2011年08月24日

稀少種族

時々表を、傘を差して通る方がいて、その度に慌てて表へ出て確かめます。日を避けるご婦人方の傘に、黒いものが多くて紛らわしい。雲行きの怪しい時刻もありましたが、どうやら今日は降らなさそうです。

  *  *  *  *  *  *

ある人のブログで、この本を知った。ネットで検索すると『日本の古本屋』に一軒だけ在庫している本屋が見つかった――そう仰って西野嘉章『装釘考』(玄風舎、平12)をお求めのお客様がご来店になったのは、昨日のことでした。

たまたま今朝、新聞で平凡社ライブラリー版の同書の広告が眼に入りました。もちろん、昨日のお客様は、同版が出ていることもご存知。しかしお目当ては、あくまで元版です。

さらに、後から調べてみると、他のサイトで本書が二点出ていることが分かりました。どうやらこのお客様は、ご自身の目で確かめた上でお求めになりたかったようです。

そのサイトでは、出品者がどこの誰か、必ずしも分明ではありません。その上に、二点とも縷々状態説明があります。お客様がそれをご覧になったかどうかは分かりませんが。

幸い小店の本は、状態の良いものでしたから、手にとってご覧になり、すぐご決断くださいました。

お話を伺うと、最近『二十億光年の孤独』の初版美本を手に入れられたとか。本以上に、近頃では稀少な方かもしれません。

RIMG4001  *  *  *  *  *  *

また一人、今度は明らかに折り畳み傘を広げています。表に出てみると細かな雨が少し。忙しいお天気です。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives