2011年08月26日

いつもの8月でも

日が差して暑い中、大きめの傘を持って古書会館に向かいました。明治古典会、今日は月末の特選市です。

3階、4階にゆったりと本が並び、その分ボリューム感にはかけましたが、ある意味では特選市らしい雰囲気。出品点数は800点に満たない、といってもそれが多いのか少ないのか、普通の方には分かりませんね。

明古の場合、千点を超えるとまず多いほう。しかし一冊で一点のものもあれば、一点で100冊を超える大山もありますから、見ただけでは点数を読むことは難しい。

今日の場合、点数がやや少なめの上に、一冊ものが多く、余計ゆったりした感じに見えたわけです。しかし一点単価が高く、出来高としては予想以上の好成績でした。良いものには良い値がつきます。

神田の辺りは午後3時から激しい雷雨。その後は降ったり止んだり。市場が終ってから幹事、経営員揃っての会食に出向く道すがら、本屋の前を通るとどこも雨じまいに懸命。商売上がったりという様子でした。

食事場所は中華の徳萬殿。安くてボリュームがあって、若い経営員たちにはうってつけ。ユニークなメニューもあって、味もまずまずのお店。

RIMG4007盛り上がり始めた頃、一足お先に退席。店に帰り着くと、神田を心配している場合ではない、小店も午後の雨以降、人っ子一人ご来店がなかったようです。

8月だけ見れば、小店としてはいつもと同じような売上かもしれませんが、ここに至るまでの毎月が悪すぎただけに、ダメージは例年以上です。

konoinfo at 22:44│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives