2011年04月30日

異を唱える

新書を一冊、帳場に持ってこられ、カバーをおつけしようとすると「そのままでいいです。芥川賞、取れなくて残念でしたね。『図書新聞』読まれました?」

文字にすると意味不明ですが、手にされていた本は『バカのための読書術』(小谷野敦、2001年、ちくま新書)。つまり芥川賞落選の弁を、小谷野氏が同紙3月12日号に書いたていたらしいのです。違うかな?

「文春も失敗ですよね。今、本を読むのは私ら年寄りです(ちなみに店主と同年輩)。朝吹さんのように親の死ぬ話など、読みませんよ」どうも、賞を取れなかったことをご本人以上に悔しがっているかのよう。

「面白いから読んでください、あれを読んで大ファンになりました」と、再度、図書新聞について。どうやら「禁煙ファシズム」と闘う話が書かれていた様子。つまりお客様は、日々肩身の狭い思いが強まる愛煙家とお見受けしました。

被災地でも、最低限の生活物資が届くようになると、次に真っ先に求められたのがタバコだったという話を聞きます。もちろん喫煙者に限ってですが。その依存性の強さには、改めて恐れを抱かずにはおられません。生半なファシズムなどでは、抑えきることは出来ないでしょう。

公衆衛生という概念は、画一化が要求される点で、専制的な側面を持たざるを得ないとは、昨日聞きかじった放送大学の一節です。己の健康は、己自身の問題、と言い切れないのが近代国家の現実。

しかしそれに異を唱えることが許されるのも、民主国家なればこそ。浮かない話ばかりの昨今ですが、この一点だけは、失いたくないものです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile