2011年01月23日

道案内所

良く道を尋ねられます。昨日は二件。

朝、親子連れのお母さんから「国際高校はどこですか?」。ちょっと外国訛り。「この先のガードをくぐって、左へ線路沿いに行き、左手に踏切が見えたらそれを渡り…」出来るだけゆっくりと丁寧に伝えたつもりですが、無事に着けたでしょうか。

続いて若い女性から郵便局を尋ねられました。「この先をまっすぐ行ったところですが、今日はお休みですよ」「実は、アゴラ劇場というところへ行きたいのです」成る程、それなら確かに郵便局のすぐ先です。

今日も二件。まず、留学生らしい若者が「International Student House」へ行きたいと。手にしたキンドル風の電子端末に、地図が表示されています。パンフレットの地図をそのまま取り込んだようで、かなり分かりにくい。まず現在地を示し、国際高校へ行く途中にあるので、昨日と同じ要領で、踏み切りの手前右側にあると教えました。

午後にはチラシを持ったご婦人。聖徳寺会館をお尋ねです。建物名は初耳でしたが、そのお寺なら前の道をまっすぐ100mほど行った先。そういうと「ああ、お寺の中にあるのですか」。少し不安になり、チラシを見せていただくと、間違いなく住所はそのお寺。墓地も拡げ、積極経営のご様子。

日に二件なら、多いとはいえないでしょうが、一日のご来店数から考えれば、比率は高いと思います。それでも、かつて尋ねられるナンバーワンは「駒場エミナース」でしたから、その分、以前よりは余程減っています。

その建物は、すでに跡形もなく、空が広がっているばかりです。

konoinfo at 18:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile