2011年11月25日

意見は意見として

RIMG0641明治古典会は特選市。今日は昼過ぎしばらくまで、市場のお手伝いをしました。

もちろんその前に、一通り会場を見て回ったのですが、入札しようという気になる本が見つかりません。

欲しい本はあっても、初めから自分の入れる札では落ちないことが明白だと、つい腰が引けます。誉められた性分でないことは、重々承知しておりますが。

そんなわけで、専ら「札改め」のお手伝い。途中からは別の事務仕事のために6階に上がり、そのまま市会終了まで会場に戻れませんでした。

市会が終ってからは、明古の総会。他の会議があって、出席できなかったのですが、終わったあと聞いた話では、最長老から、会の現状に対する厳しい意見があったと言います。

昨今の相場の低迷に対し、市場の運営面などで、もっと打開策を講じるべきではないか。

その大先輩は今年確か米寿になられますが、歴とした現役。必ずしも的を射た分析や、批判とはいえなくとも、経験や実績では太刀打ちできるものもいないので、一同おとなしく拝聴するばかりだったとか。

これほどご老人が威光を示せる業界は、あまり他にはないのではと思って世間を見回すと、ありました。最近、マスコミを騒がせた某球団の騒動。

しかしあちらと違って、こちらでは、尊重されこそすれ、盲従することはない。理のあるものと認められなければ、用いられることはありません。いくらかは健全なようです。

そう考えれば、少しくらいの説教調も、ご愛嬌かも。

konoinfo at 22:38│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives