2011年12月11日

南部の収穫

朝、車で川崎へ。二子玉川の橋から、真っ白な富士山の頭頂部が、正面の山並みの上にくっきりと見えました。用を済ませて五反田へ。中原街道を一本道です。日曜日の午前とあって、車の混雑も殆どなく到着。

この会館は、市場の日以外はシャッターが下り、ドアには鍵が掛けられていて、各自がカードキーでロックを解除して入る仕組みになっています。しばらくぶりの時など、今でも操作の手順にまごつきますが、今日は幸いなことに先客がありました。

先客の一人は、市場の主のような現支部長。「落ちたかどうか見に来たんだけど」と言うと「落ちてたよ、沢山」。

二階に上がると他に同業が二人。挨拶代わりの与太話を交わしてから落ち荷を調べました。謡本を含む芸能関係5本口、それに数学書4本口が二点。点数は僅かですが、確かに結構な量。

早速、車に積み込んで会館を出ました。施錠する必要もないので、誰かいてくれるととても楽。間が良かったわけです。

帰ってから本を改めると、80冊ほどあった謡本は、8割程度に鉛筆による書き入れがありました。値引きしてもらおうかと思いましたが、この量をまた運ぶのも面倒。話がつくまで保留しておくのも場所塞ぎ。RIMG0685

まったく利が出ないことも無かろうと、気持ちを切り替え、値付け作業に取り掛かることにいたしました。

数学書は多くが学習書レベルですが、年末、年度末と学生さんが試験の参考書を探しに来ることを、期待しての仕入れです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives