2011年12月13日

安心が違う

RIMG0688お向かいのビルで何事かあったらしい。

朝、店に着くと、車を入れるスペースの前に、ミニパトが停まっています。気がつくと向かいのビルの入り口には、黄色いテープが張り渡してあります。

ともかくミニパトに一時移動をお願いして、車を入れ、開店の準備をしながら、様子を伺いました。何かを待っているようです。

お巡りさんを見て道を尋ねる人が現れ、答えかねる様子でしたので代わって教え、それをきっかけに「何があったのですか」と、若い警察官に聞きました。

「住居侵入です」「警報でも鳴ったのですか」「近所から通報があったんです」「いやですね」「すでに拘束しましたから」

やがて事務所の人が出勤してきて、話はそこまで。そのうち鑑識と思われる人たちが、別の車で到着。写真を撮ったり、あちこち計測したりの作業を始めました。

午前10時、店主が出かける頃になっても、まだ作業は続いています。大変なことだと思いながら市場へ。洋書会、会議、二つながら時間がかかり、店に戻ったのは午後7時。

向かいの事務所の前にガラス屋さんの車が停まっていて、どうやら住居侵入は、裏のガラスを破って行われたようです。侵入者が捕まったことを、朝のうちに聞いておけたのは、まずもって良いことでした。

konoinfo at 19:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives