2011年10月22日

ともかく無事終了

今朝も9時半に古書会館着。準備を済ませて玄関を開けようとエントランスに出ると、表にはこんなお天気だというのに、すでに何名かの方がお待ちになっていました。有り難いことです。

午前中は雨脚の強い時間帯もあって、さすがに客足は伸びません。それでも午後には降りも間遠になり、会場に少しずつお客様が増えてきました。

予想した最悪よりは良かった。といっても全体の売り上げは厳しいものでした。小店に限って言えば、前年比でプラス。ただし、これは前年が酷すぎただけです。

象徴的な事実に、後から一つ気づきました。今回、収入印紙を用意し忘れていたのですが、何の不都合もなかったのです。

もちろん高額お買い上げでも領収書を必要とされない方もあり、3万円以上のお買い上げが全くなかったというわけではありません。しかし全体に、お客様単価が低くなっていただろうと言う点には疑いを入れません。

参加店の中に一店、在庫処分で持ってきた本のあらかたを売りつくした店があります。

殆どが100円、200円の投売り価格ではありました。しかし、たとえ百円均一にしても、売れない本は売れない。その意味では確かに快挙です。持ち込んだ本の、8割以上が売れたはず。売り上げ金額としては、大きなものではなかったとしても。

RIMG0406いずれにせよ今年の「洋書まつり」も、これにて無事終了。また来年に向けて、参加者で、今のうちに色々と話し合っておきたいと思います。

それが生かされるかどうか、はなはだ疑問ではありますが。

konoinfo at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile