2011年10月31日

すだち差し上げます

徳島では、帰りのお土産までご用意くださっていました。手渡された紙袋は、見た目より持ち重りがしましたが、本に比べれば知れたものです。

帰り着いてから開けてみると、「阿波和三盆糖」と「すだち」。和三盆の方は日持ちも良さそうですので、店に置いて、皆のお茶うけにすることにいたしました。

すだちは小店のミセスたちにお裾分け。広辞苑ほどの一箱に、いくつ入っていたのでしょう、まだ余りが出ます。ミセスCの提案で、お客様にも差し上げることにしました。対象は、お料理本をお買上げのご婦人方。

RIMG0555もちろん、絵本をお買上げのママでも結構。要するに、お料理をなさりそうな方にということ。机の上に、少し並べてみました。

この二日ばかり、ネットの注文がパタリと途絶え、何やら先行き不安。店の方も売れるのは、表の均一と絵本、料理本ばかり。これでは、この場所に店を構える意味が問われます。

店内の棚を総点検して、土を耕すように掘り返し、生気を与えなければなりません。そう考えて、少しずつ手をつけていますが、いつその効果が現れることやら。

徳島の居酒屋で、あじさい文庫さんが、店売りは農耕、それに対してネット販売は狩猟とのお説。ただ、それはご自身がホームページを売り場とされているからで、いわば電子版自家目録。そこへいくと「日本の古本屋」なら定置網くらいの感じでしょうか。

となると、さしずめ小店あたりは半農半漁ということになり、妙に腑に落ちる喩えではあります。

早速お一人様に、すだちを差し上げました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile