2010年10月27日

一番の冷え込み

RIMG1563昨日の夜は、ついに暖房を入れました。夏は暑く、冬寒い陋屋ですから、世間様より早めに季節がめぐってきます。

今朝はまた一段と冷え込んで、部屋の片づけで出た分別ゴミの袋を幾つか表に運び出しているうちに、手がかじかんできました。そこで厚手のセーターを引っ張り出して一着におよび、家を出たというわけです。

朝のニュースで「神田古本まつり」が取り上げられていました。早朝のこととてアナウンサーも寒そう。しかし雨でなかっただけでも有り難いと思わなければなりません。

日中はさすがに寒いというほどではなく、これなら神田の人出は大丈夫だったでしょう。その代わり、お客様を全て持っていかれたかのように、駒場は閑散とした一日でした。

午後、隣駅の同業、文紀堂さんにネットで調べてもらったと、文庫一冊をお求めにおいでのお客様。小店でもご常連の方です。

「お宅のほかには長崎に一軒。そちらの方が安かったけど、なかなか見つからない本だし、知った店だし。何より驚いたので」と言ってお買い上げくださいました。

今や古本屋が絶滅危惧種であるとすれば、本屋めぐりのお客様は更に稀少な珍鳥類かも。謹んで些少ながら、お値引きをさせていただいた次第です。

konoinfo at 19:20│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まだむぷるみえ   2010年10月28日 09:24
あさのNHKニュース見ました。本当に寒そうでしたね。
ところで、とりあげられていた
「神保町公式ガイドvol.1」はどこで入手できるのでしょうか。普通の書店に売られているのですか。
この前ある新聞にも紹介されていたのですが、(金子さんとおっしゃる方の写真とともに)どこで売ってるか書いてませんでした。
是非入手したいので教えてください。
2. Posted by 店主   2010年10月30日 21:57
普通に新刊書店で売っているはずですが、何処でもというわけには行かないかも知れません。
ちなみに「神田古本まつり」のホームページには「全国書店で発売。神保町内では、『本と街の案内所』および一部の古書店で販売いたします」とあります。
同業には卸価格で分けるという話が当初ありましたが、なかなか売れ行きが良いようで、沙汰止みとなりました。
お早めにお近くの書店にお尋ねください。
3. Posted by まだ   2010年10月31日 20:27
ありがとうございます。
今週神田方面に行きますのでさがしてみます。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives