2011年09月30日

虫の良い願い

明日から10月。古書月間です。

10月4日を「古書の日」と決めたときに、10月を「古書月間」とすることも決めました。まあ勝手に決めたわけですが。

それでも「古書の日」よりは、よほど理解していただきやすいでしょう。読書の秋を当て込んで、各地で古書展や関連催事が開かれますから。

「日本の古本屋」の即売展情報や「東京の古本屋」をごらんになれば、常にもまして沢山の即売展が目白押しなのが、お分かりいただけると思います。

とりわけ、年一回の大型催事が集まっているのが特徴的。月末に控えている「神田古本まつり」は今更言うまでもありませんが、「早稲田青空古本まつり」が1日から、大阪では「四天王寺秋の大古本祭り」と「天神さんの古本祭り」が6日、7日と相次いで。

大型であると同時に、野外で開かれることも共通しています。それだけにお天気は心配。主催者は、神にも仏にも祈りたい心境の筈。だからというわけではないでしょうが、上記4催事のうち、神田以外はいずれも社寺の境内が会場です。

今年はどこの会場が、もっともご利益を受けるでしょうか。

さて年に一回といえば、小店主も参加する「洋書まつり」も10月。こちらは古書会館の地階が会場ですから、雨の心配はありません。しかしやはり、降られると出足に大きく響きます。
RIMG0269
会期は21日と22日、「神田古本祭り」の一週間前です。こうなると不公平の無いように、10月の間はずっと晴れていてもらうことを、本屋としては祈りたくなってきます。

konoinfo at 19:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives