2010年11月23日

やってるやってる

今日は朝から時折、賑やかな音が聞こえてきます。屋外イベント系は最終日にまとめたのでしょうか。

お天気の方は回復が遅れ、雨の心配がなくなったのは昼を過ぎてから。それでも大勢の方が来られているのでしょう、小店も人の出入りは普段より多目。

昨日の静かさに比べると、あたり一体が、どこかざわついた感じです。うちでそう感じるのですから、学内の混雑は察しが付きます。ともあれ、明日からはまた静かな駒場に戻ることでしょう。

500円の本をお買い上げのお客様が、「5000円でも大丈夫ですか?」とお気遣い。

釣銭というのは不思議なもので、随分と溜まるときもあれば、急になくなってしまうこともあります。小店のようにお客様の少ない店でそうなのですから、忙しい店は大変だと思います。もちろん充分準備はしておくのでしょうが、見込み違いは付き物。

小店では、今日は百円玉が少なくなってきました。そうなると妙なもので、一度に4枚ずつ出て行くケースが続いたりします。

千円札、500円玉はまったく不足していませんから、くだんのお客様に、大丈夫ですとお答えすると、「お休みの日は気が引けるのですよね」。ご商売でもされている方かもしれません。

RIMG1836一方で、100円の本に黙って5千円、1万円札を差し出すお客様も時にはいらして、釣銭不足のときだと、ついムッと来かねません。気持ちよくお客様に接するためには、備えが大切ということですね。

konoinfo at 18:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile