2010年10月31日

今日が月末

RIMG1686昨日、うっかり月末のレジ締めをしてしまいました。1日早かったとはいえ、その合計の低さに、すっかり気分が沈みました。

10月と言えば、小店にとってはハイシーズンです。それが先月とさして違わない数字。いよいよ真剣に戦略の見直しをしなければなりません。

雨こそ上がったものの、日差しはつかの間。午後からはまたどんよりとして、明日はまた雨らしい。「古本まつり」も気の毒ですが、人の心配よりまずは我が事。

机周りを整理すると、同業から送っていただいた目録が何冊も出てきました。ふと「目録を出さないような古本屋は、古本屋ではない」という、かの反町さんの厳しい言葉が浮かびます。

未だに古本屋になりえていない小店としては、各店の立派な目録を見ながら長嘆息するばかり。

しかしそれぞれを詳しく見ていくと、そこにもまた厳しい現状が表れていることが分かります。何より感じるのは、割引きセールをうたう店や、価格を再評価したと告げる店があるなど、全般的な値下げ傾向。

国文学の専門店として、知らぬ人とてない「八木書店」さんの目録からは、また別のことに気づきました。低価格化は同様として、刊行年の古い研究書がほとんど掲載されていないことです。

同店の在庫量と識見からすれば、載せるに値するものであれば必ず載せているはずです。国文学に限らず研究書の寿命が短くなっている。そんな同業間の内輪話が、改めて裏付けられた気がしました。

konoinfo at 18:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives