2010年10月22日

販売冊数は前年比増

一年ぶりの即売展は、新鮮な気分。朝十時から、大勢のお客様にご来展いただきました。

毎回この時だけお目にかかる、ご常連のお客様。小店にも良くご来店いただくお客様。実に久しぶりにお顔を拝見したお客様。そしてもちろん、もっと沢山のご面識のないお客様。

「洋書まつり」の特長は、会場にテーブルと椅子が用意してあり、ゆっくりと本をお選びいただけること。探すだけでも日本書に比べて時間がかかります。その場で吟味していては、疲れてしまうことでしょう。

朝一番から閉店まで、今年も数名のお客様が、地下の会場で一日を過ごされました。二、三時間という方はザラ。その熱心さには毎年のことながら頭が下がります。

午後、東京MXテレビの飛び入り取材がありました。読書シーズン、神田の町紹介ということらしかったのですが、全て洋書、外国の方もちらほら、アングルによっては、まるで他国の光景のように撮れたと思います。

放映は来週金曜日ということですので、明日までの「洋書まつり」にとって、直接の宣伝にはなりません。それでも、こうした催しが有ることを少しでも多くに知っRIMG1342て貰える良いチャンスと、喜んで協力いたしました。

初日を終えて、いつもより量的には沢山売れたことだけは間違いありません。

konoinfo at 20:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives