2011年06月30日

金持ち喧嘩せず

先だっての、南部地区大市会のお話です。荷物が増えたため、別会場を手配しました。五反田駅から程近いビルの8階、40坪ほどの貸し会議室です。

明日が本番という夜、激しい雨が降りました。たまたま窓際に立てかけておいた本が、窓枠からと思われる雨漏りによって、濡れてしまいました。

翌朝、入札しようとした業者が、それを発見して、ひと騒ぎになりました。最低でも50万円から入れようとしていたという、高価な本だったからです。既に何枚か札が入っていて、それは昨日のうちつまり濡れる前に入札されたものです。

運営者により、この出品はひとまず取り下げられることになりました。濡れて価値が変わり、公正な入札が出来なくなると判断したからです。さらに、これについて施設の貸主に対し、何らかの対応を求めました。何もできないという返答だったといいます。

治まらないのは市場の運営者たる南部支部事業部です。組合の顧問弁護士さんに相談しました。弁護士さんは、非は先方にあると明快です。説明書にも契約書にも「雨漏りがする」とは書いてないでしょ、というわけです。

被害額の弁償を請求するなら、お手伝いしましょうとまで言ってくださいました。請求額から考えて、殆どお金にならない仕事だというのに。

さて、実際に被害を受けたのは、その本の持ち主です。事の経緯を報告に行ったところ、もう他の本で充分儲けさせてもらったからこれはこの状態で再出品していただければ充分とのお返事。

RIMG3552そう言われてしまうと事業部も、勝手に動くことは出来ません。拳の上げどころを失って、困惑しているところでしょう。

今日で6月も終わり。今月の小店の低調を思うと、まるで別世界の出来事を聞くようです。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives