2011年10月29日

静かな朝

徳島に一泊した朝、その日の予定は、モウラさん(徳島組合理事長)がすっかりお膳立てをしてくださっていて、すべてお任せしていたのでしたが、お迎えの時間までに少し間があったので、ホテルの周辺を散歩しました。

気持ちのいい朝でした。ホテルは徳島駅から歩いて15分ほどのところ。駅とホテルのちょうど中間を、新町川がゆっくり流れています。

川のほとりに広々としたボードウォークがあります。水際まで近づいて、じっと川を覗き込むと、やがて幾種類もの魚が目に入ってきました。

のどかな気分に浸るうち、低い車の音を伴奏に、ピッポ、ピッポと交差点の電子音が聞こえてきます。

道路から充分に離れていますので、店主程度の鈍い耳には、それが格別耳障りでもありません。むしろのどかさが増すような気さえしました。

踵を返し、ホテルへと戻る途中に、天井が高く道幅も広い、立派なアーケード商店街がありました。それも縦横何本か連なって。

平日の、午前9時過ぎとあっては、人通りがまばらなのも怪しむに足りませんが、気をつけてみていくと、ところどころ空き店らしいのが目に付きます。

地代、家賃が東京などに較べて安いことは間違いありません。しかし、このアーケードの費用負担はどれほどのRIMG0539ものだろうかと、余計な心配をしてしまいました。

あとでモウラさんから伺うところによれば、ご他聞に洩れず、厳しい状況のようです。「昔はまっすぐ歩けないほど、人で混み合っていたものです」という、その人たちは、一体どこへ行ってしまったのでしょう。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile