2010年11月21日

駒場祭でした

今日は駒場祭ということに、今日になって気がつきました。つまり昨日もそうだったわけで、すっかり忘れておりました。

そういえば確かに、普段見かけないような人々が連れ立って通りかかります。しかし店に寄る人は稀。寄ったとして、売り上げにつながるかどうかは、更に見込みの薄い話です。

以前は、駒場祭に随分お世話になりました。といっても学校や学生さんとは無関係。学内にあった保育所のバザーがこの時期に合わせて開かれ、子どもの衣料を沢山買わせて貰ったのです。

学生さんの古本セールは今も続いているようですが、近年は、見に行くこともありません。

かつて朝一番で乗り込んで、日本近代文学大事典(講談社・全6冊)を1冊千円で買ったこともあります。当時は随分得した気分。実際、ずっと高い値で売れました。

今もし同じ値段で出ていても、手は出しません。多くの基本図書と同じく、値崩れの様子が「日本の古本屋」で一目瞭然。見に行かないのはそんな訳だからです。

昼食時、お向かいのアラブ人が、金物屋が近所にあるかと尋ねに来ました。場所を教え、食事に取りRIMG1506かかろうとすると、化粧品のような強い匂い。手を差し出され慣れない握手をした、その時に移ったらしい。いわゆる香油なんですねきっと。

午後中、本を拭くのに何度か雑巾を絞って、ようやく匂いが気にならなくなった頃には、もうすっかり日も暮れていました。

追記:今年の駒場祭は11月21日〜23日の開催であることを、夜家に帰ってから知りました。

konoinfo at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile