間もなくから午後4時近くまで、静かに本をお選びになっておられたので、店内無人となることはありませんでした。

このお客様、結局、文庫本ばかり15冊ほどお買い上げいただいたのですが、ご本人自ら「思わぬ時間がたちました」と驚いたご様子。

こちらも本の持込みがあったり、近所に用足しに出たり、市場に出品する本を整理したりしていたので、格別気にならなかったのですが、改めて時計を見ると、短針が半周したことになります。

お仕事先の中国から、しばらくぶりに帰国されたところとか。よほど本に飢えておられたのかもしれません。

「向こうにいるクセで、つい値切りたくなってしまいますね」とおっしゃいながら、合計が3950円と申し上げると、「それじゃ無理か。逆に切り上げて4000円ですか」

RIMG1266無論冗談。気持ちだけお引きして、お会計いたしました。考えてみれば、その間、お食事も取られていないはず。悠々とした大陸的な時間が、体に滲みこんでおられるのでしょうか。

いや、うっかり使ってしまいましたが、この「大陸的」、昨今では、まるで逆の形容に用いるべき言葉かも。

konoinfo at 18:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives